運営者 Bitlet 姉妹サービス
30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2012-03-06 新宮市議会 平成24年  3月 定例会-03月06日−01号 本案の議員辞職勧告決議案は、市民の代表として選挙により選ばれた議員が、本会議、委員会等で公務として会議に出席しなければならない義務を背負っております。さらに、本会議と同じく常任委員会に出席して、付託されている所管事務調査を行い、市当局の行政に対して意見を述べて、市民の希求する市政の発展、市民福祉向上のために研さんを重ねていくことが、市民から選ばれた議会議員としての最大の責務であります。 もっと読む
2009-05-08 高野町議会 平成21年第1回臨時会(第1号 5月 8日) 承認を求めることについて(平成21年度高                野町一般会計補正予算(第1号)について)     日程第14 議案第35号 工事請負契約の締結について(高野町不燃物処理場施設                整備調整槽改築その2工事)     日程第15 請願第1号 高野町補助金不正請求に関する請願について   追加日程     追加日程第1 発議第1号 高野町議会議員の辞職勧告決議もっと読む
2009-05-08 高野町議会 平成21年第1回臨時会(第1号 5月 8日) 承認を求めることについて(平成21年度高                野町一般会計補正予算(第1号)について)     日程第14 議案第35号 工事請負契約の締結について(高野町不燃物処理場施設                整備調整槽改築その2工事)     日程第15 請願第1号 高野町補助金不正請求に関する請願について   追加日程     追加日程第1 発議第1号 高野町議会議員の辞職勧告決議もっと読む
2002-06-26 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月26日−08号 同時にまた、引き続いて12月議会で、これは2つ辞職勧告決議が出まして、このときも12月28日号に掲載された内容について緊急質問が行われまして、「その答弁で議員個人名を挙げ、本会議を威迫し、さらにその議場における答弁は、問題を専ら先送りするのみで、これまでの経緯からして市長の政治姿勢並びに倫理観の欠如は断じて容認できるものではない。   もっと読む
2002-06-26 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月26日−08号 同時にまた、引き続いて12月議会で、これは2つ辞職勧告決議が出まして、このときも12月28日号に掲載された内容について緊急質問が行われまして、「その答弁で議員個人名を挙げ、本会議を威迫し、さらにその議場における答弁は、問題を専ら先送りするのみで、これまでの経緯からして市長の政治姿勢並びに倫理観の欠如は断じて容認できるものではない。   もっと読む
2002-06-24 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月24日−06号 平成13年9月議会での市長問責決議や、12月議会での市長辞職勧告決議を受けて、市長は平成14年2月21日にFRIDAYを出版する講談社を相手に謝罪広告を求める民事訴訟を提訴されました。   もっと読む
2002-06-21 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月21日−05号 という内容で旅田市長辞職勧告決議案が出されて、賛成多数で可決されたわけであります。  その夜、市長は辞意を固めたようでありますが、翌朝になって撤回ということになりました。  それから、旅田市長は、本年当初議会開会前の平成14年2月21日、やっと講談社FRIDAYを和歌山地方裁判所へ提訴することになりました。   もっと読む
2002-06-21 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月21日−05号 という内容で旅田市長辞職勧告決議案が出されて、賛成多数で可決されたわけであります。  その夜、市長は辞意を固めたようでありますが、翌朝になって撤回ということになりました。  それから、旅田市長は、本年当初議会開会前の平成14年2月21日、やっと講談社FRIDAYを和歌山地方裁判所へ提訴することになりました。   もっと読む
2002-06-14 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月14日−01号 ですから、問責決議の中身も、辞職勧告決議の中身もそういうことです。そのような中で、議論してくる中で、市長自身も自分の身の潔白を司直の場で明らかにしたいと、こんなふうに言ってきたわけですよね。  しかし、今言いましたように、市長が納得されたのは市長が訴えられた中身の一部であって、その多くは全く講談社側との主張と対立したまま。したがって、何ら事実が解明されないままあるということです。   もっと読む
2002-06-14 和歌山市議会 平成14年  6月 定例会-06月14日−01号 ですから、問責決議の中身も、辞職勧告決議の中身もそういうことです。そのような中で、議論してくる中で、市長自身も自分の身の潔白を司直の場で明らかにしたいと、こんなふうに言ってきたわけですよね。  しかし、今言いましたように、市長が納得されたのは市長が訴えられた中身の一部であって、その多くは全く講談社側との主張と対立したまま。したがって、何ら事実が解明されないままあるということです。   もっと読む
2002-03-27 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月27日−13号 2、利害関係者との親密な関係が写真週刊誌で取りざたされ、昨年9月定例会では「市長問責決議」が全会一致で、12月議会では「市長辞職勧告決議」が多数で決議されるなど、市長のかたくなな姿勢に対し、議会は引き続き事の真相を明らかにするよう要求してきました。  3、今議会では宇治田議員の一般質問で、市長自身の口から市長の言う絵の先生と3回にわたる海外旅行へ同行したことを全面的に認めました。 もっと読む
2002-03-27 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月27日−13号 2、利害関係者との親密な関係が写真週刊誌で取りざたされ、昨年9月定例会では「市長問責決議」が全会一致で、12月議会では「市長辞職勧告決議」が多数で決議されるなど、市長のかたくなな姿勢に対し、議会は引き続き事の真相を明らかにするよう要求してきました。  3、今議会では宇治田議員の一般質問で、市長自身の口から市長の言う絵の先生と3回にわたる海外旅行へ同行したことを全面的に認めました。 もっと読む
2002-03-11 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月11日−09号 私は、議会におきます昨年9月の問責決議、また同年12月の辞職勧告決議を重く、かつ厳粛に受けとめております。  今後は、疑惑を招く方々とは同行することなく、より一層高い倫理観のもと、公私の区別を厳密に行い、よりよい市政の実現に努めてまいりたいと思います。  次に、パートナーシップ型行政のことでございます。   もっと読む
2002-03-11 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月11日−09号 私は、議会におきます昨年9月の問責決議、また同年12月の辞職勧告決議を重く、かつ厳粛に受けとめております。  今後は、疑惑を招く方々とは同行することなく、より一層高い倫理観のもと、公私の区別を厳密に行い、よりよい市政の実現に努めてまいりたいと思います。  次に、パートナーシップ型行政のことでございます。   もっと読む
2002-03-06 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月06日−06号 その積み重なったものが、昨年9月の問責決議、そして12月の辞職勧告決議となったのです。石泉閣、愛人疑惑問題でFRIDAYに掲載されたことだけで議決された問責、あるいは辞職勧告ではないということなんです。その辺をよく市長は認識しておいていただきたいと思います。  ここで市長に少し思い出していただきたいと思います。 もっと読む
2002-03-05 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月05日−05号 12月議会休会中の14日、「FRIDAY」第3弾が掲載され、またもや終盤25日におきまして、市長辞職勧告決議が上程され、可決したことは記憶に新しいところでございます。   もっと読む
2002-03-05 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月05日−05号 12月議会休会中の14日、「FRIDAY」第3弾が掲載され、またもや終盤25日におきまして、市長辞職勧告決議が上程され、可決したことは記憶に新しいところでございます。   もっと読む
2002-03-04 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月04日−04号 しかしながら、昨年、写真週刊誌に再三にわたり記事掲載されたような疑義が生じ、9月議会では、全会派によって問責決議案が可決され、12月議会では賛成多数により辞職勧告決議案が可決されました。その折、市長は市長としてはもとより、和歌山市民、和歌山市の名誉を保持するため、毅然たる態度をもって告訴・告発も辞せずと、その意思を表明されました。   もっと読む
2002-03-04 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月04日−04号 しかしながら、昨年、写真週刊誌に再三にわたり記事掲載されたような疑義が生じ、9月議会では、全会派によって問責決議案が可決され、12月議会では賛成多数により辞職勧告決議案が可決されました。その折、市長は市長としてはもとより、和歌山市民、和歌山市の名誉を保持するため、毅然たる態度をもって告訴・告発も辞せずと、その意思を表明されました。   もっと読む
2002-03-01 和歌山市議会 平成14年  2月 定例会-03月01日−03号 しかるに、当該事業に関連する疑惑については、写真週刊誌にも再三掲載されるなど、倫理観の欠如等、過日の本会議においてもるる論議が集中し、昨年の9月定例会においては市長問責決議案が、さらに12月定例会では市長辞職勧告決議案がそれぞれ議決されている。   もっと読む
  • 1
  • 2