運営者 Bitlet 姉妹サービス
73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 まだまだ豪雨災害は終わっていないと考えるので、まして、この交差点はすり鉢状の底のようになっていると思います。水没することもあろうかと思います。万全を期すためにも、さらなる備えが必要ではないのでしょうか。できることなら高架にして安全を担保されたらとも思うんですけれども、いかがでしょうか。 もっと読む
2018-03-09 田辺市議会 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日) そして、東日本大震災、紀伊半島豪雨災害以後、平成24年3月と平成25年9月議会において、木造仮設住宅について一般質問させていただきました。そして、委員会視察でも岩手県の住田町へ総務企画委員会で、福島県本宮市へ産業建設委員会で、いずれも木造仮設住宅についての取り組みについて現地調査を行ってまいりました。   もっと読む
2018-03-09 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号 紀伊半島豪雨災害に遭うまでは、火事場での消火活動や行方不明者の捜索活動などを通して、消防団員としての役割も担ってまいりました。その自分が被災者になり、負傷した母親を救助してもらえるようなことになるとは、一度もこれまで考えたことはありませんでした。 もっと読む
2018-03-01 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−03号 近年、多発する豪雨災害の未然防止への取り組みを強化しつつ、大規模自然災害が発生した場合においても被害を最小限に食いとめられるよう、地域防災計画の見直しに取り組むとともに、避難体制等の充実、強化を図るため、紀の川、和田川、亀の川の洪水ハザードマップを作成します。   もっと読む
2018-02-15 印南町議会 平成30年  2月 臨時会-02月15日−01号 去る10月22日の台風21号による豪雨災害、稲原地内及び崎山地内の災害復旧工事費でございます。13款1項1目.予備費では3千円の増額でございます。予算調整でございます。  次に、第2表 繰越明許費補正(追加)でございます。10款.災害復旧費、1項.農林水産業施設災害復旧費。事業名:農地農業用施設災害復旧事業。金額は321万9千円でございます。 もっと読む
2018-02-15 印南町議会 平成30年  2月 臨時会-02月15日−01号 去る10月22日の台風21号による豪雨災害、稲原地内及び崎山地内の災害復旧工事費でございます。13款1項1目.予備費では3千円の増額でございます。予算調整でございます。  次に、第2表 繰越明許費補正(追加)でございます。10款.災害復旧費、1項.農林水産業施設災害復旧費。事業名:農地農業用施設災害復旧事業。金額は321万9千円でございます。 もっと読む
2017-09-21 海南市議会 平成29年  9月 定例会-09月21日−08号 7月5日から7日の2日間にかけて、いまだかつてない九州北部豪雨災害。最近線状降水帯という言葉を耳にするようになりました。同じところへ100ミリ、今までかつてない雨量が発生しています。また、この日曜日に台風18号、これもいまだかつてない大きな勢力となっています。こういうことから、やっぱり地球温暖化対策を進めるべきで、森林を守るということは大変重要なことだと思いますので、賛成させていただきます。 もっと読む
2017-09-15 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第3号 9月15日) 今後予想される台風豪雨災害に備え紀伊半島大水害での教訓をどのように生かすのか、大きなポイントとなってきます。災害ボランティアスタッフの育成と強化について当局の答弁を求めます。  次に、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル、ICBM飛来等に係る緊急情報、全国瞬時警報システム、Jアラートについてであります。 もっと読む
2017-09-14 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第2号 9月14日) 私の住んでいる栗栖川地区ですが、自宅の後ろにちょうどアメダスの観測計がございますが、栗栖川でも39.5ミリと、まとまった降雨がありました、近年においては、平成23年の紀伊半島大水害を初め、平成24年の九州豪雨災害、平成26年の広島豪雨災害、平成27年の関東・東北豪雨など激甚な災害が全国各地で頻発している状況でございます。   もっと読む
2017-09-14 田辺市議会 平成29年 9月定例会(第2号 9月14日) 私の住んでいる栗栖川地区ですが、自宅の後ろにちょうどアメダスの観測計がございますが、栗栖川でも39.5ミリと、まとまった降雨がありました、近年においては、平成23年の紀伊半島大水害を初め、平成24年の九州豪雨災害、平成26年の広島豪雨災害、平成27年の関東・東北豪雨など激甚な災害が全国各地で頻発している状況でございます。   もっと読む
2017-07-06 田辺市議会 平成29年 6月定例会(第4号 7月 6日) 最後になりますが、当初は雨が少ないという状況が一変し、昨日は北九州地方での豪雨災害が発生するなど、今度は大雨に対する備えが必要となってまいりました。大雨などによる災害が起こらないことを切に願うところでございます。  また、梅雨明け以後は猛暑が予想される中、熱中症などの対策も必要となってまいります。   もっと読む
2017-07-06 田辺市議会 平成29年 6月定例会(第4号 7月 6日) 最後になりますが、当初は雨が少ないという状況が一変し、昨日は北九州地方での豪雨災害が発生するなど、今度は大雨に対する備えが必要となってまいりました。大雨などによる災害が起こらないことを切に願うところでございます。  また、梅雨明け以後は猛暑が予想される中、熱中症などの対策も必要となってまいります。   もっと読む
2017-06-20 新宮市議会 平成29年  6月 定例会-06月20日−03号 しかし、突然の出来事、平成23年9月、台風12号による豪雨災害に遭いました。それまで積み上げてきた生活の糧を一瞬にして奪われてしまい、人生が大きく変わりました。かれこれ6年になります。奇跡の連続で、気がつくと新しくできた新宮市議会の議場に立っているではありませんか。  そこで、被災者の目線に沿って次の質問を行いたいと思います。   もっと読む
2016-12-09 田辺市議会 平成28年12月定例会(第2号12月 9日) また、国難ともいえる東日本大震災やこれまでの想定を大きく上回る規模の豪雨災害も当地域を含め全国で多発いたしております。経済分野においては、サブプライムローン問題による世界的な金融危機が起こる中、日本経済はデフレ状況が長引いた上、歴史的水準の急速な円高も経験しました。このような社会経済情勢の中、国政では政権交代がありましたし、国の地方政策も変遷を繰り返されてきました。   もっと読む
2016-12-09 田辺市議会 平成28年12月定例会(第2号12月 9日) また、国難ともいえる東日本大震災やこれまでの想定を大きく上回る規模の豪雨災害も当地域を含め全国で多発いたしております。経済分野においては、サブプライムローン問題による世界的な金融危機が起こる中、日本経済はデフレ状況が長引いた上、歴史的水準の急速な円高も経験しました。このような社会経済情勢の中、国政では政権交代がありましたし、国の地方政策も変遷を繰り返されてきました。   もっと読む
2016-12-06 高野町議会 平成28年第4回定例会(第1号12月 6日) 承認第13号、専決処分の承認を求めることにつきましては、平成28年度高野町一般会計補正予算(第4号)により、8月の豪雨災害及び9月の台風16号災害の災害復旧に伴う補正予算となっております。歳入歳出それぞれ1億1,710万円の増額となり、予算総額は43億6,490万円となりました。   もっと読む
2016-09-15 田辺市議会 平成28年 9月定例会(第2号 9月15日) 一方、本年7月9日の豪雨災害では、国の災害復旧事業の適用となる4件の農地災害がいずれも田の畦畔の崩落によるもので、秋津川に2件と中辺路町大川に1件、下川上に1件という内訳であり、国の査定を受検することとしております。また、国の採択基準に満たない被害農地35件と未確認の箇所も含め、これらについては現時点では救済措置がないため、農家の方々は自力で復旧をせざるを得ない状況となっています。   もっと読む
2016-09-15 田辺市議会 平成28年 9月定例会(第2号 9月15日) 一方、本年7月9日の豪雨災害では、国の災害復旧事業の適用となる4件の農地災害がいずれも田の畦畔の崩落によるもので、秋津川に2件と中辺路町大川に1件、下川上に1件という内訳であり、国の査定を受検することとしております。また、国の採択基準に満たない被害農地35件と未確認の箇所も含め、これらについては現時点では救済措置がないため、農家の方々は自力で復旧をせざるを得ない状況となっています。   もっと読む
2016-06-24 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第2号 6月24日) 東北の地震、広島県の豪雨災害の復旧、そして熊本地方の地震被害、多くの犠牲者が発生しています。平成23年に我々の地域が襲われた台風被害についても、ほとんど復旧はしました。しかし、私の住んでおります大塔熊野地区の復旧は平成28年度、ことしで終わるはずの緊急砂防事業については、まだ完成のめどがついておりません。このことについては、市長初め、建設部で対応していただいております。 もっと読む
2016-06-24 田辺市議会 平成28年 6月定例会(第2号 6月24日) 東北の地震、広島県の豪雨災害の復旧、そして熊本地方の地震被害、多くの犠牲者が発生しています。平成23年に我々の地域が襲われた台風被害についても、ほとんど復旧はしました。しかし、私の住んでおります大塔熊野地区の復旧は平成28年度、ことしで終わるはずの緊急砂防事業については、まだ完成のめどがついておりません。このことについては、市長初め、建設部で対応していただいております。 もっと読む