148件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2024-09-18 09月18日-04号

例えば、(2)地質調査についてでは、ボーリング調査は11カ所で、「調整堰堤設置のための基礎地盤調査であり、事業地全体を把握するための地質調査は行われていない。事業地全体にわたって、滑り面がないか、地下水位は高いのか低いのか等について、地質調査を行うべきではないのか」という内容です。

和歌山市議会 2020-07-09 07月09日-05号

それから、右のほうに四角い青の4つの囲みがあるんですけれども、これは調整です。この1号調整、一番上です。それから2号調整のあたり、ここには住民が住んでいる。こういう状況でございます。一番下の青い囲み、これ4号調整なんですけれども、そばに道路が上のほうに書いていますが、昨年の西日本豪雨で土砂の流出がありました。畑地区の方の避難道路と、それからこの西日本豪雨のときには市道を塞いでいます。

和歌山市議会 2020-07-08 07月08日-04号

既に、入り口付近には大きな調整がつくられていたと思います。 計画は、その後、二転三転、四転五転、六転七転と、計画変更のたび工事費が水増しされ、調整からあふれ出すかのような勢いでした。

海南市議会 2020-06-19 06月19日-03号

議長川崎一樹君) 2番 瀬藤幸生君 ◆2番(瀬藤幸生君) 降水量の計算次第では調整はすぐに満タンとなり、降った雨がそのまま日方川に流入し、下流域での洪水となるとか、谷を埋めた盛り土が崩れて調整に流れ込んだ場合、調整の機能が失われたら、やはり流入量がふえて危険な状態となるとの意見も出ております。 

田辺市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号12月10日)

抜本的な浸水対策を行うには、複数の雨水調整や新設水路、強制排水機等の設置が必要で、それぞれに多額の費用と長期的な事業期間を要するということを聞き及んでおります。厳しい財政状況の中、その実施は困難であると理解はしておりますが、特に秋津地域におきましては、最初に雨水流出の解析調査を要望し、事業化した経緯があります。  

印南町議会 2019-04-30 03月13日-02号

町長の所信表明にもございましたけれども、平成29年度から約1年かけて踊谷池を改修し、調整として、また下流域の安全対策として、機能強化を図ってまいりました。これに伴い、現在ようやく盛り土整備が再開され、西日本高速道路株式会社(ネクスコ)さんにより進められてございます。 盛り土量につきましては、既存の約7万立方メートルを合わせ、現在約9万立方メートルが整備されている状況でございます。 

新宮市議会 2018-12-11 12月11日-02号

同じように以前にも蜂伏地区に太陽光発電の開発が始まったときに、その建設業者さんに対して雨対策、また水対策をしっかりしていただくよう、これ地元の皆さんと要望させていただいたことがあるんですけれども、この現場はもう既に市の管理する調整があったので、水の流れ、水の心配というのはないのかなと思っております。 

和歌山市議会 2018-12-10 12月10日-05号

7月5日から6日にかけての西日本豪雨により、千手川に沿った林道井関線及び市道墓ノ谷線や有功西ニュータウンの調整等において、土砂崩れを初め、土砂堆積、路肩崩落等の被害が発生しました。特に、林道井関線におきましては、コンクリート製の橋が流出し、また、高さ約100メートル、幅約15メートルの土砂崩れが発生するなどの被害を受けました。 

海南市議会 2018-09-11 09月11日-02号

その内容としましては、住民の不安や疑問などを払拭した上で本事業に取り組まれるよう強く求めることを前置きに記載し、本文には森林法第10条の2第2項に係る懸念事項として、開発区域内の小流域相互の流域変更を行う場合は、隣接する地域の利水等に何らかの影響が生じるおそれがあるため、関係住民に十分説明をすることや、地元自治会への説明資料では、1号調整からの放流管の高さが車瀬池水面より低いことや地山の湧き水、傾斜地及

海南市議会 2018-06-14 06月14日-04号

調整の維持管理に必要な道路の設置、法定外公共物及び調整の維持管理等につきましては、市、自治会、事業者の3者の間で合意のもと、協定書に明記すること。宅地造成等規制法に基づく許可につきましては、和歌山県林地開発許可申請の手引きや海南市開発行為と宅地造成に関する工事申請の手引きに定める技術基準を満たす設計とすることとしております。 

海南市議会 2018-03-15 03月15日-06号

次に、議案第29号 旧来の慣行の変更及び廃止について、委員から、内池の調整としての役割はどうなっているのかとの質疑があり、当局から内池はインテリジェントパーク周辺一帯の調整としての役割を担っている。内池と大池には周辺の山林も含め約50ヘクタールの流域があり、流域からの水は内池を経由して大池に集まって日方川に流れている。

海南市議会 2018-03-02 03月02日-05号

それと、インテリジェントパークの開発に当たって、林地開発の届けだけで進めたと思うんですけれども、その関係で、この内池は調整機能を持たせたと思うんです。今回、埋め立てることによって、このインテリジェントパーク開発のために設けられた調整機能はどうなるのか。 この3点についてお聞きします。 ○副議長(中家悦生君) 当局から答弁願います。 

海南市議会 2018-02-27 02月27日-02号

それから、調整が4つつくられます。車瀬池の南の部分に1号、それから、南に向かって2号、3号、4号というふうにあります。調整に泥がたまったらこれしゅんせつせなあきませんから、調整のしゅんせつは行いますって言うてんねん。ところが、4号調整以外は重機入らない。

新宮市議会 2017-12-12 12月12日-02号

新宮市都市建設課といたしましては、試験的に王子ケ浜小学校のグラウンドを遊水地がわりの調整のような仕組みをつくりまして、周辺の浸水の軽減に成果が上がってきたところでございますので、そういうようなことも考慮しながら今後とも浸水対策には努めていきたいと考えております。 ◆13番(東原伸也君)  ただ王子小学校の下もつかっているんですよね。ちょうど河邉課長のあたりやったと思うんですけれども。

海南市議会 2017-12-07 12月07日-04号

先ほども述べましたが、調整を4つつくるというふうに言われています。そして3つの調整の排水先は、水路を通って日方川に行くんですが、1つの調整の水は全てパイプで車瀬池に流れるようになっています。ですから、車瀬池がなければ1号調整は機能しないわけですね。これ非常に大きなポイントになります。 質問いたします。この池の所有者は誰ですか。 

和歌山市議会 2017-12-01 12月01日-02号

1点目は、開発行為の区域にある本市が管理している里道に発電パネルを設置すること、水路に調整などを建設することに関する市の同意です。 2点目に、開発行為の区域内から排出される雨水を有功西ニュータウン側の調整及び下流水路へ放流することに関する市の同意です。 以上でございます。 ○副議長(井上直樹君) 津守教育局長。