1959件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

印南町議会 2021-11-17 03月15日-02号

たしか2,700万円ほどの予算計上だったですかね、調査費用のお金も計上するんだということも説明を受けました。 これらの池というのは、国の補助事業対象にならなかったが、新たに対象になるための調査をして、工事が必要ならば公共事業債を活用して対策を打つと、そういう流れの性格だというふうに認識をしておいたらよろしいんでしょうか。

田辺市議会 2021-05-25 令和 3年第3回臨時会(第1号 5月25日)

児童福祉費児童措置費につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、低所得独り親世帯を支援するため、子育て世帯生活支援特別給付金のほか、会計年度任用職員報酬職員の時間外勤務手当等事務費計上するものです。  なお、当該補正に伴う財源といたしましては、全額国庫支出金をもって充てています。  続きまして、41ページをお願いします。  

印南町議会 2021-04-01 03月22日-05号

3目.一般被保険者高額介護合算療養費につきましては30万円を計上年度と同額計上でございます。4目.退職被保険者等高額合算療養費につきましては1,000円の計上でございます。 おめくりいただきまして、16ページでございます。 3項.1目.出産育児一時金につきましては630万円の計上でございます。昨年度と同じく15人分の対象を見込んでおります。 

田辺市議会 2021-03-24 令和 3年第2回定例会(第5号 3月24日)

それから、既に弁護士費用として、合わせて500万円以上が計上されています。しかし、回収できるという話がついたのが3,500万円ですから、損害賠償とは違うのだと言われますが、そういった理屈は市民には通用しないと思います。確かに、あっせんの受入れについては議決もしました。ただ、この間の経緯を聞くと、市民被害を最小限にしようというような誠意というものが感じられません。

海南市議会 2021-03-18 03月18日-07号

病院への繰出金は当初予算には計上せず6月の肉付け予算で補正するということですが、しかし、今までも繰出金は法に基づき拠出され、小児科や救急などの採算が取れない部門を担ってきました。当初予算繰出金ゼロ円では問題があると考えています。 次、歳入。 自衛官募集事務委託金。 自衛官募集年齢に合わせて住民基本台帳からその対象者を選別し、自衛隊側に提供するということが本市で続けられています。

印南町議会 2021-03-18 03月18日-04号

次に、2項.1目.地方揮発油譲与税で1,300万円の計上。 次のページであります。3項.1目.森林環境譲与税で1,082万8,000円の計上。 次に、3款.1項.1目.利子割交付金で70万円の計上。 次に、4款.1項.1目.配当割交付金では400万円の計上。 次に、5款.1項.1目.株式等譲渡所得割交付金で320万円の計上対前年度比210万円の増額でございます。 

印南町議会 2021-03-15 03月17日-03号

接種委託料として113万9,000円ということで予算計上がされています。これは、委託するのは多分、日高医師会というふうに思うんですけれども、この接種料として113万9,000円という、この予算計算方法というのは、国から定められた法律の中に何かそういう様式というのがあって、こういう予算計上が必要ということなんですか。 以上です。

和歌山市議会 2021-03-12 03月12日-05号

こども医療費における所得制限の撤廃のためのシステム改修費用中学校給食全員給食にするための調査費用就学援助支給額国基準への引上げなど、市民の切実な要求として、繰り返し日本共産党市会議員団としても求める中、予算に反映されたことがある一方で、依然として見直しが進まないもの、見通しが持てないにもかかわらず、そのまま計上していると思われるものがあります。 

和歌山市議会 2021-03-02 03月02日-04号

業務委託料7,459万4,000円の内訳は、現行の選択制デリバリー給食実施のための業務委託料として6,471万6,000円及び中学校全員給食に向けた準備のための調査を行う業務委託料として987万8,000円を計上しています。 以上でございます。 ○副議長奥山昭博君) 28番。 〔28番南畑幸代君登壇〕(拍手) ◆28番(南畑幸代君) それでは、第2問をさせていただきます。 

和歌山市議会 2021-03-01 03月01日-03号

総務省によりますと、行政のデジタル化を加速するため、2020年度第3次補正予算に約1,800億円を計上し、基金を設置、このうち1,500億円程度を自治体システム標準化共有化財政支援に充てる予定で、標準化対象は、住民基本台帳固定資産税国民年金児童手当を含む17業務で、国が示す各業務標準仕様を基に、システム業者が開発、改修して自治体が利用する。

田辺市議会 2021-03-01 令和 3年第2回定例会(第2号 3月 1日)

なお、人件費を含めた令和年度消防事務受託経費の総額は、1億8,121万1,000円で、委託町である上富田町が負担し、53ページの消防業務受託事業収入において歳入予算計上しています。  169ページの第4目水防費20万円は、土のうなどの水防用資器材の購入に要する経費です。  以上で消防関係補足説明を終わります。