80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

一つ目は、倫理として、全体の奉仕者として高い倫理感を有し、部の重要課題に責任を持って取り組むとともに、服務規律を遵守し、公正に職務を遂行することができるとあります。  二つ目には、構想として、所管行政を取り巻く状況を的確に把握し、先々を見通しつつ住民の視点に立って部の重要課題について基本的な方針を示すことができるとあります。  

田辺市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日)

平成27年1月に元主査に対する停職1カ月の懲戒処分を行った同日、副市長から職員一人一人に対し、職員の綱紀の粛正及び服務規律の遵守等についてを通達し、綱紀の粛正、服務規律遵守の徹底、また、公金等の取り扱いにつきましては、適正な事務手続によって厳正かつ確実に行い、事務手順のマニュアル化やチエックシステムの整備等の公正を確保するための措置を講じるよう強く要請いたしたところでございます。

印南町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号

◆7番(岡本) そういうことがちょっと多過ぎるので、100点じゃなくてイエローカードが多過ぎるので、今後このようなことについては十分、財政規律、そういうものを守って執行していただきたいなと思っております。  これ以上、もう答弁は求めませんので、次、よろしくお願いいたします。 ○議長 次。  -住民福祉課長- ◎住民福祉課長 それでは、大きな3点目、「高齢者見守りについて」のまず1つ目でございます。

田辺市議会 2017-11-29 平成29年12月定例会(第1号11月29日)

これまで以上に服務規律及び事務の適正な執行の徹底について強く指導し、一日でも早く市政に対する市民の皆様からの信頼が回復できますよう全力で取り組んでまいる所存でございますので、議員各位におかれましても、何とぞより一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。  さて、ことしも早いもので、残すところ1カ月余りとなりました。

田辺市議会 2017-03-13 平成29年 3月定例会(第4号 3月13日)

地方税法及び番号法と関係法令では特別徴収義務者と市町村が共通の規律のもとに置かれて、特定個人情報を管理するという制度上の保護措置を規定されていることから、個人番号を記載の上、そうさせていただくものであります。事業者の皆さんにおかれましては、制度の趣旨目的について御理解をいただき、法令等の規定に基づいて、適切な管理を行っていただきますようお願いしたいと考えております。

和歌山市議会 2016-12-05 平成28年 12月 定例会-12月05日−04号

続いて、第4条、これは課長以上の職員に当てはまる責務だそうですが、管理監督者の責務として、「管理又は監督の地位にある職員で別に定めるものは、特にその職責を自覚し、率先垂範して適正な職務執行及び厳正な服務規律の確保に努めるとともに、職場研修の実施等により良好な職場環境の維持に努めなければならない。」、そうなってますか。なっていませんよね。  

和歌山市議会 2016-09-29 平成28年  9月 定例会-09月29日−08号

関連して委員から、当局は当該納付分の一部を財政調整基金に積み立てるとのことだが、国では、近年、アベノミクスにより財政的な考え方を180度転換し、財政規律一辺倒であったものが、市中にお金を流して経済規模を発展させなければ経済が好転しないという考えのもと、デフレからの脱却に向け国を挙げて取り組んでいる今、地方自治体も国と歩調を合わせ、財政バランスを整えることだけでなく、雇用を創出し、個人消費を高めるなど

海南市議会 2016-09-15 平成28年  9月 定例会-09月15日−04号

そして、スポーツを楽しむということだけでなしに、個々の生徒の肉体的、精神的発達や集団としての民主的な自治能力、規律を育てる上で大きく寄与すること、このように位置づけられているということで、これは、本当に教育基本方針の教育の目的に沿った位置づけをされているということで、非常に感動しました。  

印南町議会 2016-09-14 平成28年  9月 定例会-09月14日−03号

全体を考えて、学習規律を高めるということも大事なことでございますので、いろいろ考えた結果、お願いをしました。このことにつきましては、もう以前もよその学校でも3学期から導入をお願いしたこともございます。  以上でございます。 ○議長 -教育課長- ◎教育課長 そしたら、私のほうからは、戻りましてすみませんが、21ページです。  歳入のほうの20款の諸収入で2目の雑入の項目でございます。  

高野町議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第2号 9月12日)

○町長(平野嘉也) 今回の請願に関すること、また25年、26年、27年度の御指摘されている案件について、町として今後、先生の質問内容とは違いますが、随意契約等、また行政サービス等をしっかり、いろんなチェック機能を果たして進めていくということは午前中に述べたものでございますが、それと同じように、情報公開に関してでも規律をもってしてまいりたいというふうに考えております。  

海南市議会 2016-06-23 平成28年  6月 定例会-06月23日−05号

自治基本条例には、情報公開、市民・職員参加、市民投票、議会運営、総合計画、財務規律、政策法務、政策評価などを規定しますが、実効性を確保するためには、これらの理念を具体化する関連条例の整備が必要になります。そして、関連条例の中でも、特に議会基本条例と総合計画条例を基幹的関連条例として制定すべきです。  

印南町議会 2016-06-16 平成28年  6月 定例会-06月16日−04号

その辺について、予算編成についてどのように思ってはるのか、税務課長の見解と財政主管課長のご意見、これ財政規律がまるっきりなってない、何でもありという感じに受け取れます。  それから、2点目の42ページの総務費国庫補助金については、私、3月議会でもこのことについては、こんなんおかしいんと違いますかというのは申し上げた。

和歌山市議会 2016-03-23 平成28年  2月 定例会-03月23日−10号

この点、第10款地方交付税においても5億9,600万円と大幅な減額となっており、これは財政規律を確保する観点から、歳出抑制という国の方針が影響しているのか当局の見解をただしたところ、財政局長より、国は、基本的に地方の一般財源総額は、今後しばらくは確保しようと位置づけています。

和歌山市議会 2016-03-09 平成28年  2月 定例会-03月09日−07号

今回の事案について、教職員に採択関係法令及び服務規律の遵守を周知徹底するのはもちろんのこと、まずはみずからを律し、襟を正し、今後も子供の立場に立って教育行政を進めたいと考えております。申しわけございませんでした。 ○副議長(松井紀博君) しばらく休憩します。           

海南市議会 2016-03-01 平成28年  2月 定例会-03月01日−02号

総合計画は、海南市という自治体の最高の規範、最高の規律、一番基本の計画やというわけやろ。ほいたら、予算や条例を決めるんと同じ格付で議会の議決が要るわけやいしょ。そやから、地方自治法第96条第2項に基づいて議決案件化せなあかんやろって言うてんねん。議決案件化するんやったら、次期の計画はもちろんやけれど、今したってええやないか。既に総合計画があんのやいしょ。

印南町議会 2015-03-19 平成27年  3月 定例会-03月19日−04号

普通大体3月の補正って、負担金とかよ、何かの差額で減額、減額といくのが、去年も9,000万円ぐらいな補正されてあんねけれども、普通3月の補正らというのはもうその調整する段階やと思うけれども、1億円って、去年も9,000万円から、ことしも1億円からということで、この辺の何か年度会計というのが崩れて、15カ月で、今、課長、さっきおっしゃられたけれども、年中もうエンドレスな感じがすんねけれども、何か財政規律

印南町議会 2015-03-16 平成27年  3月 定例会-03月16日−02号

この根拠はどういうところにあるのか、財政規律はどうなっているんか。その辺について、ご答弁。単年度会計主義を無視したるということね。 ○議長 -企画政策課長- ◎企画政策課長 財政担当課長ではないんですけれども、担当課長として、今回の予算計上についての、今、岡本議員からのご指摘に対する答弁をさせていただきます。  

海南市議会 2015-03-04 平成27年  2月 定例会-03月04日−03号

プレジャーボートの係留施設建設の予定がある地域で施設利用に際してのマナーや規律といった内容の説明、また騒音やごみの放置などに関する不安点など、地元住民に対しての説明があるべきだと思いますが、いかがでしょうか。 ○議長(宮本勝利君) 答弁願います。  服部管理課長 ◎管理課長兼港湾防災管理事務所長(服部博君) 5番 森下議員の再度の御質問にお答えします。  

田辺市議会 2014-12-11 平成26年12月定例会(第2号12月11日)

特に、懲戒処分等を行った場合には、職員の綱紀粛正及び服務規律の遵守について、職員一人一人に職員通達を行い、周知徹底を図っているところでございます。  また、事務処理誤りや交通事故があった場合には、その都度、部長会を通じて事務処理の誤りの概要や交通事故の状況を説明するとともに、再発防止策について同じような事務処理誤りや交通事故を起こさないように徹底しているところであります。