10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新宮市議会 2014-09-02 09月02日-01号

その下、2の災害関連単独事業は、西敷屋小津荷の冠水による堆積土砂撤去及び路面修繕を、また永田切杭線路肩修繕に要する復旧費であります。 以上が歳出であります。 次に、歳入でありますが、恐れ入ります、12ページをお願いいたします。 2歳入、13款国庫支出金及び14款県支出金については、負担金補助金の名称、補助率等、その内訳につきましては、いずれも説明欄記載のとおりであります。 

新宮市議会 2014-03-04 03月04日-01号

次の西敷屋小津荷では、地権者との協議等に時間を要したため、実施設計に係る委託業務費を、次の内ヶ坪踏切拡幅では、踏切内の夜間工事日数を要したため、拡幅部分となる用地購入費について繰り越すもので、次の第一王子橋は、河川占用に伴う工法や仮設工事協議日数を要したことから、年度内完成が難しく、繰り越すものであります。 

新宮市議会 2012-09-12 09月12日-03号

◆12番(上田勝之君)  同じく市道で、これは敷屋地区説明会で出たんですけども、西敷屋小津荷上地地区道路のかさ上げ、これはいつも少しの雨でも浸水してしまうという市道について、かさ上げ等は検討されますか。 ◎都市建設課長渕上崇君)  今言われました箇所は、市道西敷屋小津荷、西敷屋から本宮のほうへ抜ける迂回路としていざというときには大変活用できる路線であります。

新宮市議会 2011-11-29 11月29日-01号

3の西敷屋小津荷道路では、路側擁壁の崩落を防止するため、法面336平方メートルのモルタル吹きつけ工事を実施するものであります。 4の土砂流木除去等復旧については、流出土砂流木などが約251カ所という広範囲にわたり、当初予想を上回る量の搬出でありましたので、処分に要する経費を増額補正するものであります。 

新宮市議会 2011-10-06 10月06日-03号

10の西敷屋小津荷道路では、決壊した路肩延長25メートルの測量に要する経費であります。11の道路災害応急工事では、約50カ所における土砂撤去などに要する経費であります。12の第一荒木橋災害復旧工事では、崩壊した橋台の測量を行うものであります。13の土砂流木除去等復旧事業では、約200カ所における道路また河川土砂流木などの撤去、収集、運搬及び処分に要する経費であります。 

新宮市議会 2011-03-02 03月02日-02号

また、14の西敷屋小津荷道路改良工事は、市道西敷屋篠尾線より分岐し、田辺市本宮町へ通じる道路で、法面の崩壊及び落石のおそれがあるため、整備を行うものであります。 170ページをお願いいたします。 4目橋りょう維持費は、維持修繕を除き、熊野川本流にかかる敷屋大橋河床低下による橋脚の洗掘防止工事を行うものであります。 

  • 1