43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新宮市議会 2019-06-18 06月18日-02号

そうすると、言論、表現自由を最も大切にする人だなと私は判断するわけです。 だから、私の期待どおりであれば、今回、教育長とは意見がちょっとかみ合うんじゃないかなと。私の主張を受け入れなくても、私の個性として、私の主義主張としてそれは認めてくれるんじゃないかなという期待があるんですよ。この人権問題について言うたようにね。 

新宮市議会 2019-03-28 03月28日-08号

福田議員の議事進行におきまして大西議員の処分要求撤回理由の中に、新宮市も議員の会議における発言について、提案者大西が主張した会議における言論、表現自由保障されており、地方自治法第132条の規定に違反しない限り、提案者の自由な発想に基づいて演説を行う権利があることを問題なく認めたとあるが、これは事実かとの問い合わせがございました。 

新宮市議会 2019-03-15 03月15日-07号

ただいま朗読されました項目の中で、新宮市も議員の会議における発言について、提案者大西が主張した「会議における言論、表現自由保障されており、地方自治法第132条の規定に違反しない限り、提案者の自由な発想に基づいて、演説を行う権利がある」ことを問題なく認めたことにより、ということでございますので、大西議員にお聞きしたいんですが、当局はそれを認められたのでしょうか。

新宮市議会 2019-03-12 03月12日-04号

あなたが雇った6人のこの弁護士が、いいですか、議会における議員の発言については、原告の大西は、会議における言論、表現自由保障されており、地方自治法第132条の規定に違反しない限り、原告自由な発想に基づいて演説を行う権利があると。原告大西は、そう主張しているが、そのとおりだ。被告新宮市としては、その主張を争うつもりはない。それは議員の意見としての表現自由だ。それだけ。原告大西の言うとおりや。

新宮市議会 2019-03-05 03月05日-01号

そこで、憲法第21条、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現自由は、これを保障する」。憲法で規定しているわけです。私は日本国民であって、公務員ですから、憲法の擁護義務があるので、常に私は憲法に従っているんです。ところが、議長は、会議における言論、表現自由を否定しているわけです。ということは、憲法を否定しているということになりませんか。

新宮市議会 2018-12-13 12月13日-04号

提案理由の中に、特に、我々議員生命線である会議における言論、表現自由基本的人権を侵害する内容が含まれている以上、議員として、当然、本案に賛成することはできません。 以上。 ○副議長(濱田雅美君)  賛成討論はありませんか。 5番、松畑議員。 ◆5番(松畑玄君)  本当に9月からここ、中立性を著しく欠いていたと。議場がやはりこれだけ混乱するというのは、やはりそこに原因があると思うんです。

新宮市議会 2018-12-12 12月12日-03号

そこで、言論表現自由があるけれども、会議の秩序を維持するために、この大事な発言権を各自1時間30分程度にしようと申し合わせているんや。そこで、個々の議員の意見の違い、自分のポリシーと合わなくても、他の議員の意見を聞こうじゃないかということで、他の議員質問している間は、議事進行は自粛するということが申し合わせなんやだ。

新宮市議会 2018-12-11 12月11日-02号

憲法21条、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現自由は、これを保障する。」言論、表現自由は大西強の基本的人権や。裁判受ける権利基本的人権や。それを市長は遺憾や言う。当局が大西の発言に対して問題あるというのはどういうことなんや。個人が人のことをどう評価しようが、それは思想、信条の自由や。しかし、権力機関である当局が大西の発言が問題あるんやったらその違法性を指摘せんかい。何回も言いやる。

新宮市議会 2017-06-20 06月20日-03号

言論、表現自由やから。紀南新聞は何を書こうと自由だから。 そこで、この紀南新聞や、前回の市長選挙で、大西は自動失職を選択したんやだね。上田議員は事前にやめたんや。自動失職したから、市議会議員が1名欠員になったんや。それで、市民の声が届きにくくなったと。それで、この記者は自動失職を批判しているんや。欠員になることで、市民の声の反映機会を減らすという考えもできると。

和歌山市議会 2017-03-23 03月23日-10号

この声明の中で、この法案は、「日本国憲法保障した国民思想・信条の自由表現自由、集会・結社の自由プライバシー権などの基本的人権に対する重大な脅威となるものであり、人の内心を処罰することにもなりかねない」としています。 以上のことから、請願第5号、同第6号は採択すべきだと考えます。 以上を申し述べて、賛成討論といたします。(拍手) ○議長(野嶋広子君) 以上で通告による討論は終わりました。 

新宮市議会 2017-03-09 03月09日-07号

この議員の言論、表現自由憲法保障されているわけです。命より大事な権利である。 そこで私は3カ月に1回の1時間半の主張、弁論に、毎日考えて1時間半に凝縮して、その間に市長をどう動かせるか、市長の心にどう訴えられるか考えて、そして一般質問する、受け入れられない、また次の3カ月間考えてまた1時間半訴える、その1時間半の訴えに命をかけているわけです。 それが市民報道されるときは何百十字、わずか。

新宮市議会 2016-12-22 12月22日-06号

では、何ゆえにそのような申し合わせをしたかたというと、議事進行発言に名をかりて、質問者の質問を妨害する意図を持った議事進行発言がしばしば見られたので、質問者の公平な言論、表現自由を確保するために、例外的な措置をとっているのであります。であるから、会議における有効な議事進行発言を抑制すること自体、本末転倒なのであります。

新宮市議会 2016-12-14 12月14日-03号

議長(榎本鉄也君)  ただいまのお2人の発言は、議事進行なのかどうか、ちょっと私も理解ができませんが、まず、田花議員の議事進行につきまして、大石議員の発言、行為は、言論、表現自由の範疇だと思いますので、私は許可いたしました。今回は、そういうことで御理解をいただきたいと思います。 並河議員の議事進行にも、一応先ほどの、今の私の見解で御理解いただきたいと思います。 

新宮市議会 2015-09-09 09月09日-03号

公共の福祉に反しない限り、表現自由は最大限尊重しなければならないって憲法に書いているんです。90分間の質問の中で、いかにすれば自分の主張がインパクトを与えられるかということを考えてやっているんですよ。 それで、個人の名前を挙げて公開の場で議論するということは公共の福祉に反するおそれがあるんで、極力個人名は挙げないということになっております、会議規則でね。我々議員個人じゃないんですよ。

海南市議会 2014-12-05 12月05日-05号

13番 橋爪美惠子君 ◆13番(橋爪美惠子君) 私が聞きたいのは表現自由に関してになるんですけれども、意見書(案)では、有害環境から青少年を守るということが言われておりまして、もちろん目に余るものも今の社会においてあります。

田辺市議会 2013-12-20 平成25年12月定例会(第5号12月20日)

こうした重罰法規は、それだけで言論・表現自由を委縮させ、民主主義社会をその土台から掘り崩し、日本を再び暗黒社会とするものである。  こうして、政府与党の数の暴力によって、強行的に成立した稀代の悪法「特定秘密保護法」に対して、見直し、撤廃の声が日増しに高まっているのは当然である。  我が市議会は、民主主義の健全な発達を希求し、意見書を提出する。  記。1.特定秘密保護法を撤廃すること。  

新宮市議会 2013-09-12 09月12日-04号

◆14番(大西強君)  今の13番議員の議事進行に対して、議長表現自由を認めたことは、それで結構だと思います。田花議員に注意する必要もないと思いますよ。素人いうのは、玄人の反対ですから、表現の中で、田岡市長が玄人だと思ってる人、一人もおりませんからね。玄人の反対だから、それは表現の中のストレスアクセントであって、強調用語であって、何も市長を侮辱した発言ではないと思います。

新宮市議会 2013-06-11 06月11日-01号

それが、品位の保持にかかわる第132条違反だと言われたら、違法行為だということになれば発言できない、要するに言論・表現自由というものを束縛されていると。ですから、違法かどうか聞いてるんですよ、当局が違法だと言うて議会クレームつけたことが第132条に違反ですかと、議長、どうですかと、議長に、議長の見解を聞いてるんですよ。