56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

しかし、我々、初動対応でございますけれども、発生時におきましては、当然重要となる被災住民の救出とか救助、救援活動につきましては消防部が消防本部を、自衛隊が派遣された場合は広域拠点である田辺スポーツパークを拠点として対応いたします。状況に応じてさまざまなルートで対応したいと考えております。           

高野町議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会 (第4号 9月22日)

高野山中学校運動場をメイン会場にしまして、警察自衛隊消防、この三つが中心になりまして、もちろん行政の、高野町の役場の職員の方も参加されておりましたが、そういう訓練が行われたわけでございます。住民の方も消防団員とバケツリレーなどに参加をしていただきまして、一体感は出ておったように感じました。  

田辺市議会 2017-03-10 平成29年 3月定例会(第3号 3月10日)

、「あした自衛隊がグラウンドに来てトイレを掘りますが、その場所はどこにしますか。」ということを、読み手はどんどん投げかけてくるのですが、それに対して、A町町内会長役、B町民生委員役それぞれがばらばらに対応を一旦始めるのですが、どうやらゲームの途中でルールを決めないといけない。それぞれの町の皆が話し合いをしなければ進まない。

田辺市議会 2016-06-24 平成28年 6月定例会(第2号 6月24日)

また、本宮地域自衛隊の大型輸送用ヘリが直接、物資を搬送したこともありました。  道路が通行できない、あるいは、迂回路では時間がかかり過ぎるといった状況で、けが人や急病人を搬送する必要がある場合や緊急に必要な物資を届けなければならない場合などは、やはり空路での搬送が有効でありますので、ヘリコプターの活用は必要であると考えております。  

新宮市議会 2015-09-17 平成27年  9月 定例会-09月17日−05号

しかしながら、今国会政府は、他国を武力で守る集団的自衛権の行使を可能にする武力攻撃事態法改正、自衛隊法改正、国際紛争に対処する他国軍を後方支援するため自衛隊を随時派遣できる恒久法国際平和支援法の新設、日本周辺に限らず米軍や他国軍の後方支援を可能とする周辺事態法改正など、新しい安全保障法制の整備を行おうとしています。  

田辺市議会 2015-07-09 平成27年 6月定例会(第5号 7月 9日)

請願によりますと、この法案自衛隊海外派遣について、これまでの歯どめを取り払い、現に戦闘行為を行っている現場以外であれば、戦闘地域を含め海外あらゆる地域に派遣をし、武器の提供、弾薬や燃料などの後方支援を、アメリカ軍及び多国籍軍とともに行動するとなっている。果たしてそうでしょうか。  

田辺市議会 2015-07-01 平成27年 6月定例会(第4号 7月 1日)

この法案は、自衛隊海外派遣についてこれまでの歯どめを取り払い、現に戦闘行為を行っている現場以外であれば、戦闘地域を含め海外のあらゆる地域に派遣し、武器の提供、弾薬や燃料などの後方支援、兵たんをアメリカ軍及び他国軍隊とともに行動するものとなっている。  こうした他国軍隊への協力軍事行動は戦争の相手側から武力攻撃を誘発し、武力紛争に巻き込まれ、他国の人々を殺し自衛隊員が殺される危険が現実となる。

田辺市議会 2015-06-29 平成27年 6月定例会(第2号 6月29日)

今まででしたら、海外ではイラクへ行ったり、アフガンへ行ったりということはあったのですが、そのときは非戦闘地域ということで、前回派遣されて今までも自衛隊は一発も弾を撃つことはありませんでしたし、殺されるということもなかったのですが、もしこの法律が通りますと、田辺出身の自衛隊員の命が危険になる。

高野町議会 2015-03-06 平成27年第1回定例会(第2号 3月 6日)

○2番(所 順子) この一般職の任期付職員の採用等に関する条例の制定というのは、先日からの説明の防衛大学校を卒業した自衛隊員のことなのでしょうと思うんですけれども、この方を採用するに当たりまして、パンフレットなどをいただいてはおりますけれども、この人のポジションというんですかね。どのような位というか、課長さんですか。それとも何か。

田辺市議会 2014-09-16 平成26年 9月定例会(第4号 9月16日)

参加希望は80機関の5,000人で、陸・海・空自衛隊在日米軍海上保安庁和歌山県警察消防本部などとなっています。  以上が、今回予定されている訓練の大まかな粗筋です。この訓練に対して、6月議会で久保議員質問に対して、以下の点について答弁がありました。訓練の主な目的は、連携である。指揮命令権はそれぞれの機関にある。台風12号時連携はうまくいった。自衛隊、米軍は、日本航空法に抵触しない。

田辺市議会 2014-06-26 平成26年 6月定例会(第2号 6月26日)

(3番 久保浩二君 登壇) ○3番(久保浩二君)    東日本大震災では、自衛隊も大変活躍していただいたとなっているのですが、情報収集など今回の訓練でもその必要性を言われているのですが、災害対策本部が集める情報収集と自衛隊が集める情報収集がうまくリンクしていなかったという報告があるのですが、自衛隊自衛隊で収集したものをなかなか災害対策本部との協力ができなかったと言われているのですが、その辺について

田辺市議会 2013-12-20 平成25年12月定例会(第5号12月20日)

特定秘密の対象は、「防衛」、「外交」、「特定有害活動の防止」、「テロ活動の防止」の4分野としていますが、例えば、防衛では、自衛隊の運用から装備、施設などあらゆる事項が対象とされており、限定されたなどと言えるものではありません。最も重大なことは、特定秘密を指定する決定権が行政機関の長に委ねられていることです。

新宮市議会 2012-07-04 平成24年  6月 定例会-07月04日−08号

新宮市は、災害後、自衛隊警察、県の応援を受け、また多数のボランティアの方々の御支援をいただき、復旧に全力を傾注してまいりました。しかしながら、災害発生から9カ月を経過した現在においても、仮設住宅などで不自由な生活や、みずからの住宅を再建するにもめどが立たない方々もおられます。さらに、復旧・復興には時間と多額の経費が必要とされます。

新宮市議会 2012-03-28 平成24年  3月 定例会-03月28日−07号

新宮市は、災害後、自衛隊警察・県等の応援を受け、また多くのボランティアの方々の御支援をいただき、復旧に全力を傾注してまいりました。しかし、災害発生から半年が経過している現在においても、仮設住宅などで不自由な生活を余儀なくされている方が多数おられます。さらに、復旧・復興に向けては多くの時間と多大な経費がかかります。  

田辺市議会 2011-12-12 平成23年12月定例会(第5号12月12日)

田辺市においては、今回の災害復旧には市長を初めとする市役所全体が、人員の配置や作業効率を向上すべくさまざまな取り組みが行われ、また自衛隊や県、関西広域連合への要請により、迅速に復旧作業が進んだことにつきましては、市長並びに市職員の皆様、各機関職員の皆様、大変御苦労さまでございました。  また、民間の土木業を初め、各企業の皆様の御尽力には大変感謝を申し上げます。

田辺市議会 2011-12-09 平成23年12月定例会(第4号12月 9日)

捜査については被災後、自衛隊警察消防関係の皆様には連日捜索可能な場所を懸命に作業を続けていただきました。本当にお礼を申し上げたいと思います。しかし、この地域への立ち入りが制限されている状況もありましたので、あと一人の方が不明のままです。一刻も早く発見できますことをお祈りしたいと思います。  今回、この災害を受けて、その対応についてお伺いをしたいと思います。

田辺市議会 2011-09-29 平成23年 9月定例会(第3号 9月29日)

そういった中で、本市においても、国・県と連携を図りながら、自衛隊等関係機関協力を得て、早期の復旧に向け全力を掲げて取り組んできたところであるが、今回の災害は、一つの台風による被害としては、県内では過去に類を見ない規模のものであることから、復旧に際して膨大な経費と労力が必要であり、また、被災された多くの住民への支援も不可欠である。