367件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号12月11日)

しかしながら、この緊急的な運行ルート設定後も秋津川地区は路線バスの運休区間となっておりましたことから、同地域の皆様の通院、通学、買い物等の交通不便状況を解消するために、近畿運輸局和歌山運輸支局、運行会社である龍神自動車株式会社等、関係機関と協議を行い、本年9月20日から伏菟野地区を経由し、秋津川地区を通るルートの運行を開始しております。           

田辺市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1号11月28日)

次に、2ページ、2件目の内容といたしましては、令和元年9月17日午後2時40分ごろ、Bさんが軽乗用自動車を運転し、龍神村殿原1095番地の15地先の市道殿原小森線を走行中、側溝のグレーチングがはね上がり、当該車両の右側ドアが損傷したもので、この損害に対する賠償金として、本市が10万3,496円を相手方に支払うものです。  

田辺市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第3号 9月17日)

扇ヶ浜駐車場の料金につきましては、普通自動車で1時間まで無料、1時間を超え、1時間を増すごとに100円となっています。扇ヶ浜海水浴場に来訪されたお客様を対象としたアンケート調査におきましても、海水浴場に近くて便利なこともあり、多くの方が駐車場に対する満足度が高いと回答されています。

高野町議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会 (第1号 9月 3日)

また、消防団消防ポンプ自動車CD−1型の更新事業でございます。昭和62年に配備されて32年が経過したということで、消防団1分団2部にポンプ自動車を更新するものでございます。9月27日に納車式を挙行したいというふうに考えておるところでございますので、議員の先生方もどうぞよろしくお願いしたいと思います。  

田辺市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4号 6月27日)

周辺道路状況においては、主要地方道田辺白浜線と一般県道文里湾線が交差する橋谷交差点付近において、朝夕のラッシュ時には慢性的な渋滞が発生しており、平成27年7月の紀勢自動車道の南進により一定の緩和がなされたものの、根本的な解決に至っていないのが現状で、この道路が整備された際には、主要地方道田辺白浜線、一般県道文里港線におけるラッシュ時渋滞の緩和が期待されます。  

田辺市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号 6月25日)

解析結果から、上流域の万呂コミュニティセンター付近では、一部の箇所で1センチから5センチの浸水が発生、また、中流域の中万呂自動車教習所西側付近では須佐神社裏で20センチから40センチの浸水が発生。さらには、下流域の須佐神社西側地区で40センチから60センチの浸水箇所が発生するとの調査報告がなされております。  以上でございます。           

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

続きまして、軽自動車税についてです。  グリーン化特例(軽課)の見直しです。自家用乗用車に係るグリーン化特例(軽課)ですが、軽課の対象を電気自動車に限定するもので、現行制度を2年延長した上で、令和3年4月1日以後に初回新規登録を受けた自家用乗用車から適用されることとなっております。  次に、環境性能割の税率の見直しでございます。

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

あと、消防力の強化、この辺は消防の機材、また消防自動車の更新、こういったものが予算に組まれております。  また、最後に申し上げたいのが、長年議論されてきた広域での最終処分場の整備に向けた工事が本格的に始まるとしています。これは本当に地元の住民の方々、また、地権者の協力、担当職員のたゆまぬ努力のたまものであるというふうに思います。大変大きな事業がスタートしようとしております。  

高野町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 (第3号 3月12日)

そして、何かこういう自動車免許証のようなものがあって、身分を証明されておられるんでしょうか。 ○議長(大西正人) 松本生活環境課長。 ○生活環境課長松本嘉文) 生活環境課におきましては、水道技術管理者10年以上経験ということで、私1名が任命されております。それは辞令でいただいているだけでございまして、身分を証明するようなものはつくってございません。  以上です。

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

カード導入支援事業費1,073万1,000円、県内初の事業であります高齢運転者サポカー購入補助事業費100万円、避難所へのソーラー照明整備事業費100万円、ウッドスタート宣言、ウッドスタート事業関連事業費401万7,000円、森林所有者意向調査事業費314万6,000円、間伐材搬出支援事業費200万円、ブロック塀除去・改修補助事業費1,200万円、高野山地区街並環境整備事業費600万円、消防団ポンプ自動車購入

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

まず、1件目の内容といたしましては、平成30年10月10日午前9時5分ごろ、本市龍神行政局住民福祉職員水道業務に向かうため、龍神村殿原560番地の1地先の国道371号に軽貨物自動車停車し、後進させたところ、停車していた龍神村東199番地、有限会社龍神環境所有の軽貨物自動車に接触し、当該車両の左前部を損傷させたもので、この損害に対する賠償金として、本市が12万5,262円を相手方に支払うものです

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

また、芳養町の阪和自動車道をまたぐ阿阪跨高速道路橋については、平成25年度に組織されました和歌山県高速道路をまたぐ橋梁の維持管理に関する連絡協議会により、5年に1度の点検を行うこととされており、平成27年度に専門の機関委託して調査したところであります。           (農林水産部長 那須久男君 降壇) ○議長小川浩樹君)    福榮浩義君。             

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

全国には太陽光発電設備と蓄電池、あるいは発電機等のみならず自動車販売会社だったりバッテリー会社等の企業災害発生時に避難所電力を電気自動車から供給する、あるいはバッテリー電力供給するといった電力供給協定書を交わしている自治体もあるようです。さまざまな先進地事例も踏まえながら電源の確保に向けた取り組みを今後も進めていただきたいというふうに思いますのでよろしくお願いします。  

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

まず、1件目の内容といたしましては、平成30年7月31日午前8時ごろ、Aさんが軽乗用自動車を運転し、高雄二丁目1202番地の1地先の駐車場駐車するため後進したところ、市道側溝のグレーチングがはね上がり、当該車両の左前部が損傷したもので、この損害に対する賠償金として本市が6万2,040円を相手方に支払うものです。  

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

しかし、例えるところの自動車である行政にかかわっていると、ついついその歩行者であった思いを忘れてしまいそうになります。歩行者だったときには、ドライバーを規制しなければと思っていたのに、議員になるとついついドライバーの視点から歩行者を見てしまい、歩行者をガードレールの中に押し込め、いかに自動車がスムーズに走れるかが大切なことだと勘違いするようになってしまいます。