230件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

議案第43号は、耐震補強及び改修工事を実施する庁舎別館(旧仮庁舎)会議室について、地方自治法第238条の4第7項の規定に基づき、市の事務に支障のない範囲で市民等への貸し出しを行うに当たり、必要な事項を定めるものです。  議案第44号は、庁舎建設事業の完了に伴い、新宮市庁舎建設基金条例を廃止するものです。  

印南町議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号

改修については、和歌山県観光施設整備補助金を活用し、駅舎の耐震補強、それと併せて観光PRを行う展示室等の整備を図ったところでございます。  議員が提案されている駅舎へのエアコン設置を判断する場合、考慮すべきデータとしては、駅の利用者数がございます。平成28年度の印南駅の利用者数につきましては、1日平均175人となってございます。

高野町議会 2018-05-17 平成30年第1回臨時会 (第1号 5月17日)

防災関係は先ほど室長が説明した内容だと思いますが、言われるように、家具固定補助金とか、あとは耐震補強ですよね。そういったところがなかなか伝わっていないというところは町としての反省点かなというふうにも思っております。

海南市議会 2018-03-02 平成30年  2月 定例会-03月02日−05号

かなりの金額が出ていましたので説明書を見ますと、駅前改良住宅2号棟の耐震補強、そして外壁の改修工事ということになっておりますが、この2号棟の入居率はどのようになっているのか教えていただきたいと思います。  また、団地タイプの阪井団地、春日団地、七山団地、田津原団地、そして駅前改良住宅1号棟、2号棟は築何年ぐらいたっているのか。  

海南市議会 2018-03-01 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号

冷水地区においては、内海小学校冷水分校を津波の避難所として指定をしておりましたが、本年度実施されました耐震診断の結果、耐震性が満たされていないこと、また耐震補強についても施設の老朽化等により難しいという内容であったことから、冷水地区連合自治会より、1日も早い避難所の整備に関する要望書が提出されました。  

海南市議会 2018-02-22 平成30年  2月 定例会-02月22日−01号

「学校教育の充実」では、小学校校舎等耐震補強事業に1,500余万円、各小学校・幼稚園の遊具補修事業に900余万円など、計上しています。  そのほか、「文化の振興」では、(仮称)市民交流施設建設事業に7億4,500余万円、琴ノ浦温山荘保存整備事業に1,000余万円、「スポーツの振興」では、東部テニスコート及び下津テニスコートの整備に1,800余万円など、計上しています。  

田辺市議会 2017-09-28 平成29年 9月定例会(第5号 9月28日)

庁舎整備検討委員会のときには、現地での建てかえ、耐震補強、高台への移転等についてはアンケートをとり、市民の意見を取り入れていますが、この時点では場所についての意見は聞いておりません。市民との協働をうたいながら、この間、独断専行で候補地を決定したという経過については認めがたいという思いがあります。  

田辺市議会 2017-09-19 平成29年 9月定例会(第4号 9月19日)

現在、学校施設における児童生徒の安心・安全面を最優先に考え、校舎等の耐震補強や老朽校舎の改築、体育館の吊り天井等、非構造部材耐震対策等に取り組んでいるところでございまして、普通教室等のエアコン整備につきましては、事業化ができていない状況でございますが、議員御指摘のとおリ、学習環境改善の必要性や整備に伴う学習面への効果等の観点からも早期に整備計画を構築し、事業に結びつけられるよう関係部局と協議、検討を

新宮市議会 2017-03-29 平成29年  3月 定例会-03月29日−09号

また、委員中より「盲人会館整備調査業務」について詳細説明を求めたところ、当局より「本施設については、以前にも老朽化に伴う建てかえ工事の設計を行いましたが、建設費用が高額となったため、今回は建物の規模を縮小しての設計及び改修や耐震補強とした設計の2通りを行った上で、今後の方針を検討していきたいと考えます」との説明がありました。  

印南町議会 2017-03-15 平成29年  3月 定例会-03月15日−03号

それと、あと、97ページの9目の防災諸費で19節にかかわる耐震診断、耐震補強のところなんですけれども、これは、毎年実施計画はあるんですけれども、大きく前進をするという状況にはなかなかなっていないんですけれども、今回304万円のマイナス補正の計上となっていますけれども、診断と補強工事と含めて、平成28年度は、そもそもどのぐらいの計画で、実績がどうであって、マイナス304万円になったのかということです。

田辺市議会 2017-02-28 平成29年 3月定例会(第2号 2月28日)

第1項第1目、配水設備改良費3億2,507万7,000円は、職員3名分の人件費のほか、国道及び県道の新設に伴う配水管の布設等に係る費用や年次的に実施しております老朽配水管を耐震性の高い管へ更新するための費用、それから西部配水池の送水側への緊急遮断弁の設置や中部配水池の耐震補強工事実施設計にかかる費用であります。  

和歌山市議会 2016-12-14 平成28年 12月 定例会-12月14日−06号

この点、施設の耐震補強工事は、設備等の長寿命化事業と整合性を保ちながら実施しなければならないことから、その工事に時間を要することは一定理解するも、かかる施設の重要性を鑑み、的確に対処されたいとの要望がありました。  また、委員から、先般の集中豪雨の際、ポンプ場自体が浸水し、施設の機能が麻痺する事態に陥ったと聞き及ぶ。

和歌山市議会 2016-09-15 平成28年  9月 定例会-09月15日−06号

こども総合支援センター施設は、平成24年度実施の耐震診断の結果、耐震補強工事が必要であるとされました。  伏虎義務教育学校設置に伴い廃校となる本町小学校校舎は、耐震基準を満たした施設であることから、廃校後の施設の有効活用として、現在、計画中の本町幼保連携型認定こども園とともに利活用する計画としておりました。 ○議長(野嶋広子君) 平田福祉局長。  

高野町議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第2号 9月12日)

耐震補強もなされ、一見安全なように見えます。しかし、これ設計図面の断面を見ますと、5メートルの谷を埋めて造成されたようで、建物の両端は地盤に基礎がかかっておりますが、その他はくいで施工されています。  以前、トイレの改修を行った業者さんによりますと、廊下の床スラブを切り取りした際、地盤との間に20センチから30センチのすき間が確認されております。

高野町議会 2016-06-28 平成28年第2回定例会(第3号 6月28日)

それから、補強、要するに耐震補強ですね。他の施設への用途変更などが考えられますが、いろいろ今課長もおっしゃったように、小中一貫関係のこともあって悩まれているようですが、それにつきましてお答えいただけたらありがたいと思います。 ○議長(所 順子) 下総務課長。 ○総務課長(下 勝己) ただいまの質問について御説明させていただきます。