4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2012-12-21 平成24年12月定例会(第5号12月21日)

もう一つ2009年度の捻木の森造成事業、これは紀南ユネスコ協会補助金は200万円、2010年度の紀南病院10号法面-B樹林化事業、これも紀南ユネスコ協会補助金は140万円、2011年度の紀南病院号法面樹林化事業紀南病院植樹祭実行委員会補助金は605万6,387円。以上の4件の告訴で残りの13件についても検討するということです。  

田辺市議会 2012-12-03 平成24年12月定例会(第1号12月 3日)

本件については、事務的なかかわりを持つ教育委員会紀南ユネスコ協会に対し、適正な管理執行がなされていたかを焦点に、当局の説明を聴取し、慎重に調査をいたしました。  以下、調査の経過並びに質疑の主な内容については次のとおりであります。  1、紀南ユネスコ協会教育委員会かかわりについて。  

田辺市議会 2004-12-13 平成16年12月定例会(第3号12月13日)

ところで、私は、今年の7月、宮田議員からお誘いをいただいて、紀南ユネスコ協会事業へ参加して、韓国海南郡を訪問してきました。ユネスコは、世界遺産運動でもご存じのように、国連の教育科学文化機関で、世界の人々が教育科学文化交流、協力を通じて、国際平和と人類の福祉向上のために、それを目的に創設された機関で、協会は、あくまでも民間の組織で、官民一体となった活動を繰り広げております。  

田辺市議会 2001-12-14 平成13年12月定例会(第4号12月14日)

そうした中にありまして、民間レベルでの国際交流につきましては、田辺高校のアメリカ・サクラメント市のミラ・ロマ高校との姉妹校提携紀南ユネスコ協会韓国海南郡やインドネシア・ロンボク島の子供たちとの絵画を通じた交流など、ワイオン市に限らず様々な国と国との積極的な交流が行われている状況でございまして、田辺市の国際化への取組は一定の効果が現れてきていると、このように私どもは考えているところでございます。

  • 1