70件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2014-09-24 09月24日-03号

以前は、紀の川大堰建設用の工事用道路だったと思いますが、それを自転車道変更したと聞いています。河川敷なら自動車が通行しないので、サイクリングロードとしては最適です。 このサイクリングのイベント全国各地で開催されています。先週の19日付の産経新聞和歌山版にも「あすからユニークイベント」の見出しの記事が掲載されていました。

和歌山市議会 2011-03-08 03月08日-08号

しかし、平成18年2月県議会の議決に基づき紀の川大堰建設に関する基本計画変更され、事業規模が縮小されたことにより、水位低下及び内水被害軽減効果が減少することから、当初計画に見込まれた治水効果が得られるよう和歌山市議会の後押しをいただき、国と県に強く申し入れ、直川地区にかかわる確認書、地元との協議確認書、新六箇井堰撤去についての確認書の3件の確認書の締結が行われ、内水被害軽減について、紀の川大堰

和歌山市議会 2009-03-10 03月10日-08号

北東部に目を向けますと、和歌山北インターチェンジを核とした直川用地利用計画が打ち出され、紀の川大堰建設事業などがございます。事業による治水効果もあり、現在、公共複合施設建設が予定され、直川利用地企業誘致区画として活用すべく、市が中心となり、国、県、地域住民方々にも参画していただき、新しいまちづくりの取り組みがなされております。 

和歌山市議会 2008-12-22 12月22日-08号

次に、河川総務費中、直川地区排水施設設置負担金1億70万円の補正について、これは、平成18年2月の紀の川大堰建設に関する基本計画計画変更に伴い、紀の川本川河床掘削規模が小さくなったことにより内水排除効果が減少することから、当初の治水効果確保するため、直川地区高川下流に、国施工により毎秒8.5トンの排水ポンプ施設を設置することに対し、県、市が応分の負担をするものであります。 

和歌山市議会 2008-03-04 03月04日-04号

次に、紀の川大堰建設事業及び土地開発公社所有直川用地利用計画進捗状況についてお聞きいたします。 紀の川大堰建設目的については、既存の新六箇井堰撤去し、洪水時の安全な流下確保する治水面既得用水安定取水確保等利水面、また、河川環境保全等、諸目的を達成するために建設されたものであります。本市としても、直川地区等内水被害軽減に多大な期待を寄せるところであります。 

和歌山市議会 2007-06-29 06月29日-06号

紀の川大堰事業変更に伴って、将来に積み残す課題となりました毎秒1万2,000トンの流下量確保するための河道掘削と新六箇井堰の全撤去につきましては、紀の川水系河川整備基本方針に毎秒1万2,000立方メートルの河道確保が明記されていることと、新六箇井堰撤去についての確認書を県と締結していること、さらに和歌山市議会平成18年6月15日に紀の川大堰建設計画に関する決議が行われていることを、市として

和歌山市議会 2006-09-19 09月19日-05号

しかしながら、今回、紀の川大堰建設事業治水効果や国・県・市及び住民により協議が行われている総合内水対策に期待するとともに、総務省土地開発公社経営健全化対策による支援措置や、和歌山北インターチェンジ構想による交通機能等向上も期待されるなど、当該用地利活用を図る上で絶好の機会となってきています。 

和歌山市議会 2006-09-13 09月13日-02号

さらに、直川用地企業誘致区画につきましては、誘致状況財政状況及び紀の川大堰建設事業進捗及び治水効果を踏まえ、また見きわめながら、平成22年度末までを目標として、まず東側企業誘致区画土地開発公社から用地を順次取得してまいります。また、その後、東側企業誘致区画状況を見ながら西側の企業誘致区画を買い戻してまいります。 なお、各事業事業費につきましては現時点のものでございます。 

和歌山市議会 2006-06-15 06月15日-02号

次に、平成18年6月15日付、議長を除く41人の諸君から、紀の川大堰建設計画に関する決議案が提出されました。発議第1号として、お手元に配付いたしております。 以上でございます。          --------------- △日程第1 会議録署名議員指名議長貴志啓一君) 日程第1、会議録署名議員指名を行います。 

和歌山市議会 2006-03-09 03月09日-08号

しかし、この議案第102号という県議会へ出されております紀の川大堰建設に関する基本計画変更についてというのは、これ以外に大きな問題を含んでおります。それは、中に含んでいる問題は和歌山市民の命と生活の問題。だから、非常に我々に関係の深いことなんです。 そこで、少々時間をいただいて、この2つの中身の問題点について述べさせていただきたいと思います。ひとつよろしくお願いをします。 

和歌山市議会 2006-03-07 03月07日-06号

ところがびっくりびっくり、この2月県議会に提出されている紀の川大堰建設に関する基本計画変更についてという、県議会に提出されておる議案第102号が、これをそのまま採択をされますと、和歌山市にとりましては大変な問題を含んでいる、こういう議案が出ているということに本日初めて接したわけであります。恐らくここに座られておる皆さんにとりましても初耳だということだったと思います。 

和歌山市議会 2005-06-29 06月29日-03号

紀の川大堰建設事業の完成後は、その治水効果を見きわめた上で対応していきたいと考えてございます。 次に、地域合意形成及びアンケートについてでございますが、今後、連合自治会等地域方々と十分に協議していくとともに、用地利用に関するアンケートを行い、御意見や御要望をいただき、可能な範囲内で反映していきたいと考えてございます。 以上でございます。 ○副議長メ木佳明君) 29番。