10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会 (第3号 6月26日)

第2条第1項に次の1号を加える  (5)精神保健及び精神障害福祉に関する法律昭和25年法律第123号)第45条の規定による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者で、障害の程度が1級に該当するもの。  第2条第3項中「療養費、訪問看護療養費、家族療養費、療養費、保険外併用療養費及び特別療養費をいう。」

印南町議会 2013-03-14 平成25年  3月 定例会-03月14日−04号

特に、51ページのアの(イ)では、精神障害者の方のことについて条文が触れられておりますけれども、ここでは「精神保健及び精神障害福祉に関する法律施行令第6条第3項に規定する1級又は2級に該当する」ものというふうに改正条文ではなっています。改正前の現行の今の町営住宅の管理条例では、ここの部分は、ちょっと条文のニュアンスが違うんですけれども、こんなに書いています。

田辺市議会 2005-03-02 平成17年 3月定例会(第1号 3月 2日)

扶助費の精神障害医療費につきましては、精神保健及び精神障害福祉に関する法律第32条に認定された通院患者医療費の自己負担分を助成するものであります。  続きまして、75ページから76ページの予防費1,281万円につきましては、主に予防接種及び老人保健事業等に係る賃金医師等への報償費予防接種ワクチン代などの需用費を計上いたしております。  

田辺市議会 2004-03-03 平成16年 3月定例会(第1号 3月 3日)

扶助費の精神障害医療費につきましては、精神保健及び精神障害福祉に関する法律第32条に認定された通院患者医療費の自己負担分を助成するものであります。  続きまして、108ぺージの予防費1億7,145万5,000円につきましては、主に予防接種及び老人保健事業等に係る賃金医師等への報償費健康カレンダーの印刷や予防接種ワクチン代などの需用費を計上いたしております。  

田辺市議会 2003-03-03 平成15年 3月定例会(第1号 3月 3日)

扶助費の精神障害医療費につきましては、精神保健及び精神障害福祉に関する法律第32条に認定された通院患者医療費の自己負担分を助成するものであります。  続きまして、104ぺージの予防費1億7,042万2,000円につきましては、主に予防接種及び老人保健事業等に係る賃金医師等への報償費健康カレンダーの印刷や予防接種ワクチン代などの需用費を計上いたしております。  

田辺市議会 2002-03-04 平成14年 3月定例会(第1号 3月 4日)

扶助費の精神障害医療費につきましては、精神保健及び精神障害福祉に関する法律第32条に認定された通院患者医療費の自己負担分を助成するものであります。  続きまして、104ぺージの予防費1億6,579万5,000円につきましては、主に予防接種及び老人保健事業等に係る賃金医師等への報償費健康カレンダーの印刷や予防接種ワクチン代などの需用費を計上いたしております。  

田辺市議会 2001-03-02 平成13年 3月定例会(第1号 3月 2日)

扶助費の精神障害医療費につきましては、精神保健及び精神障害福祉に関する法律第32条に認定された通院患者医療費の自己負担分を助成するものであります。  続きまして、109ぺージの予防費1億3,253万3,000円につきましては、主に予防接種や老人保健事業等に係る賃金医師等への報償費健康カレンダーの印刷費や予防接種ワクチン代などの需用費を計上いたしております。  

田辺市議会 1998-03-03 平成10年 3月定例会(第1号 3月 3日)

扶助費の精神障害医療費につきましては、精神保健及び精神障害福祉に関する法律第32条に認定された通院患者医療費の一部を助成するものであります。  続きまして、予防費1億3,471万1,000円につきまして、主な歳出は、基本健診をはじめとする各種健診の健康検査委託料と予防接種医療機関への委託料となっています。

田辺市議会 1996-03-04 平成 8年 3月定例会(第1号 3月 4日)

また、平成5年12月に障害者基本法成立して、精神障害者が障害者として明確に位置付けられたことを契機に、精神保健法精神保健及び精神障害福祉に関する法律に改められまして、手帳制度が創設されたことに伴い、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方で、障害等級が1級の方及び20歳未満で、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方を支給対象に加えるものでございます。  

  • 1