212件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

保育士免許を取得している者、看護免許、または医師、各事業所の形態により変わってきますので、そのところは必要最低限研修を終えた者、一番軽いのが研修を終えた者になります。ただ、代表の方は保育資格を持っている人というのが議員質問の者に当たろうかと思います。  以上です。 ○議長(大西正人) 10番、﨑山君。 ○10番(﨑山文雄) ちょっと十分理解できないんですけど、申しわけありません。

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

保健福祉部長 虎伏 務君 登壇) ○保健福祉部長(虎伏 務君)    病児・病後児保育事業につきましては、医療体制の確保が必要であることから医師看護が必要になると考えております。  また、病児・病後児保育事業を単体で実施することは、経営面で現実的ではなく、やはり医院への併設という手法にならざるを得ないのが実情です。  

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

次に、議案第59号 平成31年度田辺市一般会計予算の所管部分のうち、老人福祉費の地域医療介護総合確保事業施設等整備費補助金にかかわって、施設整備の概要について説明を求めたのに対し、「利用者が自宅において可能な限り日常生活が送れることを目的に、デイサービスを中心とし、ヘルパーによる自宅への訪問や看護による訪問看護に加えて、必要に応じて宿泊を可能とする看護小規模多機能型居宅介護施設の整備等に対し、補助

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

総務管理費の一般管理費1,682万5,000円は、診療所勤務臨時職員看護賃金及び医師の出張診療委託料等を計上しております。連合会負担金6万6,000円は県国保診療施設連絡協議会負担金でございます。  40ページから41ページの医業費699万円は、医療用消耗器材費、薬品代及び各種検査手数料等でございます。  施設整備費98万円は、診療所施設修繕料が主な費用でございます。  

海南市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号

一方、スタッフ体制につきましては、本園には保育教諭保育補助員、看護、給食調理員、事務補助員など総員54人を配置しております。配置基準はもとより、できる限りきめ細かな保育が行えるよう増員配置に努めているところでございますが、全国的な保育士不足の中、延長保育時間を合わせて1日12時間の開所を必要とすることなどもあり、シフト体制を工夫しながら対応しているところです。

高野町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日)

しかし、その以前に、私20日近く入院しておりまして、私についてくれました看護学校の生徒、私につかせてあげてくれということでありましたので、私がついていただいて、そしてその間にいろいろその看護の人と毎日のように話し合い、コミュニケーションするわけです。そして、その薬をいただくにしてでも、このようにして飲んでください、説明を受ける。

田辺市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日)

先日私自身、特定検診を行う際に感じたことですが、待合室で、看護さんが患者さんに、今受診をしている医院はどちらですかと聞いていました。数カ所あるようでした。そしてその薬も幾つかあるようでした。しかし、これ全部言えているのかな、恥ずかしいから全部言ってないんじゃないかなとも感じました。

新宮市議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会-12月15日−05号

その看護は12時退勤です、12時になったら。しかし、12時超えても1時半までやっていた。看護さん大変ですねと、時間外でもつけてくださいと言ったら、看護は何て言ったか。私らは人の命を助ける立場ですから、事務的じゃありません。そんなことはできません。次の来る人と一緒になって、その人の命を助けるために、1時間でも私は働きますと。その声がもう心にしみています。

海南市議会 2017-09-20 平成29年  9月 定例会-09月20日−07号

それともう一つ、私が議員になって4年目なんですけれども、議員になってからずっと病院は赤字を抱えていまして、そのころの答弁ぼんやり聞いている中でも、いつも医師が不足ということで、医師がふえたら黒字になりますというような感じで受け取っていたんですけれども、医師看護もふえているんですけれど、なぜまだ赤字続きなのか、まずは、ちょっとわかるように説明お願いします。

海南市議会 2017-03-16 平成29年  2月 定例会-03月16日−06号

続いて、委員から、医師看護、検査技師などのスタッフの増員は必要ないのかとの質疑があり、当局から、現在のところ、当院に在籍しているスタッフでスタートするので、今回の条例改正に伴う増員はない。平成27年度から当院に派遣されている病理医で対応する。なお、人員や設備の充実の問題があり、複雑な検査等については、医大の設備を借りて診断を行う。

高野町議会 2017-03-10 平成29年第1回定例会(第3号 3月10日)

大学大学院を卒業して、医師になったとか、医療技師になったとか、あるいは看護になったとかいうことであれば、高野町へ帰ってきてすぐにでも就職が可能であります。しかし、高野山に帰ってきたんやけども、高野山で働くとこがなければ下で働かなしゃあないというような場合は、奨学金の状況というのはどないなるんでしょうか。これをちょっとお聞きしたいと思います。  

高野町議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2号 3月 8日)

それと、当診療所の院内会議等でも協議というか、案を出し合って相談している中で、医師看護等の確実な確保ができたら、シフト制、大体救急搬送の、昼間以外の救急搬送の多い時間帯、午後6時から9時ぐらいの急患対応、医師1名、看護1名でできないかなという協議を始めているところでもございます。  以上でございます。 ○議長(所 順子) 大西君。

高野町議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第1号 3月 2日)

地域医療従事者育成という観点から、高野山総合診療所等で働く看護、また役場等で働く保健師に対しての奨学金制度というのも拡充してまいりたいというふうに思っております。  医療福祉の連携を言いますと、訪問看護の充実、そして平成29年度より、先ほど申しました高野山総合診療所に通所リハビリ機能を開設いたしました。  続いて、安全、安心な防災のために、まず防災危機対策室を設置して、活発に動いております。