226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2020-12-16 令和 2年第7回定例会(第6号12月16日)

しかし、市民が選んだとしても、選んだ議員に市の全ての施策について白紙委任したというようなことは決してございません。議員さん方にしても選んだ市民に対し、例えば、新庁舎整備計画について、選ばれた議員であるわしらが賛成しているのだからつべこべ言わずに従えということも決して言わないでしょう。もし言われるとするならば、選んだ市民に4年間議員の奴隷になれと言っているに等しいというほかありません。  

田辺市議会 2020-09-25 令和 2年第6回定例会(第6号 9月25日)

市民は、総額130億円にも及ぶこの大事業移転候補地の決定を白紙委任などしてはいません。議会議決を得たと言いますが、市民移転候補地是非を聞き、その判断を仰いでいないというのは厳然たる事実です。そうした独断専行の進め方に対し、市民方々自分たちの声を聞いてほしい、住民投票によって移転候補地是非を問うべきだと求めるのは当然のことです。  住民投票に要する経費は民主主義のコストです。

田辺市議会 2020-09-11 令和 2年第6回定例会(第2号 9月11日)

鹿児島県垂水市は、2012年に新庁舎建設庁内検討委員会を設置してから8年をかけて進めてきた新庁舎建設を今年8月9日に庁舎新築移転計画の賛否を問う住民投票を行い、反対が賛成を上回り、結果を受けて市長記者会見を開いて、計画白紙にし、庁舎建て替えの可否を含めて議論すると話し、6月定例会で可決した事業費は執行しないとなりました。

高野町議会 2020-09-07 令和 2年第3回定例会 (第2号 9月 7日)

そして、国から除外等されている宿坊旅館業者については6月議会では1億円が給付するということになっておりますが、白紙にしたと説明がありましたが、これはどのようになっているのかをまずお尋ねいたしたいと思います。  あとは自席で質問させていただきます。 ○議長大西正人) 茶原観光振興課長。 ○観光振興課長茶原敏輝) 今、議員さん御質問の件について説明をさせていただきます。  

新宮市議会 2020-06-16 06月16日-02号

だからこの間の一般質問田岡市長に、大学の入試の新制度がなぜ白紙撤回になったのか、見送られたのかと。あなたに聞いたら正解を言うの分かっているから市長に振ったんや。そしたら受験生が膨大やから。もうおちょくっとるのか、そうでしょう。採点公平性。択一式やったらマル・バツですから、正解、不正解が分かるが、筆記試験評価者価値観が入るんで評価がまばらになるんです。英語がそうでしょう。 

新宮市議会 2020-03-10 03月10日-04号

国語、数学の記述試験白紙撤回された。これはもう直前まで文科省が2020年から実施するってやって、大混乱の後に見送られたんや。教育長、あんたはもう分かったある。何で見送られたか一言だけ言うて。何で見送られたんですか。 ◎市長田岡実千年君)  私が認識しているのは、採点に膨大な労力がかかるため見送られたというふうに思っております。 ◆1番(大西強君)  な、教育長、ああいう答弁するでしょう。

和歌山市議会 2020-03-03 03月03日-04号

3、疑惑が指摘されている国会議員は、整備法の制定など制度設計に深く関与された方々であり、IRの誘致自体白紙撤回すべきではないでしょうか。 次に、水道行政についてお伺いします。 今年1月に漏水による大規模な断水計画が発表され、約8万人の市民皆様に影響を及ぼす事態となりました。結果として、断水は避けられましたが、広報の在り方や断水対策埋設管維持管理など、様々な課題も浮き彫りになりました。

和歌山市議会 2019-07-08 07月08日-04号

1、これまで、司書司書教諭、そしてボランティアが協力して、よりよい環境整備をしていくとの趣旨の御答弁がありましたが、現状ではその方向は白紙ということでしょうか。 2、学校との連携を見ながら検討するとのことですが、学校図書館活用に当たっては、学校が主体的に取り組むべきではないでしょうか。 3、図書館法などで示されている学校とのかかわりについては、どのようなものでしょうか。 

新宮市議会 2019-06-20 06月20日-04号

そして、白紙に戻してくださいという声もありました。さらに住民投票してもう一度市長に再考をお願いしたいとか。しかし、それはそれで、我々日本国、新宮市も民主主義がそんなけ浸透しているからいいんでしょう。当たり前です。独裁国家じゃないんです。だからこそ我々は市民から選ばれた選良と言われる議員です。議会制民主主義によって、多数決によって、文化複合施設建設に向けてのゴーサインを出したんです。 

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

住民信頼回復のために、住民の理解や納得を得られないまま進められている市役所移転白紙に戻すこと。これ以上不適切な会計事務を発生させないための抜本的な対策。移動に対して不安、不便を抱える住民のために一日も早く乗り合いタクシーの運行を行うことを求めて質問を終わります。ありがとうございました。             

新宮市議会 2018-12-13 12月13日-04号

◆9番(榎本鉄也君)  そういうお答えだというのは、大体わかっていたんですけれども、これから、議会質問としてはあるまじきかなというような、僕は思うんですけれども、ちょっときな臭いというか、話をさせていただくと、建設を一旦立ちどまれとか、白紙に戻せと言われる御意見も確かに特別委員会ではあるんです。松畑議員一般質問の中にも出てきましたけれども、本当に今、議会は割れているんです。

田辺市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会(第4号12月11日)

こんなに市民不信感のある中で、市民の声も聞かず、市民の不審を増幅させる庁舎移転武道館建設を強行するのではなく、市長みずからが言われたまちづくりの大切な機会と捉え、現在の計画白紙に戻し、市民に信を問うことから改めてまちづくり行政の再生に取り組まれるよう求めて質問を終わります。ありがとうございました。             

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

選挙で当選してしまったら任期中何をしてもいい、白紙委任というわけではありませんから、その時々の民意を反映することが必要だと思うのですが、では、田辺市ではどのように民意をくみ上げているのか、どのような手法によってその住民の意思や願いをくみ上げているのかお聞かせください。             (5番 川﨑五一君 降壇) ○議長(副議長 市橋宗行君)    企画部長。