536件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会(第6号 3月25日)

さらに委員から、98カ所のうち使用されていないため池の状況についてただしたのに対し、「全ての状況は把握できていないが、今後調査を行い、必要のないため池があれば、所有者及び地元町内等と協議しながら、廃止の手続を進めたい」との答弁がありました。  

新宮市議会 2020-03-10 03月10日-04号

そこで、新宮市においても、事前に災害ごみを集積できる場所を町内単位で確保していくといったことが必要ではないかなと。高齢者の方なんかはなかなか大きなものも運べませんし、町内の中でしたら近所の人も運んでもらえたりもすると思うんです。町内から候補地を挙げてもらい事前に交渉しておけば、いざというときにもスムーズに進むと思いますが、いかがでしょうか。

田辺市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第4号 3月10日)

本市には、田辺市防犯灯設置補助金の交付の制度があり、町内地域団体が設置する防犯灯の設置費に補助金が交付されます。また、その維持管理も防犯灯を設置した町内等の地域団体が行うことになっています。市民の皆様の安心・安全のため、毎年年間100灯の申請に応えられる予算が組まれています。  

新宮市議会 2020-03-04 03月04日-02号

順次、地元の町内からも、他の地元の町内の方からも、陳情等もありますので、適宜、この住居表示については行っていきたいというふうに考えております。 ◆15番(福田讓君)  ありがとうございます。 

新宮市議会 2020-03-03 03月03日-01号

そして、2月6日に町内の予防対策の回覧を行いました。そして、2月25日に市主催のイベント・会議等の開催についてということで判断基準を決定しております。そして、3月1日に、広報新宮において新型コロナウイルス感染症への対応についてということで配布させていただきました。また、保健センターにおいては、土日・祝日も当番で電話相談を受けておりますので、それもお知らせしておきます。 

高野町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会 (第3号12月13日)

ただ、最近は毎月2回、町内さんへお願いをしています配布物が非常に多いという御意見をいただいておりまして、できるだけ個別のチラシ等を発行せずに町の広報のほうに記事を載せていくということで、各課に指導、お願いをしているところです。そういうこともあって、ページ数がどうしても最近増えております。

新宮市議会 2019-12-11 12月11日-03号

開始したとき各町内大変でした。いろんな、このごみはええんや悪いんやら、ほってよいかということです。今、前田議長町内でやられているということで、本当に大変でした。その当時の運動員が大体年齢が50歳から60歳でした。今、14年たっています。もう65歳から74歳、そのうちもう亡くなられた方もおられます。だから、もう本当にこの担当課長も運営委員を探すの大変だと思うんです。

新宮市議会 2019-12-10 12月10日-02号

◎生活環境課長(稗田明君)  運営委員につきましては、現在415人の方に登録をしていただいておりますが、その内訳といたしまして、個人の方が63人、そしてグループ18団体で69人、そして地元の町内自治会51団体247人、シルバー人材センター36人となっております。年齢のほうも、平均年齢が72歳ということで高齢化しているというのは実情であります。 以上であります。

田辺市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号12月10日)

そうしたことから、我々といたしましても、市当局や関係町内と連携し、本道の早期の復旧に向けて国・県を初めとした関係各所へ要望活動等行ってまいりました。そうした中で、県から仮設道路建設する案が示され、9月の県議会でその予算が可決されました。仮設道路が通ることが決まり、どんな形であれ通れる道ができるという点で一定の安心感を得ることはできました。

高野町議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会 (第2号12月 9日)

それを各拠点、また各地区への配備、それから高野山の上については町内への貸し出しということで、除雪作業についてのサポートをしておるというところです。今年につきましても、既に高野山の上につきましては除雪機の配備、完了しております。あと残りの地域につきましても、順次、準備が整い次第、今年度中の配備をめどに完了させていきます。  この除雪機を活用しまして、まず地域でできることは地域でしていただくと。

田辺市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2号12月 9日)

町内自治会等では役員自主防災組織の方たちを中心にいざという災害時、実際住民の皆様が本当に避難をしてくれるかどうかというのは大変大きな悩みです。自治会にこの実際の避難の周知についてどのように啓発をしていくかについてお答えください。             (17番 小川浩樹君 降壇) ○議長(安達克典君)    危機管理局長。           

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

具体的には、安心、安全のためのハード事業としまして、まず所有者の同意を得て町内等が行う危険木の伐採と処分、あと同じく所有者の同意を得て町内等が行う景観または日照を阻害する樹木等の伐採と処分。倒れて危険な木ですとか、あと景観とか日照を阻害してるということで切りたいという木があれば、所有者の同意を得て町内さんがやっていただくことについて補助をしようという仕組みです。  

田辺市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第2号 9月13日)

昨年度は、6町内から申請があり、9台の防犯カメラが設置されました。これに伴う補助金は、当初予算400万円に対し、執行額は159万8,000円であります。執行額が当初見込みよりも少ない理由につきましては、地元町内等の費用負担が必要であることや、設置場所周辺でのプライバシーの問題が考えられます。  

新宮市議会 2019-09-11 09月11日-03号

さて、新宮市ではこれまで町内自治会民生委員の皆さんの協力を得て、避難行動要支援者支援制度の充実を図られています。この制度の内容と現在の策定状況はどのようになっていますか。 ◎健康福祉次長健康長寿課長(北畑直子君)  災害時の避難行動要支援者支援事業につきましては、健康長寿課のほうで担当させていただいております。 

高野町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会 (第2号 9月 9日)

質問事項として、人口減少による災害時の町内組織について。質問の要旨といたしまして、各町内の軒数、人数が減少し、高齢化、女性のひとり住まいが増えていく中で、災害時には不安を抱える人がたくさんいるものと考えています。少人数の町内では災害時の対応は混乱を強いられると思われます。町職員、各団体では人数に限りがあり、細部まで目が届かないのではないかと危惧します。