8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

新宮市議会 2018-09-14 09月14日-06号

既設の猿谷ダムと近く着工する風屋ダムと同年度着工予定されている北山川水系の各ダム建設で熊野川洪水はなくなったも同様、しかも各発電所の放水から発電所への送水はセーブ、平均化して行うと、かつ大雨量の場合は各ダム洪水調節を行うと。こんなことを言って同意を求めに来たわけですわ。反対しましたよ、これは機帆船組合との交渉だったんですけれども、反対してもそのとおりになったじゃないですか。 

新宮市議会 2015-12-10 12月10日-04号

それで、これ見られた方はおると思うんですけど、昭和32年8月15日の紀南新聞ダムができる前に機帆船組合というのを補償交渉の中で、今もう一回紹介しますと、既設の猿谷ダムと近く着工する風屋ダムと明年度着工を予定されている北山水系の各ダム建設で、熊野川洪水はなくなったも同様、しかも各発電所の放水は晴雨平均化して、かつ大雨量の場合は各ダム洪水調節を行う。こんなうそついてるんです。

新宮市議会 2015-03-12 03月12日-05号

そのために、猿谷ダムから風屋ダムへ、そして最後に二津野ダムに濃縮した汚濁水を椋呂発電所から排出する、これをやめてほしい。やめさせてほしいです。 椋呂発電所停止して二津野ダム砂防ダムに変えれば、問題は必ず解決します。そうすることによって本宮の河原が生き返る、濁水が濾過されて川にもとの清流がよみがえる、こういうことになるのは間違いありません。 

新宮市議会 2014-03-11 03月11日-04号

きのうも猿谷ダムのずっと僕思うとってんけど、猿谷ダムをとめて熊野川の水をとめて、あれを分水して、ほんで紀の川へ行って、紀の川奈良県のほうのところで使ってんのやけど。あの水どうしても熊野川の水やから、熊野川の流域で、水を売り買いで金もらういうのはできんらしいけど、事業もいっぱい今。確かにもうかる、金。これ猿谷できて、それは熊野川の水だ。

田辺市議会 2007-09-19 平成19年 9月定例会(第4号 9月19日)

猿谷ダムを含む三つのダムが、この断層帯から最も近く、震度6強のところに位置しており、また、風屋ダム、二津野ダム震度6弱のところに位置しております。  二津野ダムで観測をした過去最大の地震は2004年の東海道地震で、マグニチュード7.4であり、この地震で二津野ダムは何ら影響なかったと電源開発から説明を受けております。  

和歌山市議会 2004-12-09 12月09日-06号

しかし、今やっぱりこれをやっておかなければ、猿谷ダムなんかでも、いまだに分担金を払い続けておるでしょう。県が発電所は関電に売却するけれども、ダムは県で持つんやという方向になっておりますから、猿谷ダムの市の負担金なんかも、これから将来、あのダム存在し続ける限り持っていかなければならないわけですよ。そのほかのダムについても同じです。大滝はまた全然別の話ですけど。そういうふうなこともあるんです。 

和歌山市議会 1996-03-05 03月05日-04号

紀の川系では河状係数が 3,450と非常に大きい急流河川であり、水利用には過去、大迫ダム津風呂ダム猿谷ダムなどの上流ダム群が建設されていますが、水不足は大変深刻になってございます。 私は、議員に当選させていただいて約13年間になりますけれども、毎日紀の川堤防を通って、紀の川の新六箇井の水の状況を眺めながら通っているわけでございます。

  • 1