23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

海南市議会 2020-12-04 12月04日-03号

当院は和歌山県立医科大学附属病院などの災害拠点病院支援し補完する災害支援病院として位置づけられており、発災被害状況により異なりますが、通常時と同様、基本的には入院が必要な患者中心に周辺の病院関係機関連携しながらの対応となります。 こうした中で、初動時は、まずは院内の患者さん、職員等安全確認設備等確認、外部との連絡調整中心に、対策本部の設置や職員参集等も含めた対応となります。

田辺市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第4号 3月10日)

田辺圏域において、紀南病院南和歌山医療センターは、地域における中心的な医療機関として、紀南病院災害拠点病院、僻地医療拠点病院、周産期母子医療センター、第2種感染症指定病院などの機能を、南和歌山医療センターは、災害拠点病院、救命救急センター僻地医療拠点病院地域医療支援病院などの機能をそれぞれ有し、救急小児、周産期、災害などの特殊部門にかかわる医療僻地過疎地域における医療など、地域医療において

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

今回、大項目、総合的な防災取り組みについて、小項目として、企業の連携について、災害拠点病院について、防災活動福祉連携について、防災士の育成について、危機管理対策について、地区防災計画作成について、災害活動マニュアルについて、防災訓練について、一問一答で質問させていただきます。

新宮市議会 2018-12-13 12月13日-04号

次に、2の医療行政サービス病院経営という項目なんですが、医療センター急性期病床を軸にして新宮市、串本町から北山村まで東牟婁郡4町1村、さらには田辺市本宮町、三重県熊野市、南牟婁郡、奈良県十津川村も含む人口約12万人の医療対象者を受け持つ新宮医療圏拠点中心となる病院または災害拠点病院でもあります。 ここで医師看護師を初め医療技術関係者の皆さんには、日夜それぞれの現場で懸命に頑張られている。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

本市災害拠点病院である紀南病院南和歌山医療センターでは耐震性が確保され、自家発電装置貯水槽などの設備強化も図られていますが、民間の二次救急病院透析実施病院等においても同様の対策が必要であり、急務であるとも考えます。  さらに、津波浸水区域内に位置している医療機関においては、津波浸水時には機能不全となることが予測されることから、入院患者等受け入れ先の確保も必要となります。  

新宮市議会 2017-09-13 09月13日-03号

今後も災害拠点病院としまして、また新宮市の医療救護部としまして災害発生の際に的確な対応活動ができるよう、実のある訓練を重ね、災害発生に備えてまいりたいと考えております。 ◆4番(大石元則君)  起こってみないとわからない世界もありますが、普通に考えてみますと、ふだん入院患者の手当なり通院されている方の手当なり、それなりの仕事量があるかと思います。

海南市議会 2014-06-17 06月17日-02号

災害支援病院は、1、全ての患者災害拠点病院に集中するのを防ぐため被災地内のトリアージ拠点として被災者受け入れを行う。重症患者については災害拠点病院へ搬送する。2、圏域内における災害拠点病院へ搬送する。3、災害拠点病院医師派遣等支援を行うなどの役割がありますが、果たして海南医療センター災害支援病院役割を発揮できるでしょうか。

海南市議会 2011-09-14 09月14日-03号

市民病院は、和歌山医療圏における災害支援病院として指定されていることから、災害拠点病院である県立医大病院及び日赤和歌山医療センターでの医療救護活動を補完する役割を担っており、さらには海南市内における災害医療中心的な役割を果たすため、負傷者受け入れ救護所等への医師等スタッフ派遣など、海南地域防災計画に基づいた医療救護活動が求められる。

田辺市議会 2011-06-29 平成23年 6月定例会(第2号 6月29日)

1点目の紀南病院地域医療に果たす役割はにつきましては、紀南病院田辺市、白浜町、みなべ町、上富田町の1市3町による公立紀南病院組合が運営する自治体病院であり、紀南地域中核病院として22診療科、365床の病院として整備され、救急告示病院地域がん診療連携拠点病院地域周期母子医療センター和歌山災害拠点病院、僻地医療拠点病院、第2種感染症指定医療機関等に指定されており、地域医療の充実と地域完結型医療

海南市議会 2011-06-23 06月23日-04号

4点目の震災時の非常時に海南市の被災者に対する医療拠点として新市民病院に期待をしていると思うが、その点についてどう考えているのかとの御質問ですが、災害時の医療につきましては、和歌山保健医療計画において、医大日赤などの災害拠点病院災害拠点病院機能を補完する目的で県独自の制度といたしまして、海南市民病院など災害支援病院を指定し、災害時の医療対応する体制となっております。 

和歌山市議会 2007-09-13 09月13日-03号

規模地震等による有線回線の途絶やふくそう等通信回線の障害に備え、市の災害対策本部では、本市活動拠点を置く国土交通省近畿地方整備局和歌山河川国道事務所を初め日本赤十字社和歌山県支部、電気・ガス・鉄道等ライフライン関係機関放送関係機関災害拠点病院などの医療関係機関、また各地区の支所・連絡所相互通信が可能な防災行政無線を設置しているところでございます。 

海南市議会 2007-03-02 03月02日-01号

海南市は和歌山医療圏に属し、6万人の都市でありながら、基幹病院災害拠点病院、感染症対策拠点病院でないが、ぜひとも基幹病院的な役割を果たしていきたいと思っている。 海南市に存在する病院病床数は、療養病床を含め約380床であり、人口10万人当たりの全国平均が1,301床。海南市6万人の都市であれば、病床数として780床ぐらいが妥当である。海南市に存在する病床数は、その半分ぐらいである。

新宮市議会 2006-12-20 12月20日-02号

医療センター庶務課長丸山修市君)  医療センター免震構造の採用の経過とかコストの比較のことだと思うのですけれども、私直接その当時建設に携わってないわけですけれども、資料とかいろいろ見ている中で多分平成6年1月7日の阪神大震災が一つの大きな契機となりまして、災害拠点病院ということ、災害拠点病院になりますと当然耐震構造が前提であると、そういうことを受けまして、平成9年の病院建設内部検討委員会で提言

  • 1
  • 2