7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2016-09-15 平成28年 9月定例会(第2号 9月15日)

本宮では、私たちの会派も被災した家屋への片づけのボランティアに行きましたけれども、あの大きな熊野川が氾濫して、そして軒下いっぱいまで水が来たということが、本当に信じられませんでしたし、また、伏菟野地区では一番安心だと思われていた場所が深層崩壊によって、一瞬にして家屋が埋もれてしまいました。そしてさらには、まだまだ熊野地区や、滝尻では完全復旧とはいかず、まだ大きなつめ跡が残っていると思います。  

田辺市議会 2013-06-27 平成25年 6月定例会(第3号 6月27日)

伏菟野地区での深層崩壊の問題や、中芳養地区では川の氾濫が起こり、広い地域で被害が出ました。尾の崎地域の床上浸水や、万呂では、県道が崩落し、指定避難場所の万呂コミュニティーセンター付近や会津小学校付近も道路が冠水して、通行ができない状態になるなど、市内各地で浸水、冠水を起こしました。

田辺市議会 2013-03-13 平成25年 3月定例会(第5号 3月13日)

一昨年9月の12号台風で起きた深層崩壊などの問題で、一部の専門家の間では山林の管理が十分できていなかったための人災ではないかという声もあります。旧市内の長野地区や秋津川地区、上芳養地区などを訪問してお話を聞きますと、この地域は梅を主に生産されている農家の方が多いのですが、傾斜のきつい畑が放棄されているところがふえているとお話をされています。

田辺市議会 2012-12-12 平成24年12月定例会(第3号12月12日)

二つの地区とも大規模な深層崩壊に伴い行方不明者が発生した現場でありまして、伏菟野地区では雨が降り続き、現場の地面がずれ動いている中での活動でしたし、熊野地区では土砂ダム欠壊のおそれがあり、避難指示が出ている区域での活動でありましたので、いずれの現場でも早期救出と二次災害防止という両面を見据えながら難しい判断が求められました。  

田辺市議会 2011-12-12 平成23年12月定例会(第5号12月12日)

今回の台風12号災害で思うことは、田辺市内の本当に広範囲のところで、災害が出ているけれども、マスコミなどでは伏菟野の深層崩壊とか、熊野の土砂ダム湖とか、そういうセンセーショナルなところにばかり報道されて目がいって、ほかにもたくさん被害が出ているのにそのことが余り皆さんに知られていないということが私は問題だったのではないかと思っています。  

海南市議会 2011-03-03 平成23年  2月 定例会-03月03日−04号

また、最近、山が岩盤部分から大規模に崩れる深層崩壊による被害も目立ってきました。深層崩壊とは、厚さ50センチから2メートルの表土層が崩れる表層崩壊とは異なり、表土層の下の岩盤までが同時に崩れる現象で、大きな土砂の塊が崩れるためスピードが速く広範囲に土砂が流れるのが特徴であります。長年の風化などで岩盤がもろくなったところに豪雨や地震などが発生すれば、深層崩壊が起きる可能性があるといいます。  

  • 1