625件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

提案理由としまして、消費税法及び地方税法の一部改正が令和元年10月1日に施行され、消費税及び地方消費税の税率が引き上げられたことに伴い、この条例の一部を改正する必要があるためです。  めくっていただきまして、改め分です。  高野町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例。  高野町道路占用料徴収条例昭和63年条例第1号)の一部を次のように改正する。  

高野町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会 (第2号 9月 9日)

包括支援センターで行っておりますのは、簡単な運動、認知症予防、消費者被害の学習会等を実施いたしました。そして、神谷地区では生活リハビリとし、地域の食材を皆さんで寄り集め、食事をつくり、食に関する関心につなげる取り組みを実施しております。  また、理学療法士の訪問事業として月1回、各地域保健師とともに巡回し実施しております。

高野町議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会 (第1号 9月 3日)

○2番(松谷順功) 高野町水道事業剰余金の処分計算書なんでございますが、今回、水道代金は値上げする、もちろん消費税に影響するわけですが、これだけの剰余金がありながらという、その辺の関係を御説明いただきたいと思います。値上げとの関係ですね。その辺をお願いします。 ○議長(大西正人) 松本生活環境課長。 ○生活環境課長松本嘉文) 失礼いたします。  

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

こうした状況を、今私ども子育て世代というのは、国保でいいますと均等割、そして所得のうち消費の割合が多い消費税などの重い税や、それから、働かないと生活がなかなか厳しい、両親とも働いているという家庭も多いですし、またはひとり親家庭に限らず、家計を切り盛りするために仕事を二つ、三つかけ持っているという親も多いと思います。

高野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会 (第3号 6月26日)

本件は、10月1日に予定されている消費税及び地方消費税率の引き上げへの対応として、低所得者の保険介護保険料を軽減するものです。  また、納期については今まで細かく定めておりましたが、月末日として統一したことによる改正でございます。  以上です。よろしくお願いいたします。 ○議長(大西正人) これで提案理由の説明を終わります。  これから質疑を行います。質疑はありませんか。  2番、松谷君。

田辺市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号 6月25日)

しかしながら、まだまだ交流の歴史は浅く数年でございますので、これから月日、年月を重ねるごとに地域の機運の高まりとともにコミュニケーション力は上がっていくと思われますが、観光志向は団体ツアーからFITに、そして、ゴールデンルートから地方に、そしてローカルスポットへ地元住民とのかかわり合い、コト消費へと流れている次第でございます。

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

これは、消費税が10%に上がって、令和2年末までの間で消費税10%が適用される住宅取得等について、控除期間が3年延長されることとされたものです。  次に、個人住民税の非課税措置についてです。単身の児童扶養者を非課税措置の対象に加えるものです。これは児童扶養手当を受けている前年の合計所得金額が135万円以下であるひとり親に対する非課税措置となっております。これは令和3年度からの適用になります。  

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

10月から消費税を10%に引き上げることに伴う各条例改正並びに予算案について申し上げます。  そもそも消費税は低所得者ほど負担が大きくなることから問題視しております。10%への増税は以前から法律で定められたものの、政府は、増税実施は国の景気動向を見て判断するとのことで、これまで2度も延期されています。

高野町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会 (第5号 3月20日)

2目消費税及び地方消費税、本年度予定額550万円、1節550万円。4項予備費、本年度予定額1,396万8,000円、1目予備費、1,396万8,000円、1節1,396万8,000円。  資本収入及び支出  収入。  3款資本収入6項一般会計出資金、本年度予定額800万円、1目一般会計出資金、本年度予定額800万円、1節800万円。  次のページをお願いいたします。  

高野町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 (第4号 3月14日)

6款地方消費税交付金1項地方消費税交付金1目地方消費税交付金、8,700万円、1節8,700万円。  7款ゴルフ場利用税交付金1項ゴルフ場利用税交付金1目ゴルフ場利用税交付金、270万円、1節270万円。  8款自動車取得税交付金1項自動車取得税交付金1目自動車取得税交付金、570万円、1節570万円。  

高野町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 (第3号 3月12日)

雑入で消費税還付金302万6,000円のこの説明と、歳出のところで公課費、総務費の中の27節公課費の消費税マイナス250万1,000円。この2点について御説明いただきたいと思います。  また、現在消費税を幾らでやっているのかというのがちょっと不明確なので、消費税がまた変わるところでもありますし、その辺のところの御説明もあわせてお願いいたします。 ○議長(大西正人) 松本生活環境課長

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

2点目は、来年度10月からの消費税増税に伴うプレミアム付商品券事業です。この事業は増税によって消費が落ち込むことへの対策が口実です。平成26年に消費税8%に増税された際にも臨時福祉給付金が平成26年から29年まで支給されました。しかし、その後、家計消費はひと月も増税前の水準を上回ったことがないのは政府も認めているところです。  また、商品券の使用期限は、増税時からわずか9カ月間です。

高野町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会 (第2号 3月11日)

また、消費者生活相談を毎月、第2火曜日に県から委託を受けた消費者生活相談員が高野町で相談を受けていただいております。また、年一回ですが、社会福祉議会において住民の集まりがあるときに、消費者生活相談員が講演を行っていただいております。  そして、橋本伊都の1市3町においては、消費生活相談会における消費生活相談業務に関する協定書を結び、どの市町でも相談を受けることが可能となっております。  

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

消費税増税に関する話でございます。10月に消費税率が10%に引き上げに今のところなるという予定でございます。商工業者においては食料品などの税率を軽くする軽減税率導入への対応やキャッシュレス決済を使った消費者へのポイント還元への対応などにより、準備が必要となります。今後、まちとしても支援策をしっかり検討していかなければならない。

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

本件につきましては、消費税法及び地方税法の一部改正により、消費税及び地方消費税の税率が引き上げられることに伴い、平成31年10月1日から行政財産使用料の額を改定するものです。  次に、119ページをお願いします。  1定議案第17号 田辺市税条例の一部改正について、地方自治法第96条第1項第1号の規定により議会議決をお願いするものです。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

平成26年12月議会において、ジビエ本宮が、和歌山県認証しているわかやまジビエ処理施設衛生管理認証処理業者になったことで、ジビエの安全性、消費者の安心感の確保という点で前進したものと言えるので、何とか学校給食での利用をお願いしたいと質問させていただきました。しかしながら、価格面や保護者の理解を得るにはハードルが高いとのことでした。  

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

また、ねんりんピックでは、選手や来場者が消費する宿泊や飲食、観光、お土産の購入などによる経済波及効果が大きいと言われておりまして、富山大会の前年に開催された秋田大会では、大会開催による経済波及効果は106億8,000万円、県外選手団1人当たりの消費額は約12万5,000円との報告もされております。  次に、議員質問の2点目、田辺市での開催についてお答えいたします。  

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

まず、議案第16号 平成29年度田辺市一般会計歳入歳出決算についての所管部分のうち、企画費にかかわって、シティプロモーション業務委託料の主体目的、成果についてただしたのに対し、「スターツ出版株式会社委託し、減少傾向にある本市への国内宿泊者数の増加を図るため、情報感度が高く、消費意欲があり、情報波及力の高い30代前後の一般女性にターゲットを絞り、街なかの魅力や周遊をテーマとして、ガイドブックの作成