39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

田辺市議会 2017-09-15 平成29年 9月定例会(第3号 9月15日)

また、国民保護情報津波情報及び避難情報等につきましては、国、県または市が緊急速報メールを使用し、情報を配信するようになっております。  次に、市民への周知を図るための取り組みについての御質問でございますが、弾道ミサイルにつきましては、発射から着弾までに十数分しかないことから、防災行政無線等により情報を傍受した際には、直ちに身の安全を確保する行動を取る必要がございます。  

海南市議会 2017-06-13 06月13日-02号

海岸線を抱えるなど津波被害が想定される664市区町村のうち12.3%に当たる82市区町村は、津波情報伝達方法避難対象地域、手順を定める津波避難計画を策定していないことが総務省消防庁のまとめでわかったと伝えられています。業務継続計画は、行政が被災し資源制約下であっても災害対応等業務を適切に行うためのものであり、あらかじめ策定しておくことが必要です。

海南市議会 2016-03-01 03月01日-02号

まず、災害による犠牲者ゼロへの実現のうち、津波への備えについては、避難勧告等の判断・伝達マニュアル等に基づく的確かつ迅速な津波情報伝達体制を構築するとともに、市内一斉の防災訓練重点地区における津波避難訓練を実施し、参加を促すことで、避難先への早期避難周知徹底を図ることや、また避難場所誘導灯誘導看板を設置したり、避難路に手すりを設置するなど、安全に避難ができるような整備を進めていること、さらには

新宮市議会 2015-12-10 12月10日-04号

◆4番(大石元則君)  これまでの防災監お話住民の方からのお話を伺ってみて、新聞記事からでは防災の立場から津波情報を正しく伝えることはなかなか難しいのかなと思います。まして、講演会は一方通行の場であります。地元の皆さんとの情報交換の場が最も大切であると考えますが、いかがですか、防災監。 ◎防災監井上登君)  おっしゃるとおりです。地域によって災害に対するリスクというのは違うと思います。

和歌山市議会 2015-11-27 11月27日-02号

このJアラートは、緊急地震速報津波情報、弾道ミサイル情報、大規模テロ情報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報人工衛星を用いて国から送信し、市区町村防災行政無線等を自動起動することによって、国から住民までに瞬時伝達するシステムであると聞いております。本市への導入実績公共施設への整備はどのようになっていますか。 災害時に最も必要な物資の一つに飲料水生活用水があります。

海南市議会 2013-09-11 09月11日-03号

海南地域防災計画の「第2章 災害予防計画」、「第2節 津波災害予防計画」、「2.津波情報等の伝達体制整備」、「(3)津波監視体制整備」というのがあります。「市は、津波による災害を防止するため、震度4以上の地震を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたときは津波情報収集に努めるとともに、防災カメラ充実等により津波監視設備整備を図る」とあります。 

海南市議会 2012-11-29 11月29日-01号

放送内容は、防災情報気象警報津波情報、避難勧告等である。 なお、気象警報津波情報は、国の全国瞬時警報システムJ-ALERT)と連動して自動放送となっている。その他、各種行政放送や時報を鳴らすのにも活用している。 次に、移動系は、市役所、対策本部行政局、出張所、消防警察等防災関係機関避難所、学校などに整備されたデジタル通信システムである。

海南市議会 2011-12-06 12月06日-03号

項目3、津波対策上の消防団員行動についてでありますけれども、答弁では、それはそれで結構なんですけどね、以前の議会で私の質問ではありませんけれども、北野上地区津波に全く関係のない地区まで津波情報を流す必要はあるのかという質問が出ましてですね、当局からは、たとえ津波関係のない地域であっても、その地域関係者津波被害を受ける地域に行っている場合があるため、全市に情報を流す必要があるとの答弁をいただいております

和歌山市議会 2011-12-01 12月01日-03号

東日本大震災被災地である宮城県気仙沼市の危機管理課では、市街地が甚大な被害を受けた地震発生直後からツイッターを用いて市民避難を呼びかけ続け、地震発生から8時間の間に約60の情報を発信、津波情報、余震情報火災発生場所避難場所災害ボランティアセンターなどの情報を多くの市民に伝えました。これは被災地の外にサーバーがあるツイッターサービスが停止しなかったからだそうです。 

海南市議会 2011-06-24 06月24日-05号

ほんで、津波情報を、避難情報をどこから、どのメディアから、媒体から得ましたかというアンケートで、結果は皆さんどう思いますか。 防災無線は、海南市みたいにきめ細かく設置をされてるかどうかわかりませんけども、防災無線で逃げたちゅうのは4%だけだったんですよ。やっぱり、一番多かったのはラジオなんですね。携帯ラジオか自動車のラジオ

和歌山市議会 2011-06-23 06月23日-02号

こうした事態への対応として、気象地震津波情報、避難情報などの防災行政無線放送内容電話をかけると自動的に再生される防災情報電話案内サービス--通称テレドームでございますが--これを7月1日より開始いたします。 また、県でもNTTドコモと連携し、登録しなくても適応機種携帯電話をお持ちの方に緊急地震速報災害避難情報を発信するエリアメールの7月からの導入を目指しております。 

新宮市議会 2010-12-09 12月09日-04号

今のデジタルテレビは、リモコンデータ機能もついて、あしたの気象情報とか新宮市の気象レーダー地震津波、河川の水位とか雨量、降水予報、また地震お知らせ表示設定をすると、震度3以上の地震発生時に地震津波情報を伝えてくれる機能もついております。 ところが、これらの機能も台風、暴風、雷で停電ともなればラジオしかございません。高田地域では、停電すると情報が途絶えるという住民の声がありました。

和歌山市議会 2009-03-09 03月09日-07号

最大のメリットは、直接海底より地震情報が得られることから、緊急地震速報津波情報の精度が飛躍的に向上するということです。これは西日本や和歌山県、和歌山市民にとって地震被害を最小限にするために大変重要なことであります。 そこでお尋ねします。 緊急地震速報受信装置を全公共施設へ設置すべきと考えますが、いかがでしょうか。 以上で私の一般質問を終了します。御清聴ありがとうございました。

  • 1
  • 2