23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

その中で、漁獲統計、養殖統計、水産観測データ等のさまざまな研究結果から、栄養塩と植物プランクトン動物プランクトン海藻、二枚貝、貝類との関係の解明が今後さらに必要であり、まとめとして、栄養塩濃度が水産資源に及ぼす影響については、海域の栄養塩を直接利用するノリ等の藻類養殖への環境は明らかであり、二枚貝や魚類生産との因果関係科学検証が必要としており、これを受けて水産庁事業として、栄養塩の水産資源

海南市議会 2013-09-11 09月11日-03号

まず、予定価格が1億5,000万円をわずかに下回って、これは1億5,000万円というのを若干意識しての数字ではないかという御趣旨と思われますが、今回の塩津漁港の整備工事設計金額というのは、農林水産省管轄にあります水産庁の標準単価というのを用いて直接工事費、あるいは諸経費もろもろ標準的な仕様で積算してございます。 

海南市議会 2012-03-07 03月07日-04号

平成9年の水産庁長官通知通知守らんといくっちゅうことになるんかな。 それと、もういっこは、漁業組合ももらわんようにするっていうようなニュアンス、ちょっとニュアンス違うけど、そういう答弁いただいたけど、料金やで。それはこの施設の係留については、塩津みなと広場管理組合が集めて納めるちゅうのは、それはそれでいいんやけどね。

海南市議会 2012-03-06 03月06日-03号

このため、国は漁港法を改正して、平成13年4月1日付施行し、水産庁長官名で通知しました。その内容は、従来の面倒な行政代執行によらなくても簡易代執行という簡便な手法で放置艇を撤去できる画期的なものでした。 にもかかわらず、平成13年当時の下津町長や下津町行政担当者はこの通知を見落としたのでしょうか、結果的に通知をほごにしたのです。 その後、市町合併し、今日に至りました。 

海南市議会 2011-12-05 12月05日-02号

費用対効果につきましては、水産庁では、水産関係公共事業において事業採択前から事業完了後に至るまでの事業実施過程の透明性と客観性を確保し、より効率的な事業の執行を図るため事前評価制度、事業期間中の評価及び完了後の評価からなる事業評価制度を導入しておりまして、その水産基盤整備事業費用対効果分析のガイドラインに沿いまして、本事業は着手後約10年経過していることから平成22年度におきまして事業期間中の評価として

田辺市議会 2010-12-21 平成22年12月定例会(第6号12月21日)

提出先は、内閣総理大臣外務大臣農林水産大臣国土交通大臣警察庁長官水産庁長官海上保安庁長官衆議院議長参議院議長。  よろしく御審議の上、御賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。             (3番 久保浩二君 降壇) ○議長(宮田政敏君)    提出者の説明が終了いたしました。  これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               

海南市議会 2008-12-04 12月04日-01号

この件につきましては、議員の皆様も御承知のこととは存じますが、地域の実情により釣り客用の臨時駐車スペースとして使用していたものでありまして、このような状態は水産庁から目的使用であるとの指摘を受け、漁業組合に対して是正勧告をいたしたところでございます。 なお、今後の対応につきましては、地元の皆様や漁業関係者と協議し、早期に適正な運用を図ってまいりますので、御理解をお願い申し上げます。 

田辺市議会 2008-06-27 平成20年 6月定例会(第4号 6月27日)

休漁に先立ち、イカ釣り漁業者が水産庁燃料価格への補てんや経営存続に必要な免税措置を求める要望書を提出しました。また、7月15日には、全国漁業協同組合連合会など、漁業関連団体による20万隻が一斉に休漁することも検討されています。  全国でも漁業者が燃料高騰や魚価の低迷で漁業経営が成り立たず、廃業する漁師が後を絶ちません。このまま原油価格が高騰すれば、漁業は成り立たなくなります。

田辺市議会 2007-06-25 平成19年 6月定例会(第3号 6月25日)

本年3月には、井原地区及び松原地区におきまして、水産庁が事業主体となり、地域防災計画を検討するため、地元の各種団体に参画いただき、仮称、芳養漁業地域防災議会が発足し、ソフト面での地域防災に係る基本的な考え方について整理し、一定の取りまとめを行ったところであり、今後地域住民にこれを提示し、周知を図っていく取り組みを精力的に進めていくこととなります。

田辺市議会 2005-03-24 平成17年 3月定例会(第5号 3月24日)

提出先は、内閣総理大臣農林水産大臣水産庁長官衆議院議長参議院議長でございます。  どうぞよろしくお願い申し上げます。             (18番 宮田政敏君 降壇) ○議長(大倉勝行君)    提出者の説明が終了いたしました。  これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。               (「なし」の声あり) ○議長(大倉勝行君)    質疑なしと認めます。  

和歌山市議会 2005-03-07 03月07日-06号

雑賀崎漁港防波堤は、水産庁設計基準である30年確率に基づき県が建設したものでございます。 今回の被災原因につきましては、設計波高(せっけいはこう)を上回る台風の波が発生し被災したものであると、国の災害査定で災害復旧事業に採択されました。なお、災害復旧工事につきましては、漁港管理者である本市が原形復旧をしなければなりません。 

田辺市議会 2004-12-14 平成16年12月定例会(第4号12月14日)

将来の豊漁に向けての展望はどうかということでありますけれども、先日、水産庁の担当職員電話で直接お聞きしたわけでありますけれども、市の担当にも、元気の出る見解をひとつお願いしたいなと。ただ、これだけの質問でございますが、よろしくお願いしまして、私の第1回目の質問とさせていただきます。               

田辺市議会 2004-09-07 平成16年 9月定例会(第1号 9月 7日)

次の水産業費、水産業総務費につきましては、次の31ページにわたりますが、平成6年度から9年度にかけて実施しました目良漁港改修事業について、水産庁の事後評価制度に基づき、事業完了後における事業効果分析を実施するための調査委託料です。  土木管理費、土木総務費につきましては、道路事業12件、河川事業5件に係る県営事業負担金及び人件費の組替えに伴う補正です。  32ページをお願いします。  

田辺市議会 2001-03-13 平成13年 3月定例会(第4号 3月13日)

一方、水産業についてでございますけれども、これは水産庁水産基本法、仮称でございますけれども、今通常国会に提出する見込みとなってございまして、具体的な内容等につきましては、一昨年の平成11年12月に公表されました水産基本政策大綱とその改革プログラムを法制的に整理したものと思いますけれども、その基本的な考え方を申し上げますと、従来の水産政策国民全体の視点に立って、抜本的に見直し、200海里体制の下で

田辺市議会 2000-12-12 平成12年12月定例会(第2号12月12日)

質問のケーソン本体が高波の影響で移動した件でありますが、これらの構造物につきましては、水産庁設計基準に基づき、現地における過去の波の高さを想定し、その範囲内で設計、施工いたしたものであり、現在、施工された構造物につきましては、施工途中の状態にあり、平成10年9月、10月に来襲した台風7号、10号の影響を受けたものであります。  

田辺市議会 2000-09-25 平成12年 9月定例会(第3号 9月25日)

事業に当たっては、緑地部分の都市公園区域と海域の現計画地を含む国の水産庁管轄海岸保全区域との両区域がありまして、扇ケ浜ウォーターフロントエリアとして、今後事業を進めるに当たり、都市公園区域内で計画実現可能なものと、海岸保全区域内で計画実現可能なものを十分検討しながら、地域産業との共存共栄を図るとともに、利用者の利便性や周囲の景観などにも配慮しながら事業を進めてまいりたいと考えております。

  • 1
  • 2