52件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2012-03-02 03月02日-04号

本市の下水道は、和歌川流域に発展した地場産業である染色化学などの工場群工場排水を一元処理するために、昭和46年から現在の和歌川終末処理場処理を行い、その処理費用を各工場に負担していただくものであります。そこから始まったということであります。その後、生活排水についても処理を行うため、公共下水道事業に計画変更し、現在に至っております。 

新宮市議会 2010-06-16 06月16日-03号

それで、一つ最後に、これ空き地、空き家の利用なんですけれども、どちらかというと空き家のほうになってくるかなと思うんですけど、これはそう大きな効果というのはもたらさないかわからないですけど、一つアイデアとして、郊外や山間部で、今陶芸、木工染色などの工芸をやってる人たちというのが結構ふえてきてますよね。

和歌山市議会 2004-03-08 03月08日-08号

繊維染色、皮革木工等地場産業の衰退、中心市街地周辺商業地域吸引力弱体化、商店の閉店・廃業が相次いでいます。それによって人口が毎年市外へ流出し、どんどん減少していく傾向にあります。 今後、和歌山市はどのようなまちづくりを目指していけば、町はよみがえり、活性化するのか真剣に考えなくてはなりません。 私は観光都市和歌山を積極的に全国にPRする必要があると思います。

和歌山市議会 2002-12-04 12月04日-02号

その地場産業一つ染色関係事業所を本日は取り上げてみたいと思います。 和歌山市内染色業界最盛期には35社から36社あったその企業が、今は12社までに減少しておるというふうに伺っております。最盛期の3分の1にまで事業所が減少しております。とはいえ、染色は日本でも有数の地場産業業種として生き残りをかけ健闘しておるのも事実であります。

和歌山市議会 2002-03-12 03月12日-10号

また、多目的ホールの屋上を緑化することで、環境への配慮も行い、コンクリート仕上げ面も、瓦をイメージした薄墨色染色を施す予定でございます。 ほかに、緑青がかかるような銅板張り杉板を張るなど、和の伝統的な材料を積極的に取り入れて周辺の景観に配慮いたしております。 次に、石泉閣に関連いたしまして、管理委託料保険料について、なぜ市が費用負担しなければならないのかということでございます。 

和歌山市議会 2000-12-06 12月06日-03号

一般事業としたというならば、それは一般事業の中の皮革産業だけではなくて、和歌山市の地場産業全体を見直す中で、木材繊維染色という、そういった--ほかもありますが、地場産業あるわけですから、その中での全体の見直しを行って、それらを含めた根本的な振興策を打ち立てるというような、そんな観点見直しをしなかったら、ただ単に一般事業といっても、何にも変わっていないことになります。 

和歌山市議会 2000-03-10 03月10日-09号

地場産業におきましても、ニット繊維染色整理、木材皮革は現在も振るわず、染料中間物医薬関連需要アジア向けの外需、それから合理化努力により何とか前年の水準を維持している、こういうふうな状況で、民間需要による景気回復はまだまだ先が見えない状況であると、こういうふうに言われております。 私たち公明党県本部は、皆さんの御協力を得て、2月に本市を中心中小企業実態調査を実施いたしました。

和歌山市議会 1998-03-25 03月25日-10号

また、最終汚泥(スラッジ)の処分の問題について、染色化学業界から市長に対する陳情もあったやに聞き及ぶが、現時点では企業自己責任対応しているのが現状である。排出水色規制等自然環境を守る観点から、当然企業の責務で対処すべき問題であると考えるが、単に企業責任というのではなく、行政としても企業から相談があった場合には適切な指導をされるなど十分な対応を講じられたい。 

和歌山市議会 1998-03-11 03月11日-08号

一方、本市地場産業景気動向についても、ニット縫製繊維染色海外製品との競合や需要停滞感が続き、採算性は低下し、製材、木材皮革染料中間物機械関係需要不足消費の低迷が続いており、業況の悪化は当然雇用情勢に直接悪影響を及ぼし、失業率の上昇と消費の意欲を減退させ、経済活性化が著しく低下している中で、ますます不況の大波が襲いかかってくるという悪循環が続いておる次第でございます。 

田辺市議会 1997-09-24 平成 9年 9月定例会(第4号 9月24日)

なかなかわれわれはDNAとか、あるいは染色体、遺伝子治療、いろんなことを聞きましても、それがどのようなメカニズムになっているかということはわかりませんけれども、とにかく「DNA鑑定」と言いましたら、今までは警察が犯人を検挙するのに、そういう捜査に使われるものというふうな感覚をもっておりましたが、今はそういう保険の分野にまで、その遺伝子の情報というのが流れているんではないかな、このようなことも考えました

和歌山市議会 1996-09-25 09月25日-06号

それから、中小企業に対する配慮についてでございますが、河東工業用水は、皮革染色、化学等地場産業中心に給水しており、従来から任意消費水量制を採用してございます。 工業用水料金は、個別事業ごと料金を設定するのが原則ではございますが、それでは中小企業の経営に影響を与えるおそれがあるために、給水コストの低い河西工水料金平準化を行ったものでございます。 

田辺市議会 1996-06-26 平成 8年 6月定例会(第4号 6月26日)

また、染色体って言いましょうか、いろんな操作によって、そのエイズT細胞に入っていく、それを手助けをするたんぱく質の発見がなされた。「そのたんぱく質に引っつかないように蓋をするような、そのような物質が見つかれば、エイズは防げる」、そのようにも言われておりまして、明るいニュースも、最近は新聞にも載ってるわけでございます。