9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

和歌山市議会 2003-12-24 12月24日-09号

17号 平成14年度和歌山母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計歳入歳出決算第20 認定第18号 平成14年度和歌山介護保険事業特別会計歳入歳出決算第21 和歌山選挙管理委員会委員選挙第22 和歌山選挙管理委員会委員補充員選挙第23 発議第1号 「イラク特措法」に基づくイラクへの自衛隊派遣に反対する意見書案第24 発議第2号 イラク復興支援のための自衛隊派遣に関する意見書案第25 発議第3号 米地位協定

和歌山市議会 1997-12-10 12月10日-06号

関西空港米地位協定によるフリーパスの入出国者数が96年度で5万3,656人で、全国の出入国者の25.4%を占めているそうです。 関西空港で航空機を誘導する管制官は、赤旗記者に対し、「関空はピーク時で2~3分ごとに離発着が行われている。そんなところにスピードなど飛行性能が違う米軍機が割り込んできたら、大混乱は目に見えています。そもそも安全第一の民航機と違って、戦闘機性能重視です。

田辺市議会 1996-06-26 平成 8年 6月定例会(第4号 6月26日)

沖縄米海兵隊員による少女暴行事件以来、屈辱的な米地位協定、あまりにもひどい沖縄米軍基地の実態がクローズアップされてきたという、そういう認識のもとでですね、四項目というのを沖縄県民は、昨年の10月21日の八万人集会で決議をしているわけですが、ご存じのように、米軍人、軍属による犯罪の根絶という項目と、被害者への完全補償の問題と、米地位協定早期見直しということ、基地整理縮小という、この四項目ですが

田辺市議会 1995-12-14 平成 7年12月定例会(第4号12月14日)

ゆきあえば兄弟と、今度のというか、何回も起こっている、この米兵事件、これは沖縄県民の心と相入れないものであったということもアピールに書いてありまして、アピールの最後には、「少女の悲劇を再び繰り返さないためにも、米兵少女暴行事件を糾弾し、米地位協定見直しを求める沖縄の心が、全世界の心として受け入れられることを強く訴える」と、このように言っています。

和歌山市議会 1995-10-09 10月09日-10号

           平成7年10月9日(月曜日)議事日程第10号 平成7年10月9日(月)午前10時開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 議場における市長不当発言についての100条調査特別委員会に関する調査の件 第3 旅田卓宗君の証言拒否に対する告発の件 第4 議場における市長不当発言についての100条調査特別委員会調査終了の件 第5 審査申し立て及び執行停止に関する意見書案 第6 発議第5号 米地位協定

田辺市議会 1995-09-28 平成 7年 9月定例会(第5号 9月28日)

田辺市議会9月定例会会議録            平成7年9月28日(木曜日)           ────────────────   平成7年9月28日(木)午後1時開議  第 1 4定発議第 1号 核実験即時中止を求める決議について  第 2 〃 発議第 2号 平成7年災害の早期復旧及び治水・砂防関係事業の推進に               関する意見書の提出について  第 3 〃 発議第 3号 米地位協定

  • 1