運営者 Bitlet 姉妹サービス
78件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-09 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月09日−08号 市長もこの議会の施政方針演説で触れられたとおり、全国的な傾向として首都圏への人口流入に歯どめがかからない現状で、昨年作成した第5次和歌山市長期総合計画では、その現状にあらがうように平成38年−−もう2026年と言ったほうがいいのでしょうか−−における国勢調査で和歌山市の目標人口を34万7,000人としていて、社人研−−私は社人研と言われて少しわからなかったんですが、国立社会保障・人口問題研究所というのが もっと読む
2018-03-08 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月08日−07号 1月22日から始まった第196回通常国会において、安倍首相の施政方針演説で、長時間労働の是非などの働き方改革に取り組む姿勢を表明しました。この件に関して、教員の働き方の観点から幾つかお尋ねしたいと思います。  国公立中学校の運動部活動について、スポーツ庁の検討委員会が指針の要点を示しています。過度な練習が生徒や顧問を務める教員の負担になっていると指摘しています。   もっと読む
2018-03-08 新宮市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 施政方針演説というのは国だけじゃない、やっぱり各自治体にもその自治体を任された市長として私は責務やろうと思う。予算大綱というのはやはりその一部であって、本当には1年間だけの市長の思いじゃない。 もっと読む
2018-03-06 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月06日−05号 尾花市長の施政方針演説においても、「未来を担う子供たちの健全な育成のためには、学校、家庭、地域が協力して成長を支えることが重要」であること、また、「子供たちの学びの場となる学校においては、子供たちが安全で快適に過ごせる環境を整えることが重要」であると言われました。私も、同じように、重要かつ喫緊の課題であると認識しています。  さて、私が生まれる前は「3C」ともてはやされた言葉があったと聞きました。 もっと読む
2017-03-08 新宮市議会 平成29年  3月 定例会-03月08日−06号 それは田岡市長の3年前の施政方針演説の中の予算大綱で私が見落とさなかったんですよ。だから3年間ずっと同じことを言っているんです。黙っておいたらあなた方はそれを進めるつもりだったんでしょう。だから私は独立行政法人化のデメリットを言っている。いいところもわかりますけれども、それが市民のためになるんですかと聞いているんです。  今回、改革プランが出ています。 もっと読む
2016-12-15 新宮市議会 平成28年 12月 定例会-12月15日−04号 市長、早いもので、医療センターの経営方針につきましては、あなたが平成26年の3月議会におきまして、市長の施政方針演説の中で新宮市立医療センターの経営形態を考えていかねばならないというような文面がございました。それに私はかみついたわけでございます。  あれからもう約3年になります。私は平成26年3月から今回の12月まで、毎議会ごとにこの独立行政法人の件につきまして質問をしております。 もっと読む
2015-03-11 新宮市議会 平成27年  3月 定例会-03月11日−04号 私は、この医療センターの独立行政法人化につきましては、平成26年3月の田岡市長の施政方針演説の中に、医療センターの経営方針を今後変えていくようなお言葉がございました。それを研究されているお言葉でございますが、それに端を発しまして、私は危機感を持ちまして、平成26年3月の一般質問、そして6月、9月、12月、今回で5回目です。 もっと読む
2015-03-02 和歌山市議会 平成27年  2月 定例会-03月02日−04号 「日本を取り戻す」、さきの第189回国会で安倍総理はこう口火を切り、そして岩倉具視の言葉をかりて、戦後以来の大改革を行うと施政方針演説で行いました。  その中で、地方こそチャンスがあるとし、熱意ある地方の創意工夫を全力で応援する、地方の努力が報われる、地方目線の行財政改革を進めますと力説したのであります。   もっと読む
2014-03-07 和歌山市議会 平成26年  2月 定例会-03月07日−07号 施政方針演説にも骨格の文字もないかわりに、骨格でないとも書かれていない。一体私たちはどんな予算を審議しようとしているのかわかりません。  もう一つわからないことがあります。市長は、さきの12月議会の答弁の中で、「次の市長がある程度のフリーハンドを持てるような予算編成を行うことが可能となると考え」とお答えになっておられます。 もっと読む
2014-03-07 和歌山市議会 平成26年  2月 定例会-03月07日−07号 施政方針演説にも骨格の文字もないかわりに、骨格でないとも書かれていない。一体私たちはどんな予算を審議しようとしているのかわかりません。  もう一つわからないことがあります。市長は、さきの12月議会の答弁の中で、「次の市長がある程度のフリーハンドを持てるような予算編成を行うことが可能となると考え」とお答えになっておられます。 もっと読む
2014-03-04 海南市議会 平成26年  2月 定例会-03月04日−02号 安倍首相の施政方針演説見させていただいたんですけれどね、「国際競争力を高める」とか「農地の大規模化」とか言っておられました。御存じのように海南市の農業ちゅうのは、経営はやはり小規模、家族農業が主体です。この中で、国がこういう新しい政策を示していくというのが、果たして海南市の農業に適してるのか。本当に持続可能な農業を家族農業でやっていけるのか危惧をしております。 もっと読む
2013-03-12 田辺市議会 平成25年 3月定例会(第4号 3月12日) これを受けて、安倍首相は衆議院本会議の施政方針演説の中で、慎重派に配慮し、正式な表明は先送りしたものの政府の責任で交渉参加を判断すると、事実上、交渉参加ともとれる前向きな姿勢を示しております。   もっと読む
2012-03-21 高野町議会 平成24年第1回定例会(第6号 3月21日) したがいまして、個々の事業についての御紹介は、先日来町長の施政方針演説にもございましたし、当初予算を御審議いただいたことでもあり、できるだけ割愛させていただきたいと思いますが、まず町長の施策であります温かさに満ちた活気あるまちづくりの四つの軸のうち、一つ目の活力と魅力にあふれたまちづくりでありますが、産業の振興と定住の促進というのは重要な課題であると思います。 もっと読む
2012-03-08 和歌山市議会 平成24年  2月 定例会-03月08日−08号 大橋市長は、施政方針演説で、「堅実な市政運営に努めながら、時代の一歩先を進む施策に積極果敢に取り組むことが、市民の皆様に、自分たちも頑張ろうという気持ちを起こしていただくきっかけとなり、その結集が町の力を高めていくことにつながると考え、『一歩先進・一歩安心』を予算編成方針のテーマとし、平成24年度当初予算の編成に取り組みました。」と述べられております。  そこでお尋ねいたします。   もっと読む
2012-03-08 和歌山市議会 平成24年  2月 定例会-03月08日−08号 大橋市長は、施政方針演説で、「堅実な市政運営に努めながら、時代の一歩先を進む施策に積極果敢に取り組むことが、市民の皆様に、自分たちも頑張ろうという気持ちを起こしていただくきっかけとなり、その結集が町の力を高めていくことにつながると考え、『一歩先進・一歩安心』を予算編成方針のテーマとし、平成24年度当初予算の編成に取り組みました。」と述べられております。  そこでお尋ねいたします。   もっと読む
2012-03-05 和歌山市議会 平成24年  2月 定例会-03月05日−05号 続きまして、交通政策について、中でも和歌山−−徳島間を結ぶ航路についてでの再質問答弁ですが、先日の施政方針演説の中で、大橋市長は、「自然災害の脅威に対する危機管理が、今後の行政に課せられる最優先の課題である」ということは間違いないとおっしゃっていました。   もっと読む
2011-12-16 和歌山市議会 平成23年 12月 定例会-12月16日−08号 大橋市長が就任され、初めてみずから手がけられた平成15年度予算の施政方針演説以降、9回すべての施政方針演説に放課後児童健全育成事業または若竹学級という言葉が必ず入っていました。昨年9月に行われた大橋市長3期目の所信表明演説においても、磨き上げる3つの力のうち、市民力の中に、「放課後児童健全育成事業若竹学級の時間延長」がうたわれました。  実際、これは重要政策の一つにも含まれています。 もっと読む
2011-12-16 和歌山市議会 平成23年 12月 定例会-12月16日−08号 大橋市長が就任され、初めてみずから手がけられた平成15年度予算の施政方針演説以降、9回すべての施政方針演説に放課後児童健全育成事業または若竹学級という言葉が必ず入っていました。昨年9月に行われた大橋市長3期目の所信表明演説においても、磨き上げる3つの力のうち、市民力の中に、「放課後児童健全育成事業若竹学級の時間延長」がうたわれました。  実際、これは重要政策の一つにも含まれています。 もっと読む
2011-12-05 和歌山市議会 平成23年 12月 定例会-12月05日−05号 市長も2月の定例市議会での施政方針演説の中で、教育について、「ICTを活用した先駆的な教育にも取り組んでいきます。絆プロジェクトを推進し、モデル校で世界レベルのICT教育を推進していきます。また、支援員を各校に派遣し、各校に配備している電子黒板やタブレットパソコンを活用した授業をサポートします。」と演説されました。 もっと読む
2011-06-27 高野町議会 平成23年第2回定例会(第3号 6月27日) 2003年には時の小泉首相が施政方針演説で取り上げたことにより、公的にも頻繁に皆さんの耳にすることになったと思います。  2005年には食育基本法が制定され、国においては国民が健全な心身を養い、豊かな人間性をはぐくむ食育を推進するため、施策を総合的かつ計画的に推進することを目的として施行されております。   もっと読む