269件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海南市議会 2022-06-18 06月18日-02号

新潟雪解け水の流れを考え、紀州流と呼ばれる土木技術を教えていただきました。どこに行っても井澤弥惣兵衛は有名で、その出身地の海南から来た私たちを大層おもてなししてくださいました。井澤弥惣兵衛さんのおかげで、さいたま市長ともお食事をさせていただきました。それほど、関東では井澤弥惣兵衛は水利の神様として、私たちの想像以上に著名な人物であることがわかる旅となりました。 

海南市議会 2020-12-04 12月04日-03号

さらに、産地のPRとしまして、毎年JA、出荷団体、また県、市が一体となりまして、京阪神、首都圏新潟、北海道の市場などを訪問し販売促進活動を行うしもつみかんキャンペーンのほか、ことし2月には下津蔵出しみかんシステム日本農業遺産に認定されたことから、市内、県内だけでなく首都圏における農業関係イベントにも参加し、下津蔵出しみかんを初めとした市の農産物のPRにも取り組んでいるところでございます。 

田辺市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号12月11日)

ほかの都市も見ますと新潟県新発田市、ここについては30平米を超えていますが、それ以外はほとんど20平米台、平均で見ますと25.95平米になります。参考にするということで、いろんなサンプルのとり方で違うというふうに思うのですが、この違いについてどのように考えられるのかお聞かせください。             (6番 久保浩二君 降壇) ○議長(安達克典君)    総務部長。            

田辺市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号12月10日)

本年は、新潟県で9月15日から11月30日の77日間にわたり実施され、来年は宮崎県、再来年の令和3年には、誕生150年の節目を迎える本県において開催される予定となっております。  県は、文化祭の円滑な運営を図るため、昨年10月に第36回国民文化祭、第21回全国障害者芸術文化祭和歌山実行委員会を設立し、本年4月には、企画部文化学術課内に国民文化祭障害者芸術文化祭推進室を立ち上げております。  

和歌山市議会 2019-12-04 12月04日-02号

公害の歴史を振り返ってみると、戦後の高度成長期熊本水俣病新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそくという、いわゆる4大公害が起こったことが有名ですが、ほかにも全国各地公害が起こりました。こういった中、住民みずからが暮らしと健康を守るために運動を起こし、また、裁判闘争を続ける中で、加害企業社会的責任が問われ、環境保全を最優先にするといったことが法律でも定められてきました。

田辺市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第2号 9月13日)

昨年、5月に新潟市において下校中の児童が殺害されるという痛ましい事件発生しました。この事件を受けて取りまとめられたのが登下校防犯プランでした。従来、登下校時における子供の安全を確保するための対策については、地域の現場において多岐にわたる努力がなされてきましたが、地域の安全に大きく貢献してきた既存の防犯ボランティアが高齢化し、担い手が不足しているという課題があります。

新宮市議会 2019-06-20 06月20日-04号

◆10番(榎本鉄也君)  本当に心からお見舞いを申し上げたいんですが、おとといも新潟で6強ですよね、この間、数年前に新宮の5弱であれだけ驚いたんですから、6強というのはどんなに怖いものだろうかというふうに思うんです。本当にあちこちで地震が頻発しておりますし、本当にいつ来るかわからないというところでございますので、十数年というのがもう本当に長い感がいたします。 

海南市議会 2019-03-05 03月05日-02号

平成28年度の都道府県別の被保険者1人当たり交付額最大新潟県で591円、最小の秋田県で380円だったとのこと、2倍弱の差が出ています。これは理想かもしれませんが、県から指導を受けるのではなく、本市が県を引っ張っていけるような立場になっていただきたいと思います。市民の健康意識の向上と職員の努力で1人当たり交付額が倍近く変わってくるのです。 国保は高いとあらゆるところで耳にいたします。

和歌山市議会 2018-09-14 09月14日-02号

外国人に参加してもらうよう、新潟では積極的に台湾まで出向いてPR、チャーター便の運航につなげているようです。外国人ランナーが参加するには、宿泊をする場合が多いと考えられます。 最近、外国人は、体験型の消費にシフトしていて、ただ1人で走るのではなく、ガイドつき観光パッケージツアーなどで外国人ランナーを呼び込み、そのよさを外国人ランナー発信力消費力につなげ、拡大していくことも可能だと思います。 

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

最近では、忘れることのできない、先月、5月15日に新潟市で起きた児童殺害事件。あろうことか遺体を線路上に放置し、電車にひかせた、考えられない極めて残忍で悪質な手口に強い憤りを感じます。許せないの一言です。希望に満ちた子供の将来が、無残に断ち切られ、幼い子供の未来がなくなったことへの思いは、家族や学校関係者の無念は、はかり知れない苦しみと悲しみがあります。  

新宮市議会 2018-06-22 06月22日-05号

そこで、今度は、新潟県では、この子供たちをどう守るかということで、小学校で歯の健康ノートをつくったそうです。虫歯が特にひどい場合は、ノート虫歯の写真を張って保護者に治療の重要性を訴えたり、また、週1回、全児童フッ素水を使ったうがいをし始めたと、こういう取り組みおかげで、本当に虫歯もある子がなくなったと、少なくなったと言われておりましたが、今は新宮市の取り組みとしては何かやっていますか。

和歌山市議会 2018-06-18 06月18日-04号

新潟市の小学2年生の女の子が、下校中に自宅数百メートルの場所で殺害された後、線路に遺棄された極めて残忍な事件は、私たちの記憶にも新しい事件です。 また、14年前の2004年、岡山県で当時小学3年生だった女の子自宅で血を流して倒れているのを帰宅した姉が発見した事件は、別件で服役中の男が関与を認める供述をし、逮捕されました。

海南市議会 2018-06-12 06月12日-02号

また、新潟県の米山前知事による買春など、彼も日本最高学府東大医学部を卒業し、司法試験も合格し弁護士の資格も持っているエリート中のエリートが、女性問題で知事の座を去るという事例もありました。 彼らに共通するのは、ともに成績優秀、エリート中のエリート、しかし、ともに女性に対する視点が同等ではない、女性を性の対象とだけ捉えていて女性を蔑視していたと思われても仕方のない行為だったと思います。