9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

教育委員会といたしましては、児童生徒が問題を抱え込まないような取り組みが今後も必要であると考えており、議員御提案の生徒が利用しやすい教育相談体制づくりをさらに進めていくことが必要であると考えております。  御提案いただきましたLINEアプリを用いた方法も含め、さまざまな取り組みを参考に調査研究をしてまいりたいと考えております。  以上です。             

田辺市議会 2008-09-19 平成20年 9月定例会(第5号 9月19日)

これらの多様な支援を行うために、臨床心理士の資格を取得した40代のセンター長がかなめとなり、教育相談体制として発達臨床心理士常勤嘱託職員が1名と週2日勤務臨床心理士相談員2名がおります。適応指導教室担当として、常勤指導員2名と週2日、3日、5日勤務の3名の合計5名、そのほかにボランティアスタッフ行事メニューによってサポートしているそうです。

海南市議会 2007-06-29 06月29日-03号

学校内で教育相談体制を整備し、不登校生徒共通理解を図るとともに、指導に当たっている。 カウンセラー状況は、小学校では子供と親の相談員が2校に配置されておりましたが、2月以降、子供たち状況把握をよりきめ細かくするために、10校追加して配置されています。 中学校スクールカウンセラーからも、不登校児童保護者担任等相談を受ける不登校児童対策支援事業を実施しております。

和歌山市議会 2004-03-11 03月11日-11号

今後も、教職員とともに、教育相談体制充実させてまいりたいと考えております。 次に、学力向上プログラム推進事業につきましては、子供たち学力向上推進していくための一つとして、土曜日の午前中に、子供たちが自由に集まって補充や発展的な学習ができるような場の設定を考えております。モデル校小学校3校は、学校規模や地域の特性、他の事業との関連を考慮して行いたいと考えております。 

和歌山市議会 1994-06-30 06月30日-05号

それから、次に、教育研究所における教育相談体制についてでございますが、現在、教育研究所では、幼稚園、小学校中学校でそれぞれ教育相談の実績のある元園長や元校長の嘱託が3名と、実際の教育現場で中心的に教育相談に当たっている市内小・中学校教員16名を教育相談員に委嘱して相談活動を行っております。また、医学的、専門的な立場で、精神科医大学教授を顧問に委嘱し、指導、助言を受けております。 

  • 1