637件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4号 6月27日)

そこには、明らかに障害ゆえにが横たわるのであり、震災政策の問題を含めて人災という観点を重ねるべきであるというふうに言われています。平時の障害者に対する支援策の水準と死亡率が関係しているのではということであります。被災地域の多くは、障害者を対象とした社会資源、働く場、つまり人的な支援体制などが十分でなかった、このことが被害の拡大に相関しているものと推測されるというふうに報告されています。

田辺市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号 6月25日)

次に、職員提案制度につきましては、市政全般に係る政策形成や事務事業の改善、合理化を視野に入れ、住民サービスの向上及び効果的な行政運営に資することを目的として平成23年度から実施しており、これまで109件の提案中、条件付き採用を含め51件採用、そのうち31件が対応済みとなっております。  

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

森林環境税の創設を全国に先駆けて提唱した自治体として、その模範となる森林管理政策を打ち出し、豊かな森林、元気な農山村への発展に資する取り組みを展開できるように努めてまいりたいと考えています。  翻って、平成という時代もあと1カ月ほどで幕を閉じようとしており、また平成最後の田辺市議会も本日、最終日となりました。  顧みますと、新田辺市もまた平成の半ばに誕生し、平成とともに歩みを進めてまいりました。

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

             職  名      氏     名             市長        真 砂 充 敏 君             副市長       林   誠 一 君             教育長       佐 武 正 章 君             企画部長      小 川   鏡 君             企画広報課長    前 川 光 弘 君             情報政策課長

高野町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会 (第3号12月14日)

そういった中で、長期的な財源の確保っていうことを、まず今年度はそれを考えた中でしておる中で、では、きょう、あす、いろいろなことで不安を持たれてる住民の方とかいろいろいますので、その辺あたりを来年度に向けて政策協議等してまいりたいというふうにも考えております。  来年になりますと、2019年、G20、大阪で開催され、また、その翌年に東京オリンピックが開催されます。

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

市の事業を進めるに際しましては、いろんな多くの施策がございますが、担当の各課で政策課題に合わせて地元説明会、それからアンケートの実施、パブリックコメントの募集、それから審議会委員の公募などなど幅広く市民の意見を聞かせていただくことが大切であると、そのように考えてその事業を実施いたしております。            

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

            副市長       池 田 正 弘 君             副市長       林   誠 一 君             教育長       佐 武 正 章 君             企画部長      小 川   鏡 君             企画広報課長    前 川 光 弘 君             たなべ営業室長   松 本 清 子 君             情報政策課長

田辺市議会 2018-11-28 平成30年12月定例会(第1号11月28日)

市といたしましても、県下第二の都市、また、紀南地域のけん引役として、引き続き県との連携を密にし、広域圏でのスポーツ合宿誘致、紀南広域廃棄物最終処分場整備等の政策のほか、各種基盤整備に取り組み、活力ある和歌山の実現に向けてともに歩んでまいりたいと思いますので、議員各位におかれましても御支援と御協力を賜りますようお願い申し上げます。  

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

議員発案第2号 北村奈七海議員に対する問責決議  日程17 閉会中の継続審査及び調査についてまで −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条の規定による出席者                市長               田岡実千年君                副市長              向井雅男君                企画政策

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

現実問題として、市長選挙は無投票であり、これをもって庁舎移転を含む全ての政策が信任を得たというのは、余りにも暴論だと私は思います。  そのように一方的な市の独断による庁舎移転の進め方ですが、地方自治体にはそんな首長の暴走をとめる手段があります。それが二元代表制を持つ地方自治体の強みです。市民は市長を選ぶと同時に議員も選出することができます。ここで選ばれた議員が集まって議会が構成されています。

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

高野町の住民が健康でいつまでもいれるというような政策であればありがたいです。  以上です。 ○議長(大西正人) ほかに質疑はありませんか。  9番、松谷君。 ○9番(松谷順功) 1点だけお願いします。  これは歳入のところも一緒なんですが、前年度の繰越金が非常に多いと。6,457万5,000円ですか。

新宮市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−06号

      別冊 一般質問通告表 番号(11)  日程追加変更 大西強議員に対する処分要求について −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条の規定による出席者                市長               田岡実千年君                副市長              向井雅男君                企画政策

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

そんな中で、高野町のほうではどのような政策をされているか、改めて一つ聞いてみたいと思います。お願いします。 ○議長(大西正人) 苗代福祉保健課長。 ○福祉保健課長(苗代千春) 失礼します。  6番議員さんからの質問につきまして、福祉保健課から説明させていただきます。  今現在、福祉保健課のほうでは、病気予防の講習会等を年4回程度開催しております。

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

人口減少問題、国のほうも、まち・ひと・しごとの創生総合戦略を策定し、少子化対策、移住政策が進められていますが、人口減少に歯どめがかからない状態が続いています。  団塊の世代、1947年から1949年生まれのころは、毎年260万人以上子供が生まれ、団塊ジュニア世代で200万人以上、2017年には100万人を切り、94万人まで減少しました。

高野町議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会 (第1号 9月 4日)

また、10月には県の新政策予算編成、方針が公表される予定でございます。国・県に対しては毎年、町単独また町村会を通じて提案要望を行っております。その要望したことがどれだけ反映されているかを検証するとともに、しっかりと内容を精査し、本町が活用できる支援策があれば積極的に新年度予算案に盛り込んでまいりたいというふうに考えております。  

田辺市議会 2018-07-06 平成30年 6月定例会(第4号 7月 6日)

一方、選挙公報そのものを否定するものではないが、議員は日々の活動の中で政策訴えている。また、他市等において選挙公報により投票率が明確に向上した事例が見受けられず、その効果が不透明な現状においては、公費を投じてまで選挙公報を発行する必要はないとの意見がありました。  当委員会としては、これらの議論を経た後、採決を行った結果、本件については、賛成少数により否決されました。