7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2012-06-22 平成24年 6月定例会(第2号 6月22日)

最後に、住宅新築件数についてでありますけれども、市に提出されました建築確認申請のうち、木造一戸建ての申請数になりますけれども、これも旧田辺市の数値になりますが、消費税導入前の年度の昭和63年度で296件、導入後の平成元年度で248件、5%に増税される前年度の平成8年度で335件、増税後の平成9年度で198件、そして現在の平成23年度では合併後の新田辺市の数値でございますけれども、173件となっております

田辺市議会 2009-02-27 平成21年 3月定例会(第1号 2月27日)

変更理由といたしましては、当該建物は通常の建築確認申請に加えて、構造計算適合性判定機関での審査を受けなければならない建物で、その審査において、より高い安全性の確保を求められたため、柱の構造を鉄骨鉄筋コンクリート造に改めるなど、工事内容の変更を行うため、契約金額の増額を行うものです。  11ページをお願いします。  

高野町議会 2005-12-07 平成17年第4回定例会(第2号12月 7日)

建設課長大谷岩男) 建築確認申請の方は現在、建設課の方で受け付けしておるんですけども、審査の方は一応県の方でもらっておりますので、うちの方が受付してるのは県の方に発送するというふうなことで行っております。専門職を雇うかどうかというのはちょっと予算的な問題もあると思いますので、その辺はちょっとわかりませんので。 ○議長平野一夫) 15番西辻君。

田辺市議会 1996-06-24 平成 8年 6月定例会(第2号 6月24日)

それから、次に、建築確認申請時に雨水と汚水の分流施工するよう指導せよということについてでございますが、基本的には、合併浄化槽の設置を奨励していくわけですが、議員ご提案の将来、公共下水や合併浄化槽への切替えをにらんで、先行的に分流した配管とすることは、初期投資が膨らむとの考え方もありますが、全体としての工事費削減となる建設的な方策ですから、その設計業務に携わる建築士さんへの啓発とともに、建築主である施主

田辺市議会 1995-12-12 平成 7年12月定例会(第2号12月12日)

第一番目の、稲成の大型店進出に伴う諸問題についてでありますが、先般、稲成のオークワ店の建築確認申請が田辺市に受理され、来年度にオープンされることがいよいよ決定的となったわけですが、この稲成のオークワ店進出によって、市街地商店街は、まさに生き残りをかけるというか、今後さらに厳しい状況に追い込まれることは、間違いのないことであります。

  • 1