8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

印南町議会 2019-08-23 09月17日-02号

印南町は無償にしている、ところが広域保育所(子どもさんが通っている他の自治体保育所)では副食材料費無償にしていないということになれば、対応がちくはぐになります。そこら辺、教育委員会としては基本的にどのようにお考えでしょうか。最後の質問です。 ○議長 -教育課長-教育課長 ただいま、広域的入所の場合はどうなるのかということですけれども、その方についても無償としたいと思ってございます。 

高野町議会 2014-09-11 平成26年第3回定例会(第2号 9月11日)

健康推進課長阪田圭二) まず、町外保育費の111万円ですけども、これはあくまでも広域保育の仕組みを利用されたというケースです。  ほんと言いますと、高野町の住民の方なんで、高野山こども園に来ていただくか、これはちょっと極端な発想かわからないですけども、休園中の富貴保育所を再開してそこで見るか、そういった選択肢が出てきます。  

印南町議会 2014-08-24 09月16日-02号

広域保育所に通っている園児家庭対応はどのようになりますか。 ③町は、学童保育について現在は学童保育実施条例を定めています。この学童保育についても国の基準が定められ、町のほうで新たにこの学童保育に関する条例をつくらなければなりません。子ども子育て支援法では、職員数は必ず国の基準に従うべき基準として、2名以上とされています。

和歌山市議会 2004-03-24 03月24日-13号

1、将来的に広域保育も視野に入れた中で、近隣市町村との保育料適正化を図りたいとの説明もなされたが、地方分権の時代の流れの中で、市長自身自治体同士競争云々と述べられていることからも、ただ単に均衡を図るといった理由で、本市より高額に設定している他の自治体保育料を合わせる必然性は全くなく、本市独自の市民福祉施策として、当然進めるべきではないか。 

  • 1