2628件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海南市議会 2027-09-13 09月13日-05号

認定について日程第2 議案第94号 平成30年度海南後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について日程第3 議案第95号 平成30年度海南介護保険特別会計歳入歳出決算認定について日程第4 議案第96号 平成30年度海南地域排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について日程第5 議案第97号 平成30年度海南同和対策住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について日程第6 議案第98号 

和歌山市議会 2024-09-18 09月18日-04号

学校教育の中で、子供たちの1日の3分の1の時間を過ごす教師が虐待とその防止について正しい知識で対応しなければならないことから、平成28年12月議会でも質問させていただきましたが、再度、詳しくお聞きします。 平成28年8月の市教委開催研修では94名の教師参加でしたが、今年度は何人の参加ですか、また、どのような研修内容で、参加された教師の感想はどのような意見が多かったのでしょうか。 

和歌山市議会 2023-12-05 12月05日-03号

平成28年度--2016年度の事案以外は把握できていない、まだ調査中であるということです。常態化していたのではないかということも指摘をされていました。 そのことにかかわって、2018年--平成30年12月に出された文書についてもお伺いをいたしました。2018年--平成30年12月に西警察から捜査協力の要請があったと、そして業者に宛てて通知をしたというお答えでした。

海南市議会 2023-12-03 12月03日-02号

次に、海南市の実績ですが、平成28年度は4,790件で9,911万8,568円、平成29年度は6,785件で1億2,922万510円、平成30年度は7,372件の1億3,821万2,500円であり、平成28年度から平成30年度までの3年間の伸び率は約140%となっています。 

海南市議会 2022-06-18 06月18日-02号

議長川崎一樹君) 前山工務課長工務課長前山勝俊君) 海南市の水需要状況ですが、議員指摘のとおり、平成29年度は簡易水道統合により給水人口給水量ともに増加しているために、平成22年度と平成28年度の比較をしてみますと、平成22年度の給水人口は4万8,681人、総給水量は559万6,802立方メートル、平成28年度の給水人口は4万6,383人、総給水量は509万3,685立方メートルに減少

和歌山市議会 2021-09-17 09月17日-03号

2つ目の延滞金状況についてですが、地方税法において、延滞金年率は、平成25年12月31日まで14.6%、その後、改正で率が下がり、現在、平成30年1月1日から令和元年12月31日まで8.9%と規定され、納期限の翌日から納付するまでの日数に応じ、算出しています。 なお、納期限後1カ月間は2.6%の軽減された年率延滞金が算出されています。

和歌山市議会 2020-12-20 12月20日-07号

30年度和歌山水道事業会計決算認定について第7 認第2号 平成30年度和歌山工業用水道事業会計決算認定について第8 認第3号 平成30年度和歌山下水道事業会計決算認定について第9 認第4号 平成30年度和歌山一般会計歳入歳出決算第10 認第5号 平成30年度和歌山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算第11 認第6号 平成30年度和歌山卸売市場事業特別会計歳入歳出決算第12 認第7号

印南町議会 2020-12-14 09月19日-03号

平成30年度決算処分により確定しました平成30年度人件費事務費に係る精算に伴う一般会計繰出金補正、及び、平成30年度出納整理期間中に賦課収納された広域連合へ支払う保険料等負担金の計上が主なものでございます。 1枚おめくりいただきまして78ページ。「第1表 歳入歳出予算補正歳入でございます。 4款.繰越金、1項.繰越金301万8,000円の増額。 

和歌山市議会 2020-12-09 12月09日-05号

これは、日本産業規格--JISのようなもので、本市行政として平成12年度より導入し、先進事例として斬新さを感じましたが、気がつけばといいますか、平成20年にはそれも消え、平成21年より、和歌山市独自の環境マネジメントシステムとして、また、新たに目標の設定、環境監査等不適合是正を行うに至っており、環境への施策一つをとってみても、社会情勢今後の展開の読みと市民ニーズ多様化、その決断のタイミングの難しさを

和歌山市議会 2020-12-06 12月06日-04号

また、高齢化率におきましても、和歌山県は近畿2府4県中、平成27年では30.9%となり、最高となっております。さらには、要介護認定率においても、平成27年度には23.3%で、長崎市に次いで本市は第2位という調査結果が出ており、この数字はかなり高い数字となっております。直近での平成29年度、平成30年度は、2年連続中核市の中で1位という、そういう数字ともなっております。 

海南市議会 2020-12-05 12月05日-04号

平成20年度には、中心市街地活性化策としてJR海南駅の利用者はもとより、周辺地域利便性の確保のため当該用地民間に貸し付け、市内の産業界から不足していると指摘のあった宿泊施設を整備することを目指し、民間事業者を公募いたしました。しかしながら、当時発生したリーマンショックの影響により公募に応じる民間事業者がなく、断念した経過がございます。 

和歌山市議会 2020-12-02 12月02日-01号

本市といたしましては、市民の生命・財産を守る施策を推進するため、平成30年度から国が実施している「防災・減災国土強靱化のための3か年緊急対策」について、期間を延伸し、今後も継続されるよう、国に対し強く要望してまいります。 最後に、本定例市議会には、一般会計補正予算案を初め、特別会計補正予算案、条例の制定等、諸議案を提出しております。 

海南市議会 2020-10-03 10月03日-06号

30年度海南一般会計歳入歳出決算認定について日程第15 議案第93号 平成30年度海南国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について日程第16 議案第94号 平成30年度海南後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について日程第17 議案第95号 平成30年度海南介護保険特別会計歳入歳出決算認定について日程第18 議案第96号 平成30年度海南地域排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定

田辺市議会 2020-09-25 令和 2年第6回定例会(第6号 9月25日)

この移転候補地一つとして東山の名前が挙がったのが、今から3年前、2017年、平成29年の1月です。あくまでも公正な調査に基づいて東山が選ばれたという説明ですが、今般、その候補地選定が行われる前年、2016年、平成28年に市がオークワ敷地内の私有地の売買に関与していたという事実を示唆する物的証拠情報提供を受けました。