830件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第5号 7月 5日)

につき同意を求めることについて  第 2 2定議案第 7号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて  第 3 2定議案第 8号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについ               て  第 4 2定議案第 9号 監査委員の選任につき同意を求めることについて  第 5 2定選 第 1号 公立紀南病院組合議会議員補欠選挙  第 6 2定選 第 2号 田辺周辺広域市町村組合議会議員

田辺市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4号 6月27日)

平成16年に児童福祉法改正で要保護児童対策議会、以下、要対協と称しますが、法定化され、平成19年に同法改正でその設置が市町村努力義務化となりましたが、田辺市では、それに先立って、平成17年度に田辺市児童問題対策地域議会が設置されています。お手元に配付してます資料を御参照いただければと思います。  

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

県内でも学童保育は1年生から6年生までの受け入れをしている市町村がある中、田辺市では、基本的に3年生までの受け入れのままですが、子供の放課後の過ごし方の現状について、学童保育の意義と先ほどから御答弁いただきました子供権利が十分に満たされているとお考えでしょうか、当局のお考えをお聞かせください。             

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

例を挙げますと、市町村の役割として、地域の実情把握を行い、過疎地域の将来像を示すなど、今後の地域づくりにおいて、資産に伴う内容ですので、ぜひ、本町のほうにも届いているとは思うんですが、今後、施策に生かしていただくとともに、必要な地域に、集落支援員の配置を検討していただきたいと考えます。  次に、地域おこし協力隊について。  

高野町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会 (第1号 6月18日)

ただいま県内市町村長、また和歌山県と共通の返礼品を確保できるように精力的に協議を進めているところでございますので、方向性が決まり次第、先生方に御報告をしていきたいというふうに考えております。  平成30年度に御寄附をいただいた寄附金の総額は、後ほども申しますが、約196億円となり、うち約70億円を基金、ふるさと応援基金に積み立てることができました。

田辺市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第1号 6月14日)

プレミアム付商品券事業費につきましては、国による制度の詳細決定に伴い、通信費及びプレミアム付商品券交付金を増額するほか、商品券の販売方法を直営方式から委託方式に変更することに伴い、市町村職員共済組合等市負担金及び臨時職員賃金等を減額し、プレミアム商品券販売業務委託料を計上するものです。  次に、84ページをお願いします。  

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

について     追加議事日程     第 1        会議録署名議員の指名     第 2        会期の決定について     第 3 選挙第 2号 副議長選挙について     第 4        議席の指定について     第 5 選任第 1号 常任委員会委員の選任について     第 6 選任第 2号 議会運営委員会委員の選任について     第 7 選挙第 3号 橋本周辺広域市町村組合議会議員

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

自治体としては、国庫負担の増額を求めると同時に保険料を引き下げる努力をすることが重要で、全国的には市町村独自で収入のないゼロ歳から18歳までの子供の均等割の撤廃や減免制度を取り入れている自治体も出てきています。子育て支援に逆行する人頭税ともいえる均等割の制度を本市においても見直すことを求めます。  

高野町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会 (第5号 3月20日)

全国平均より上回っておりますが、和歌山県内では、男性が24位、女性は22位となっており、県内市町村のうちワースト6位という低い結果となっております。  今現在、最新バージョンの和歌山県健康寿命について統計を出していただいておるところでございますが、県が公表している健康寿命につきましても同様平成22年となっておりますので、新しい数値が出ましたら、平成27年が最終数値になっております。

高野町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 (第4号 3月14日)

2目国有資産所在市町村交付金及び納付金、558万9,000円、1節558万9,000円。次のページをお願いします。3項軽自動車税1目軽自動車税、1,185万7,000円、1節1,180万7,000円、2節5万円。2目環境性能割、16万円、1節16万円。4項町たばこ税1目町たばこ税、1,800万円、1節1,800万円。

高野町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 (第3号 3月12日)

これまでこの資金の貸し付けについては、国が定める第8条の規定で保証人を立てることを求めておりましたが、今般、政令が改正されたため、保証人の要否について、市町村の判断で条例を定めることになりました。町といたしましては、これまでどおり保証人を要することとしてこの条例を規定し、直すものです。  改正の中身なんですけども、下の1番、貸付けを受けようとする者は、保証人を立てなくてはならない。

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

また、緊急時以外はかばんに入れ使用しない、管理は子供が行う、ルールに従わない場合は学校が預かり、保護者に返す、学校が適切な使用方法を指導するなどがガイドラインの素案には明記されており、実際に持ち込みを許可するか否かや実施の時期については市町村教育委員会の判断に委ねられるそうです。  

高野町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会 (第2号 3月11日)

森林経営の管理法におきましても、経営や管理が適切に行えてない森林については、適切な経営や管理の確保を図るため、市町村が中・・・。 ○9番(松谷順功) そんなことは聞いてない。1個だけ、それは次に聞きますから。体制をどないしてつくるんだと、どうするんやということを聞いてる。 ○議長(大西正人) 的確にお答えください。

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

ふるさと納税の寄附金額向上における指定制度の導入を盛り込んだ地方税法の改正案、また町村及び都道府県が実施する森林の整備及びその促進に関する整備の財源に充てるため森林環境税を創設し、その税収額に相当する額を森林環境譲与税として市町村及び都道府県に対して譲与するための森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律案など、本町に影響の大きい法案もございますので、引き続き国の動向には注視してまいりたいというふうに

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

この間、議員各位を初め、市民の皆様の御理解、御協力をいただく中で、市町村建設計画、田辺市総合計画を基軸とし、まちの基盤整備とともに、産業力の強化、文化力の向上、地域力の充実、そして新たな価値創造に全力を傾注しながら、今日まで着実な歩みを進めることができたと実感しているところです。  

高野町議会 2019-02-18 平成31年第1回臨時会 (第1号 2月18日)

それまでに総務省、また和歌山県市町村課を通じて、今後どうするのか、うちの商品の中で指摘されている商品を今後続けていくのかというような問いが、9月に頻繁にございました。その中で、やはりうちの商品というのは、静岡県小山町、また泉佐野市等がしているアマゾンギフトを出していくというようなものと性質は全く違うというふうに私は考えております。

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

また、先ほど答弁にありました文部科学省通達にも書いているのですけれども、都道府県または市町村教育委員会やその所管する教育センター等の公的機関の行うテストは業者テストではないと明記されております。  今回私が述べているのは定期テストについての話でありまして、当時の業者テストとは性格が異なる話でありますので、混同しないように念のため申し添えておきます。  

高野町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会 (第2号12月10日)

そして、またその回答に従って、高野町の、その地検が言うのには、犯罪者であれば市町村役場のほうへ通達しておる。市町村役場では犯罪名簿がある、それを閲覧したらどうですかという話です。即、役場のほうへそれを尋ねてみました。これが29年の12月26日。3日ほどでこれも返事をくれました。その内容を見ましてでも、自分は犯罪者ではないなということが確認できました。それで、立証できたわけであります。