運営者 Bitlet 姉妹サービス
577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 新宮市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 ◆4番(大石元則君)   今回の動きの中で、福祉センターにいち早く避難された方が多かったんで、台風20号のときは定員超過になって、保健センターのほうへ回っていただいたと。その経験を踏まえて、台風21号のときにはいち早く福祉センターの、今まで議場にも使われていましたけれども、ホールに畳を導入して、避難所として用意された。 もっと読む
2018-06-15 海南市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号 この車両の概要でございますが、車体のエンジンは排気量が4,000cc、乗車定員が5人で、容量800リットル以上の水槽及び圧縮空気泡消火装置を装備しております。  詳細につきましては、議案書に添付してございます参考資料をごらんいただきたいと存じます。  車両の納入期限につきましては、平成30年12月10日としてございます。   もっと読む
2018-03-12 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月12日−09号 1月22日召集の第196回通常国会、現在開会中の国会では、東京23区の大学の定員を原則10年抑制するための法案が提出されるそうであります。 もっと読む
2018-03-09 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月09日−08号 ことしの4月には、1大学が開校をするそうでありますが、その開校も開学も間近に迫り、いずれ定員数が、この3大学で定員数が満たされれば、新たに1,280人の学生がこの和歌山市内で学ぶことになります。このこと自体は大変すばらしいことであります。  しかし、開校を目前に控えて、私たちは次の段階のことを考えなければなりません。彼らが卒業をした後のことであります。 もっと読む
2018-03-07 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月07日−06号 4月当初は、待機児童がない保育所等でも、年度途中には定員に達する場合もありますので、現時点では広域入所を実施するのは難しいと思われます。  次に、延長保育の利用状況はどうなっているのかとの御質問です。  延長保育の利用状況の延べ人数については、平成28年度実績として、民間保育所等は41カ所で15万4,398人、公立保育所は4カ所で254人となっています。   もっと読む
2018-03-05 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月05日−04号 そうした中、待機児童の解消に向け、民間保育所の施設整備時に定員の増員、さらに民間幼稚園には認定こども園への移行を推進したことで、平成29年度に定員を226人増員することができました。  一方、公立保育所についても、平成29年度中に乳幼児保育等の実施園をふやすなどした結果、待機児童数が前年と比較し減少傾向となりました。   もっと読む
2018-03-01 海南市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号 これは、さくら園において、特別な対応が求められる子供の養育をしてくれているわけですけれども、定員が20人だと思うんですけれども、この児童発達支援事業についての説明と、それから20人で足りているのかどうかということがあると思いますので、それについての説明をお願いしたいと思います。 もっと読む
2018-03-01 和歌山市議会 平成30年  2月 定例会-03月01日−03号 民間保育所、幼稚園では、定員見直しを含めた施設整備と認定こども園の普及促進を図るとともに、公立では、保育時間の拡充等の機能強化に加え、芦原及び本町認定こども園の整備を進めることで、さらなる待機児童の減少を目指します。  小学校の若竹学級については、引き続き待機児童が発生しないよう、必要な整備を行ってまいります。   もっと読む
2017-12-11 印南町議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号 やしてもらうんですけれども、庁舎は定時を過ぎても電気が灯っていたり、また、先般からイベント等へ出させていただいても、職員さんはしょっちゅう全員出て対応しているということで、休日も大変やなと思いまして、そこらの話を聞くと、警報が出ても、全員がまたその警報で役場のほうへ出ているということで、本当に土日無し、夜間も遅く、ということで、今の職員さんの数を聞かしてもろうたら83名ということで、5次の印南町の定員適正化計画 もっと読む
2017-12-08 田辺市議会 平成29年12月定例会(第2号12月 8日) 既に学童保育所の定員を600人とする数値目標を一年前倒しで達成しているところであります。  また、第二次田辺市総合計画においても、保育サービス、両立支援の単位施策の指標として、子供の居場所設置箇所数を位置づけ、平成32年度までの目標を19カ所に定めています。 もっと読む
2017-12-08 田辺市議会 平成29年12月定例会(第2号12月 8日) 既に学童保育所の定員を600人とする数値目標を一年前倒しで達成しているところであります。  また、第二次田辺市総合計画においても、保育サービス、両立支援の単位施策の指標として、子供の居場所設置箇所数を位置づけ、平成32年度までの目標を19カ所に定めています。 もっと読む
2017-12-07 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−06号 認可園の園長からは、プレ学齢期とも言える幼稚園の果たしてきた役割と子供の生活を丸ごと考える保育所の果たす役割は違うこと、そして、そもそも幼稚園、保育園の教諭と保育士では初めから給与に違いがあること、現在、120名定員でやっているけれども、長時間保育には交代勤務が必要となることから、全ての保育士が全ての子供たちを把握するためには90名定員が望ましいのではないかとの意見が述べられていました。 もっと読む
2017-12-07 和歌山市議会 平成29年 12月 定例会-12月07日−06号 認可園の園長からは、プレ学齢期とも言える幼稚園の果たしてきた役割と子供の生活を丸ごと考える保育所の果たす役割は違うこと、そして、そもそも幼稚園、保育園の教諭と保育士では初めから給与に違いがあること、現在、120名定員でやっているけれども、長時間保育には交代勤務が必要となることから、全ての保育士が全ての子供たちを把握するためには90名定員が望ましいのではないかとの意見が述べられていました。 もっと読む
2017-11-29 田辺市議会 平成29年12月定例会(第1号11月29日) 次に、行政局費にかかわって、合併以降行政局職員数を減らしているが、適正人数の考え方をただしたのに対し、「職員数は本庁、行政局ともに市全体で定員適正化計画に基づき、業務量、国等の制度、所管業務の範囲等を勘案し、適正な職員数の維持に努めている」との答弁がありました。 もっと読む
2017-11-29 田辺市議会 平成29年12月定例会(第1号11月29日) 次に、行政局費にかかわって、合併以降行政局職員数を減らしているが、適正人数の考え方をただしたのに対し、「職員数は本庁、行政局ともに市全体で定員適正化計画に基づき、業務量、国等の制度、所管業務の範囲等を勘案し、適正な職員数の維持に努めている」との答弁がありました。 もっと読む
2017-10-05 海南市議会 平成29年  9月 定例会-10月05日−09号 次に、議案第54号 海南市立子ども園条例の一部を改正する条例について、まず、委員から、現在、日方保育所160人、日方幼稚園100人、室山保育所90人、黒江幼稚園170人で、定員の合計が520人であるが、みらい子ども園の定員は270人である。 もっと読む
2017-09-28 和歌山市議会 平成29年  9月 定例会-09月28日−07号 これは、お泊りデイサービスを実施する既存の通所介護事業所に対してスプリンクラー整備費用の一部を助成するものでありますが、委員から、当該事業所に係るスプリンクラーの設置については、法に定める要介護状態区分が3以上の者の割合が定員の半数以上の施設に義務づけられており、今回、設置対象となる7カ所のうち6カ所の事業所については、入所者の状況等も加味し、申請を見送ったとのことである。 もっと読む
2017-09-28 和歌山市議会 平成29年  9月 定例会-09月28日−07号 これは、お泊りデイサービスを実施する既存の通所介護事業所に対してスプリンクラー整備費用の一部を助成するものでありますが、委員から、当該事業所に係るスプリンクラーの設置については、法に定める要介護状態区分が3以上の者の割合が定員の半数以上の施設に義務づけられており、今回、設置対象となる7カ所のうち6カ所の事業所については、入所者の状況等も加味し、申請を見送ったとのことである。 もっと読む
2017-09-22 高野町議会 平成29年第3回定例会 (第4号 9月22日) その中で、8名定員ではやっぱり定員いっぱいで乗れないという、利用される方が増えてくると乗れないということが出てまいりますので、乗れる定員をできるだけ増やしたいということで、4名の定員を増やして12名乗れる車両を選ばせていただきました。   もっと読む
2017-09-22 高野町議会 平成29年第3回定例会 (第4号 9月22日) その中で、8名定員ではやっぱり定員いっぱいで乗れないという、利用される方が増えてくると乗れないということが出てまいりますので、乗れる定員をできるだけ増やしたいということで、4名の定員を増やして12名乗れる車両を選ばせていただきました。   もっと読む