334件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

平成31年度の学童保育所の入所申し込みの状況は、定員640人のところ直近での申し込みは596人となっています。現時点で待機児童が出ている学童保育所は、芳養で15人、三栖で1人の計16人となっています。このうち、芳養学童保育所の15人は、入所申し込み期間内で申し込みがあったもので、三栖学童保育所は、期間後の申し込みによるものです。  

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

乗り合いタクシーは、全国で導入している自治体等の事例がございますが、その運行形態につきましては、路線バスや住民バスと同様、決まった時間と経路を乗車定員12人以下の車両で運行する、いわゆる定時定路線運行や自宅付近から区域内の目的地を予約に応じて運行する区域運行などがございます。  

田辺市議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会(第2号 9月 7日)

一方、現在の田辺市子ども・子育て支援事業計画では、学童保育所の整備目標を定員600人と定め、平成27年11月には市における学童保育所の開設基準を従来の利用希望者が20人のところを10人に緩和し、中規模校への学童保育所の整備を進めてまいりました。このことによりまして、現在の学童保育所の定員は635人となっており、既に目標を達成しているところです。  

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

南紀田辺UMEロードマラソン大会の参加者は、第1回から585名、517名、567名、そして第4回が612名と募集定員の500名を超える応募があり、このうち県外からの参加者も100名以上と回を重ねるごとに認知度も上がっており、梅のPRと観光振興、地域の活性化につながる大会に成長しつつあります。  

海南市議会 2018-06-15 平成30年  6月 定例会-06月15日−05号

この車両の概要でございますが、車体のエンジンは排気量が4,000cc、乗車定員が5人で、容量800リットル以上の水槽及び圧縮空気泡消火装置を装備しております。  詳細につきましては、議案書に添付してございます参考資料をごらんいただきたいと存じます。  車両の納入期限につきましては、平成30年12月10日としてございます。  

印南町議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

それから、あと、地域密着型の通所介護と申しますけれども、定員が18人以下の小規模な通所介護施設でございます。こういったところで日常生活上の支援や機能訓練などのサービスを受けている。現在、三和デイサービス印南店というのができてございます。あと、地域密着型のサービスで、町内でサービス事業をしている事業所はございません。  以上でございます。

印南町議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

これは、いつも定員に対して多くの人の申し込みがあって、あふれる人が大変多いというふうに聞いておりますけれども、平成29年度の状況と、30年度はそこら辺の対応というのはどのように考えておるのかということです。  以上です。 ○議長 -税務課長- ◎税務課長 30年度からの国民健康保険事業の世帯人数と世帯数ということでございますけれども、世帯人数としては3,026人を見込んで計算しております。

田辺市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会(第4号 3月12日)

担当課に聞くと、内定辞退での定員割れではなく、1次募集では15名の採用枠に対して、採用基準に達した人材は10名だったため追加募集を行ったとのことでした。2次募集では予想を大きく上回り、1次募集の140名を超える過去最多152名の応募があり、採用数も5名枠を大幅超過して8名の採用に踏み切り、その内訳は社会人経験者の割合が多かったと聞いております。  そこで(1)の質問です。

印南町議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会-03月12日−02号

最後に5点目として、職員の適正化計画の定員を1人減らし、花火大会を毎年開催する提案をしたいと思います。このことについては、昨年の9月議会に人口が減ってIT化が、また、AI化が進む中で、現状より職員を増やす計画について質問をいたしました。

海南市議会 2018-03-01 平成30年  2月 定例会-03月01日−04号

これは、さくら園において、特別な対応が求められる子供の養育をしてくれているわけですけれども、定員が20人だと思うんですけれども、この児童発達支援事業についての説明と、それから20人で足りているのかどうかということがあると思いますので、それについての説明をお願いしたいと思います。

海南市議会 2018-02-27 平成30年  2月 定例会-02月27日−02号

本市では、子育て支援の観点から、みらい子ども園の開園や学童保育事業の定員拡充など、仕事と子育ての両立を支援し、より安心して子育てができる環境の実現に向け、取り組んでいるところでございます。  また、国民健康保険税については、けさほどの宮本憲治議員の御質問にもありましたように、国民皆保険制度を維持する上で大変厳しい状況になっているというふうに認識をいたしております。  

印南町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会-12月11日−02号

やしてもらうんですけれども、庁舎は定時を過ぎても電気が灯っていたり、また、先般からイベント等へ出させていただいても、職員さんはしょっちゅう全員出て対応しているということで、休日も大変やなと思いまして、そこらの話を聞くと、警報が出ても、全員がまたその警報で役場のほうへ出ているということで、本当に土日無し、夜間も遅く、ということで、今の職員さんの数を聞かしてもろうたら83名ということで、5次の印南町の定員適正化計画

田辺市議会 2017-12-08 平成29年12月定例会(第2号12月 8日)

既に学童保育所の定員を600人とする数値目標を一年前倒しで達成しているところであります。  また、第二次田辺市総合計画においても、保育サービス、両立支援の単位施策の指標として、子供の居場所設置箇所数を位置づけ、平成32年度までの目標を19カ所に定めています。

海南市議会 2017-12-07 平成29年 11月 定例会-12月07日−04号

幼稚園は、定員数よりはるかに少ない入園者しかおりません。幼稚園教諭でも、保育士の資格を持っていますので、本来なら、それらをうまく組み合わせて多くのゼロ歳児、1歳児のほうに手当てできたのではないのかなと思います。  私が今回、ここで聞きたかったのは、そういうのではなくて、出産奨励金、祝い金のような制度なんです。

海南市議会 2017-12-06 平成29年 11月 定例会-12月06日−03号

続いて、日方保育所の園舎移転に伴う面積要件の変更による待機児童の解消についてですが、10月1日現在の日方保育所の入所状況では、定員160人に対し入所児童数は157人で、歳児別内訳は、ゼロ歳児6人、1歳児23人、2歳児27人、3歳児29人、4歳児38人、5歳児34人となっています。  

田辺市議会 2017-11-29 平成29年12月定例会(第1号11月29日)

次に、行政局費にかかわって、合併以降行政局職員数を減らしているが、適正人数の考え方をただしたのに対し、「職員数は本庁、行政局ともに市全体で定員適正化計画に基づき、業務量、国等の制度、所管業務の範囲等を勘案し、適正な職員数の維持に努めている」との答弁がありました。

高野町議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会 (第4号 9月22日)

その中で、8名定員ではやっぱり定員いっぱいで乗れないという、利用される方が増えてくると乗れないということが出てまいりますので、乗れる定員をできるだけ増やしたいということで、4名の定員を増やして12名乗れる車両を選ばせていただきました。  

印南町議会 2017-09-20 平成29年  9月 定例会-09月20日−02号

また、第5次印南町定員適正化計画においても、同様に平成32年4月1日の職員数を90人と目標を設定し、その目標に沿って計画的な採用を行っているところであります。  なお、総務省から公表されてございます類似団体別職員数の状況というものがございます。