6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

和歌山市議会 2017-09-13 09月13日-02号

国の安全保障政策は、地方にとっても不可欠で、非常に重要なことです。緊迫する国際情勢の中、これまで同様、今後も冷静かつ毅然と国家安全保障のための方策に取り組んでいただきたいと考えております。 また、地方創生の取り組みにつきましては、人口減少が続く中で、地域の活力を向上させ、各地域がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会の創生のため、時宜を得た大変有意義な政策であると認識しております。 

印南町議会 2015-10-28 12月14日-02号

また、社会的には安全保障関連法案が可決、成立され、日本安全保障政策が大きく展開することになりました。 そして、社会保障や納税に関する情報を一元化に管理するマイナンバー法が施行され、我が家にも通知カードが先月配達されてきたところです。 また、世界的なところでは、12カ国による完全撤廃を検討する環太平洋パートナーシップ協定が大筋合意され、各国の思惑が交錯する中、巨大な経済圏の誕生ともなりました。 

新宮市議会 2015-09-17 09月17日-05号

憲法第9条の平和主義専守防衛の原則を堅持した安全保障政策の構築を目指したのが今回の平和安全法制の真実であります。法案整備により、日本安全のみならず、国際社会平和と安定に大きく貢献できるものと期待しています。 それでは、この今の意見書案の内容について、個々に指摘したいと思います。 意見書の冒頭部分に、「他国を武力で守る集団的自衛権の行使を可能にする」とありますが、これは明らかな認識の誤りです。

海南市議会 2015-07-02 07月02日-06号

「これらの安保法制整備法案が仮に成立することになれば、我が国の安全保障政策の重大な転換となり、平和国家としての国是は大いに傷つくことになる。不戦国家から軍事力行使国家へとの大転換を意味し、国策を大きく誤ることが恐れなしとはしない」と声明で述べています。 今、思想信条、政治的立場を超えて、安保関連法案への反対、否定的な声が広がってます。

和歌山市議会 2001-06-25 06月25日-07号

戦略という言葉は、もともと国家政策策定者が安全保障政策を立案する際に、軍事力の整備とか、あるいは主要計画に対して全般的指針を与える目的、合理的な理論ないし構想に使われたことに始まると言われておますが、今日では、例えばIT戦略とか販売戦略など、国や企業におきましてもよく使われるようになっております。 

  • 1