147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号12月11日)

先ほどの答弁にもありましたように、平成24年の文部科学省の調査によりますと、小中学生の通常の学級に6.5%、40人の学級では2人から3人の割合で、学習面または行動面において困難のある児童生徒が在籍しており、この中には発達障害の疑いがある児童生徒が含まれている可能性があると言われております。  

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

分校にすることによって、高野山小学校の本校と計画的に交流が持てるということで、大人数というんですかね、複数の人数の学級学習ができる機会が増えるということで、あえて分校にしたという経緯がございます。  それで、必ずそこにいてくれるかということなんですけども、それは家庭の事情によって必ずということは言えないかもわかりません。

田辺市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第2号 9月13日)

現在、少子化に伴い、学級数及び教員の配置が減少している状態であります。そのため、部活動数にも影響が出ている事態でもあります。また、教員の減少に伴い、既存の部活動の競技を経験したことのない教員顧問を持つこともふえてきています。  そのような状況のもと、部活動の充実に向けた取り組みとして、部活動外部指導員を導入しております。

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

しかしながら、学校行事、気象警報による休校、また、学級閉鎖等により計画どおりに進行できない場合もございます。テスト範囲につきましても、学校行事や部活動の大会等の関係で不均等になってしまう場合もございますので、可能な限りテスト範囲に不均等が生じない年間計画の作成や、計画を変更した場合、事前に適切な対応を行うよう引き続き徹底してまいりたいと考えております。  

高野町議会 2018-06-26 平成30年第2回定例会 (第2号 6月26日)

また、高野山小学校、高野山中学校においても、文科省が適正規模としている小学校12学級から18学級中学校においては6学級から9学級を有してはおりません。しかしながら、教育委員会では小規模校と極小規模校で構成されている高野町学校教育の規模を逆にメリットと考えて、各学校にその特色を生かした取り組みの推進をお願いしているところでございます。  

高野町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日)

続きまして、95ページのことでお尋ねした義務教育の無償化、修学旅行等の補助金、また義務教育無償化学校教材補助金ということで、この学校教材費の補助金1万8,000円に関しましては支援学級の対象に充てるというようなものということで、支援学級の生徒さん、少ないと思いますが、こういう少ない額になっておるんかなということで了解をいたしました。  

田辺市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日)

以上のように授業時数と授業内容に変更された点はございますが、指導については当該学年の学級担任が行います。また、議員質問英語免許を取得している小学校教員についてでございますが、小学校教諭全体の8%であります。英語の専科教員につきましては、本市では今年度1名の配置となってございます。            

田辺市議会 2018-02-28 平成30年 3月定例会(第2号 2月28日)

また、委託料につきましては、172ページの教育課程研究充実のため、幼稚園、小中学校で継続しております授業研究委託料や児童生徒の学校生活における満足度や意欲、さらに学級集団の状態を調べるための学級集団アセスメント業務委託料が主なものでございます。  使用料及び賃借料につきましては、田辺西牟婁小中学校音楽会の会場借料ほかでございます。  

田辺市議会 2017-03-13 平成29年 3月定例会(第4号 3月13日)

三つ目に、不登校の予防についてですが、もちろん各学校では不登校生徒を出さないような学級づくりに取り組んでおられることと思いますが、今回は一つの提案をしたいと思います。それは、認知行動療法に基づく心の健康を含む心理教育として、困難をはね返す力を伸ばすプログラム、「フレンズプログラム」を紹介したいと思います。  このプログラムはオーストラリアで開発され、世界20カ国で実施されております。

田辺市議会 2017-02-28 平成29年 3月定例会(第2号 2月28日)

165ページの委託料につきましては、教育課程研究充実のため、幼稚園、小中学校で継続しております授業研究委託料や、児童生徒の学校生活における満足度や意欲、さらに学級集団の状態を調べるための学級集団アセスメント業務委託料が主なものでございます。  また、使用料及び賃借料につきましては、田辺西牟婁小中学校音楽会の会場借料ほかでございます。  

田辺市議会 2017-02-27 平成29年 3月定例会(第1号 2月27日)

職員の資質向上や国際化・情報化等に対応した教育活動の充実に加え、不登校やいじめ問題など、児童生徒を取り巻く多様な課題に対しては、学級集団評価アンケートの実施などにより、学校生活の満足度や学習への意欲学級集団の状態などを的確に把握し、その結果を不登校やいじめの未然防止対策に生かしてまいります。

田辺市議会 2016-11-29 平成28年12月定例会(第1号11月29日)

次に、教育指導費にかかわって、学級集団アセスメント調査結果の詳細説明を求めたのに対し、「調査は小学4年生から中学3年生までを対象に実施した。調査結果によると、小学生で、学校生活に満足している児童の割合は、全国標準値が39%のところ、本市では4年生が46%、5年生が50%、6年生が59%であった。中学生では、全国標準値が37%のところ、1年生が55%、2年生が48%、3年生が46%であった。

田辺市議会 2016-03-01 平成28年 3月定例会(第2号 3月 1日)

委託料につきましては、教育課程研究充実のため、幼稚園、小中学校で継続しております授業研究委託料や、児童生徒の学校生活における満足度や意欲、さらに学級集団の状態を調べるための学級集団アセスメント業務委託料が主なものでございます。  また、使用料及び賃借料につきましては、小中学生の地域語り部事業のための車両借料や会場借料、田辺・西牟婁小中学校音楽会の会場借料が主なものでございます。  

田辺市議会 2015-06-30 平成27年 6月定例会(第3号 6月30日)

何が一番改善策として有効かということを考えたときに、やはり少人数学級であったりとか、音楽だとか体育だとか、理科などの専科の先生の支援、特に夏だと女性の先生がプールに入るのが大変身体的にも負担が大きいとよく聞くのです。ぜひこういうところの支援を強めていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。            

田辺市議会 2015-06-29 平成27年 6月定例会(第2号 6月29日)

例えば、会話ができ授業についても学級で一緒に授業を受けることができるけれども、読むことについて漢字の理解が不十分という児童生徒については、テストの時間など担任がその子供にとってより易しい表現に言いかえて伝えたり、ルビをつけたりするなどの支援を行っております。  また、日常会話が十分ではない子供たちについては、別室で日本語指導を行っているというところもございます。