4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高野町議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第2号 9月12日)

それと、人工透析を開始するには、医師も当然でございますし、専任の臨床学士看護師の確保が重要になってまいると思います。この透析を実施する公的医療機関というのが和歌山県の北部では和歌山県医科大学以外ございません。そんなことを含め、人工透析を実施している施設が少ないというのは何か因果関係があるのかもわかりません。  場の提供については、今後、慎重に検討していく必要があるかなとは思います。  

田辺市議会 2008-09-18 平成20年 9月定例会(第4号 9月18日)

このナポレオンが1,797年にフランス学士院の数学物理部門の会員に選ばれるわけですが、このときの謝辞の言葉があります。「真の征服、いかなる階級も伴わない征服、それはただ一つ、すなわち無知の征服だけであります。いずれの国民に対しても最も尊重すべき、また最も有用な事業とは人間的な思想の拡大、充実に貢献することであります。」

高野町議会 2007-06-21 平成19年第2回定例会(第3号 6月21日)

第一義的には、教育委員会が採用したものでございますから、個人的な人材については、私の聞き及んでおることしかお答えはできませんけれども、まず、一般論から申しまして、執行権者もしくは人事権の持つ者が採用にかかわってはいけないというふうに私は思っておりますので、医師看護師、それから保育士、それから療法理学士、それから保健師、消防士についての採用についても、すべて私以外の者がやっておりますし、現在は外部委託

田辺市議会 1996-06-28 平成 8年 6月定例会(第5号 6月28日)

また、昭和39年からは、わが国学術上の最高の栄誉機関であります日本学士院の会員となられ、さらに昭和63年から六年間にわたり、院長の重責を担われました。  こうした数多くのご功績により、藍綬褒章、勲一等瑞宝章賞、文化功労者などをお受けになっておられますが、本市におきましても、第一回の文化章をお贈りしているところでございます。

  • 1