5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

和歌山市議会 2013-03-06 03月06日-04号

国庫補助につきましては、議員御提案のとおり、地域公共交通確保維持改善事業の鉄道軌道安全輸送設備等整備事業補助金が活用できると考えられ、これは、JRや大手私鉄を除いた鉄道事業者主体となり支援を受けられるものでありますので、補助対象施設などの詳細について、今後、研究してまいります。 以上でございます。 ○議長和田秀教君) 坂本総務公室長。 

和歌山市議会 2006-06-20 06月20日-05号

岡山電気軌道は、「赤字ローカル線が廃線寸前になると、経営支援先として頻繁に名前が浮上する存在」で、岡山流の再生手法は、人件費を大手私鉄の6~7割の水準まで抑え、「『強い労働組合があればできない』(大手私鉄)ような、運転士が切符回収から物販まで手掛けるマルチな人材活用を展開。」することだそうで、「今回の和歌山電鉄では、『常務が乗務する』というのはジョークではない。」と結んでいます。 

田辺市議会 2006-03-14 平成18年 3月定例会(第4号 3月14日)

また、速度制限ATSは、国鉄時代は大手私鉄に設置を義務づける通達を出していたのに、民営化と同時にその通達を廃止し、JRには設置義務をなくしました。その通達があれば、事故は防げたと、専門家は指摘しています。1分1秒を争い、過密スケジュールの中で、安全よりも利益が優先された人災と尼崎の事故は言えるのではないでしょうか。  

和歌山市議会 2005-06-29 06月29日-03号

南海のような大手私鉄では、どうしても越えられない労使協定基礎があるともいいます。 その話をしている際、恥ずかしながら私は、リタイアした元鉄道マンの手を借りれば人件費を抑えられる旨発言しますと、先方から、若い社員がいなければ貴志川線の将来はないじゃないですかと、逆にしかられてしまいました。 現在、南海の運行42名、管理職を含め50人を新会社では30人に、平均給与は年額800万円を500万円に。

  • 1