399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2号12月 9日)

これまでの具体的な取り組みとしましては、堺市で開催される堺まつりや堺ふるさとまつり、本市で開催する田辺農林水産業まつりといった両市のイベントでのお互いの産品の販売・PRを行う産業面での交流を初め、関西大学との連携事業の一環で、堺市内の子供たちを対象としたエコツアーの受け入れ、本市の小学生が社会科見学で堺市の工場を訪問するといった教育面での交流のほか、田辺スポーツパークに堺市スポーツチームが合宿を行

高野町議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会 (第1号12月 3日)

また、近畿大学のふるさと協定でございますが、11月16日、30日、白藤小学校を使いまして、多世代間の異文化交流事業、またアンサンブルベルタ音楽演奏会等を開催されて、にぎわったという報告を受けております。引き続き、この近畿大学とのふるさと協定を活用しまして、高野町と近畿大学の連携を深めてまいりたいなというふうに思っております。  消防関連でございます。

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

病院名は和歌山県立医科大学附属病院紀北分院と、紀和クリニックさん、この2者で委託を受けていただいている状態になります。  以上です。 ○議長(大西正人) 8番、所君。 ○8番(所 順子) その検査で数値が悪かった方に連絡をしてくださって紹介をしていただけると、いいシステムだと思っておりますので、この件に関してはこれで終わらせてもらいます。  ごめん、何名ぐらいいるんかな。

高野町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会 (第2号 9月 9日)

というようなことで、この近隣で言えば、今紀北分院、和歌山県立医科大学とかつらぎ町の中でかつらぎプロジェクトというのを進めてます。名前はかつらぎプロジェクトなんですが、高野町も入ったプロジェクトになっております。  2年、3年ぐらい前になるんですが、そのプロジェクトの一環として和歌山県立医科大学の今は名誉教授の有田幹雄先生に来ていただいて、専修学院とか、いろいろな健康調査もしていただきました。

高野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会 (第3号 6月26日)

大学になれば立派な大学授業料は高いから立派なものを、UCLAやUSC、建ってますよ。けれども小中高は、私の娘も行っておりましたけれども、プレハブです。1階のプレハブ。そういうものも活用できるのではないでしょうかということを私も町長選に出る前は進言をいたしておりますよ。  

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

2016年に福岡県防災講演会で北九州大学の稲月正氏が、熊本地震における車中避難者の実態とその後の支援についてと題する御講演をされていますので、少し御紹介させていただきます。  熊本地震の特徴として、1、2度の大地震余震の頻発、2、広範な被害、3、車中避難車中泊の多さが上げられています。

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

手元にありますが、各職員の方々は配付済みで、議員の皆さんも、もう既に目を通されたと思うんですが、先日開催された地域医療シンポジウムの中で、公表されている県立医科大学の附属病院のほうで、発表している紀北分院における長期総合計画について、聞く機会がありました。  院長みずからが基本理念や目標をわかりやすく解説してくれました。本件の長期総合計画を初め、それぞれの市町村が独自に総合計画の策定をしています。

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

次に、保健体育総務費のうち、謝礼金にかかわって、スポーツ・ツーリズム・コーディネーターの配置状況とスポーツ合宿や各種スポーツ大会の誘致実績について説明を求めたのに対し、「スポーツ・ツーリズム・コーディネーターは1名で、大学旅行会社に出向いてスポーツ合宿やスポーツ大会誘致に向けての営業活動を行い、観光分野も含めて地域経済波及効果に結びつける取り組みを行っている。

高野町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 (第4号 3月14日)

先日の第5号議案におきまして、松谷議員より専門職大学についての質問をいただきましたが、十分な説明ができませんでしたので、少し時間をいただきまして、専門職大学について説明させていただきます。  お手元の資料にございますように、専門職大学は通常の大学とは異なりまして、実習や実験等を重視した即戦力となり得る人材育成するのを目指すのを目的で設置される大学でございます。

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

学校教育法の改正により新たに創設された専門職大学制度により、専門職大学前期課程修了者を短期大学卒業者と同等に扱うこととなったことから、布設工事監督者の資格について必要な改正を行うものでございます。  議案第6号、平成30年度高野町一般会計補正予算(第9号)でございます。歳入歳出それぞれ6,500万円の減額となり、予算総額は234億1,390万円となりました。  

田辺市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

報償費につきましては、大学教授による授業研究の直接指導に係る講師謝礼のほか、県の補助を受けて行う防災教育事業や人権教育総合推進地域事業の講師謝礼、特色ある学校づくりのための講師への謝礼等が主なものでございます。  旅費につきましては、外国人英語指導教師の帰国旅費人権教育総合推進地域事業の視察旅費が主なものでございます。  

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

また、大学はないが、大学生はいるまちをテーマに、県内外の大学のフィールドワーク等を受け入れ、市民大学生との交流を通じて本市に愛着を持ってくれる若者をふやしてまいります。  さらに、移住・定住を促進するため、その基盤となる地域づくり活動や、担い手となる地域おこし協力隊の活動を通して集落の活性化に努めるとともに、これまで山村地域を中心としていた移住支援や創業支援事業を市域全体に広げてまいります。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

自身、中・高・大学スポーツ漬けの生活を送り、卒業後も地元でスポーツを楽しんでまいりましたが、やはり年齢とともに疎遠となり、現在の体形となってしまいました。  帰ってきた当時の田辺市の体育施設は今のようには充実していませんでした。大会を開こうにも施設が分散して大変な苦労でした。それが今では国体を境にがらりと変わり、施設の充実は目をみはるものがあります。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

また、連携する富山大学では、大学地方公共団体企業などと協働し、地方における魅力ある就職先の創出、開拓とその地域が求める人材育成のための教育カリキュラム改革の取り組みに対し、文部科学省が支援する地の拠点大学による地方創生推進事業、COCプラスにおいて、たなべ未来創造塾の取り組みが評価され、全国42校の採択校の中から5校しかなかった最高評価となるS評価を得ています。  そこで、一つ目の質問です。