513件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高野町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会 (第2号 9月 9日)

地震も30年以内には7割、8割の確率で来ますということは、今日は来るかもわかりませんというような、逆に不安をあおってどうするんなって言われるかもわかりませんけど、それぞれのタウンミーティング、高野山地区は参加者がちょっと少ないんですが、多くの町内会はほとんどの方が出てきていただいておる中で、防災に対しての備えは必要だということはずっと説いているつもりでございます。  

高野町議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会 (第1号 9月 3日)

幸い、大きな被害はなかったんですが、今後も来るであろう大きな台風、そして秋雨前線、そして地震に対してしっかりと対応できるように、行政でも固めてまいりたいというふうに思っておるところでございます。  それでは、6月議会後の主な町行政と今後の予定などを報告させていただきたいというふうに思います。  総務課関連でございます。第25回の参議院通常選挙が7月21日に執行されました。

田辺市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第5号 7月 5日)

議会の一般質問におきましても、防災対策防災計画等に関連する御質問をいただきましたが、防災白書では、ブロック塀倒壊による痛ましい死亡事故が発生した大阪府北部地震や、死者・行方不明者245名と甚大な被害となった平成30年7月豪雨、53地点で観測史上最大の風速を更新し、倒木等により長期間停電に見舞われた平成30年台風21号、さらに戦後電力体制では初めて大規模停電、ブラックアウトが発生した平成30年北海道胆振東部地震

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

市民の皆様の心配事、不安の一つでもある災害、特に差し迫る南海トラフ地震のこともあり、防災1点に絞り質問させていただきます。  さて、つい最近も、山形県沖でマグニチュード6.7という地震が発生しました。ことしに入り、震度6弱以上の地震が3回発生し、いよいよ大地震の発生が差し迫ってきているという報道もされています。

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

○8番(所 順子) 文教エリア、結構なネーミングでございますが、うぐいす谷の防災もここに考えていると書いておりますけれども、災害のときは高野町に何カ所か防災的なものが必要で、うぐいす谷に全てを固めてしまうのではなく、分散して防災的なことも考えていかなくてはいけない時代、東南海地震も控えておりますので、分散をするということが大事ではないかと思います。

高野町議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会 (第1号 6月18日)

また、火災災害等の速報に関する情報伝達訓練、また春の全国交通安全運動、またJアラート全国一斉通信試験和歌山県Lアラート合同訓練、また土砂災害全国防災訓練、また本日の大地震の訓練等の試験、またシステム上の訓練を精力的に行っておるところでございます。  続きまして、観光振興課でございます。第3回の高野山龍神温泉ウルトラマラソン、6月9日に開催させていただきました。

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

そのうちの半分余りを占める扇ヶ浜公園整備事業は、南海トラフ巨大地震による津波被害を想定して市役所高台に移転するのに、それより海に近い場所に新武道館建設することは今もなお市民から理解を得られているとは考えられません。  また、公園を壊し、扇ヶ浜公園の松の木を切ったことについても、市民からは歴史文化をおざなりにしていると厳しい意見が寄せられています。  

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

南海トラフ巨大地震は、今後30年以内に80%の確率で発生すると言われ、最悪の場合、死者が32万人以上に達すると推定されています。中でも特に高齢者や障害を持つ方々は大きな被害を受けやすく、住宅耐震改修事業はそうした方々の命を守る対策の一つと考えます。それにつきましてお伺いいたします。  

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

これは、昨年6月の大阪北部地震が登校時間帯に発生し、子供たちの安否確認に手間取ったとして、保護者から持ち込みを認めるよう求める声が寄せられていたことがきっかけとなり、災害など緊急時の連絡手段として持ち込みを認めることとなったのです。スマホなどを使用できるのは、災害などで学校許可した場合や登下校中の緊急時のみであり、その目的防災防犯のためとしています。

高野町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会 (第2号 3月11日)

8年前の14時46分に発生した大地震により、死者1万5,897名、そして行方不明2,533名を数えております。今も避難者5万人を超えるという状況でございます。ここで被害に遭われた方々の御冥福を議会としてお祈りし、1分間の黙祷を行いたいと思いますので、皆様の御起立をお願いいたします。  黙祷。  ありがとうございました。お直りください。  これから本日の会議を開きます。  

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

大阪北部地震で犠牲になられた少女もおりました。また、それに伴って全国の通学路、また避難通路ブロック塀の調査というのが全国的に行われました。それに対するブロック塀の改修・除去というような補助金等もついてきておりますので、金額のほうはまた予算のときにお示しできると思いますが、そういったことも高野町もしていかなければならないというふうに考えています。

田辺市議会 2018-12-20 平成30年12月定例会(第5号12月20日)

今後、30年以内に南海トラフ巨大地震の発生確率は70%から80%とも言われています。この上は、答申でも述べられているように、整備に向けての取り組みを遅延なく進めていただくよう要望をしまして、私の賛成討論とします。             (9番 髙田盛行君 降壇) ○議長小川浩樹君)    続いて、反対討論の発言はありませんか。               

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

ことし6月18日朝に発生した大阪北部地震によりブロック塀が倒壊し、とうとい命が奪われるという痛ましい事故が発生しました。調査の結果、建築基準法を満たしていないものがあったり、点検がずさんであったことが明るみになりました。田辺市でも、学校を初め、公共施設での調査を実施し、取り壊しや補強といった対策がなされています。  

高野町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会 (第2号12月10日)

台風だけではなく、いつ起こるかもしれないであろうとする地震災害においても、さらに考え備えなければならないと思います。先日、12月3日にも地震がありました。近隣では震度1から2ということで発表があり、大きな被害等はなかったかもしれませんけれども、いつ起こるかもしれません。そのことなどをしっかり考えて、どんな取り組みをしているのかを聞きたいと思います。  あとは自席のほうで聞かせていただきます。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

ことしを振り返りますと、6月には大阪北部地震が発生しました。7月には西日本豪雨災害が発生しました。9月には台風の大きな被害も発生しました。また、北海道胆振東部地震が同じく9月に発生いたしました。改めてこの多くの災害において被災された皆様方にお見舞いを申し上げます。  こうした災害を振り返りますときに、私は幾つかの特徴があると思います。