304件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2020-12-09 12月09日-05号

その理念は、「10年後の将来都市像を『きらり輝く元気和歌山市』と定め、それを実現するための4つの分野別目標『安定した雇用を生み出す産業が元気なまち』『住みたいと選ばれる魅力があふれるまち』『子供たちがいきいきと育つまち』『誰もが安心して住み続けられる持続可能なまち』を示すとともに、市内各地域の魅力や特性を踏まえ、地域資源を活用したまちづくりや住民同士による支え合い活動を盛り込んだ地域別計画を定めたところです

海南市議会 2020-06-20 06月20日-04号

しかしながら、返礼品の送付については、地域資源を活用し、地域の活性化を図ることが重要な役割であり、返礼品を送付する場合は、地方団体の区域内で生産されたものや提供されるサービスとすることが適切であるという本来の趣旨から逸脱している自治体もあらわれたことから、平成31年度税制改正にて総務大臣基準に適合する自治体をふるさと納税特例控除の対象として指定する旨の改正を行ったものであります。 

田辺市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会(第6号 3月25日)

次に、商工振興費にかかわって、移住創業・テレワーク推進情報発信事業委託料について詳細説明を求めたのに対し、「多様な地域資源を活用したビジネスや暮らしに関する情報をウエブサイトの作成等により発信し、都市部からの移住・創業の促進を目的とした事業であり、若年層を中心としたIターン・Uターンを促進するとともに、エンジニアなどの人材確保につなげたい」との答弁がありました。

和歌山市議会 2020-03-10 03月10日-09号

テーマ3、「観光の稼ぐ力の強化」では、地域資源の再評価によるブランド力の強化を目的とした和歌の浦の日本遺産認定や体験型観光商品の造成、和歌山城など既存の観光施設の整備のほか、和歌山市初となる道の駅四季の郷公園の整備を進めるなどの観光振興に当たっており、テーマ4、「産業を支える「ひと」の確保と「まち」の形成」では、人材確保が難しい社会情勢において、合同企業説明会やインターンシップ企業見学バスツアーなどを

和歌山市議会 2020-03-04 03月04日-05号

地域包括支援センター等が主催し、医療介護等の多職種協働して高齢者の個別課題の解決を図るとともに、介護支援専門員自立支援に資するケアマネジメントの実践力を高めること、また、個別ケースの課題分析等を積み重ねることにより、地域に共通した課題を明確化し、問題解決に必要な地域資源の開発や地域づくりを進めていくことを目的としています。 

新宮市議会 2020-03-03 03月03日-01号

次に、「政策目標④安定した雇用を生み出すまちづくり」につきましては、地域資源を活用した新たな雇用の場を創出し、若者にも魅力のある良質な雇用の場を提供できるよう努めてまいります。また、働く意欲のある中高年齢者が能力や経験を生かし、年齢に関わりなく働き続けることができる社会の実現に向けた取組を実施し、地域の実情に応じた中高年齢者の多様な雇用、就業の機会を創出していきます。 

田辺市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会(第1号 2月26日)

本年度も産学官金連携によるたなべ未来創造塾を開講し、本市の地域課題の解決と地域資源の活用をビジネスの視点で考える人材育成や、地域の特性を生かしたビジネスモデルの創出に取り組むとともに、女性を対象とした起業塾を新たに開講し、担い手の育成や仕事の創出を図ってまいります。  3、安全。  

新宮市議会 2019-12-11 12月11日-03号

そして、私たちが歴史文化のまちだというこの新宮市の地域資源を、どのようにして文化複合施設から発信していくのかとなりますと、我々なりのノウハウだけではなくて、やはりイベントについては観光協会も非常に大きな技術力を持っておるものですから、そういったところも連携しながら結集をして、一丸となって前へ進んでいきたいなと。

田辺市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第3号12月10日)

今後、企業努力による新たな展開により、ジビエに活用できる個体と同様に地域資源として活用されることを期待しているところでございます。  また、申し上げましたとおり、市といたしましては、少しでも狩猟者の負担軽減につながるよう、平成27年度から市のごみ処理場において有害捕獲された鳥獣について、一定の基準を設ける中で焼却処分の受け入れを実施しております。

高野町議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会 (第2号12月 9日)

これは保護者地域を、地域資源といいますか、地域の人、物、事というふうなことを教育現場に反映させるというふうな背景もあるかと思うんですが、この設置の目的ですね。そして、構成のメンバーですとか、活動の内容、またどのような成果が既に上がっているのか、また課題があるとすればどんなことかということで、お答えいただけたらなと思います。 ○議長(大西正人) 中西教育次長

田辺市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第2号12月 9日)

こうした中、堺市では、ことし6月に新市長が就任され、7月に百舌鳥・古市古墳群がユネスコ世界文化遺産に登録されたことから、私は永藤堺市長を訪問し、今後の両市の取り組みについて、これまでの交流を土台としながら、文化面や世界遺産、食などの地域資源を生かした経済活性化の面から、今後さらに一歩踏み込んだ都市交流を実現できればとの両市の意向を確認するとともに、8月には世界文化遺産登録を記念して堺市で開催された、

田辺市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第3号 9月17日)

また、梅やミカン、シラスやなんば焼きを初め、こうした地域資源を活用しながら地域歴史文化、食などが形成されてきました。  議員御提言の味光路の飲食店との連携については、過去からも田辺商工会議所や南紀みらいなどの各種団体とともに、梅、ウツボ、イサキなどの食材を活用した新たなメニュー開発や消費の拡大に取り組んできたところであります。  

田辺市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第2号 9月13日)

そのほかにも、地域資源である森林地域産業の一つである林業のことをより多くの市民の皆様に知っていただくとともに、生産者と消費者との触れ合いの機会をつくり、暮らしと林業をつなげていく場として、田辺農林水産業まつりや翔龍祭龍神林業まつり等を開催しています。  私たちの身の回りには、1枚の紙から家具建築に至るまで木から生まれた製品が数多く使われています。

高野町議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会 (第2号 9月 9日)

今後の広報活動と情報発信についてですが、例えばA4版バージョンの今の広報に加えて、活字ポイントを大きくしてタブロイド版を発行するとか、また町内各地の魅力ある地域資源について住民と共同して取り上げ、ユーチューブ等を利用して発信するとかなど、いい意味でこだわりを持ってユニークな情報発信、先ほども出てきましたし、町長の中にもそういった形で情報発信するというようなことも伺いましたが、ぜひそうした形で住民目線

田辺市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号 6月25日)

観光資源地域資源の継続的な、持続的な継承には、地域住民の文化景観を守っていく、そして歴史景観を守っていくんだという心のあり方とでも言いましょうか、世界遺産熊野古道を有する地域に住む者の自覚とでも言いましょうか、そういったものの醸成が大変重要であると考えております。そのような観点から、地域が意見集約して出された言葉には、ある意味未来への大きな願いが込められていると感じております。

新宮市議会 2019-06-18 06月18日-02号

そちらの目的は、日足地区、そして熊野川地域地域資源を生かした観光振興、そして森林体験を観光資源として活用できないかということで調査、研究をするというもので、9月2日からということで契約したようですが、この台風12号被災を受けまして、そのまま調査対象区域の熊野川町の日足地区や観光関連施設、それから調査対象となるところが被災を受けましたので、中止ということになっております。

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

について  第16 1定議案第27号 田辺市農山村センター条例の一部改正について  第17 1定議案第28号 田辺市農産物集出荷加工施設条例の一部改正について  第18 1定議案第29号 田辺市森林環境譲与税活用基金条例の制定について  第19 1定議案第30号 田辺市木工館条例の一部改正について  第20 1定議案第31号 田辺市山村振興公園条例の一部改正について  第21 1定議案第32号 田辺市地域資源活用総合交流促進施設条例