9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

田辺市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1号11月28日)

総務費、総務管理費につきましては、職員配置の変動に伴い人件費を減額するほか、外国人保険者の在留資格等の管理に係る電子計算機プログラムを改修するもので、補正に伴う財源といたしましては、繰入金を減額する一方、国庫支出金を計上しています。  次に、55ページをお願いします。  4定議案第11号 令和元年度田辺市の介護保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  

和歌山市議会 2019-03-04 03月04日-06号

皆さんも御承知のとおり、昨年末の国会で、改正出入国管理法は在留資格の緩和により、ことし4月から外国人労働者を今後5年間で最大約34万5,000人の受け入れ拡大を可決したわけであります。そして、現在、日本で働く外国人は約128万人に上り、この和歌山県内でも外国人労働者は、昨年10月時点で前年度比6%増の2,395人、4年連続で過去最高数を更新したそうであります。 

印南町議会 2012-06-18 06月07日-01号

また、在留資格や在留期間の変更における届け出が、地方入国管理局のみとなり市町村への届け出が不要となるなど、利便性の向上が図られるものであります。 昨年から進めてまいりましたシステム改修も完了し、現在、外国人住民となる方へ仮住民票を送付するなど事前チェックを行い、準備を終え施行を待っているところであります。 なお、今議会に、当制度に伴う関係する諸条例規則の一部改正を上程しております。

印南町議会 2012-03-31 06月15日-05号

第1項第3号では、外国人登録に係る文言を削り、第4号では、通称または氏名の片仮名表記についてその取り扱いを、また第5号では、出国や在留資格の取り消しなどによる抹消条件を加えるものでございます。 1枚おめくりください。第2項でございます。 これにつきましては、登録抹消における本人への通知制度を規定するものでございます。 お戻りいただきまして、96ページでございます。 

田辺市議会 2009-12-10 平成21年12月定例会(第5号12月10日)

また、最近では生活相談の枠を超えた専門的かつ深刻な相談が寄せられるようになってきたこともあり、平成18年度からは和歌山県国際交流センターと協力して、弁護士行政書士社会保険労務士等の各分野の専門家及び英語中国語フィリピン語の通訳による外国人のための専門家による1日相談会を年1回開催しており、相談の内容は子供教育在留資格労働問題等さまざまで毎回10数名の在住外国人の方々が相談に訪れております

和歌山市議会 2003-09-18 09月18日-05号

また、重い被害に遭いながら、言葉の壁や在留資格の問題などから、事実上、公的な救済の枠外に置かれている状況です。 市としても今後対策が必要と考えますが、どのようにお考えですか。お示しください。 また、家庭の中でこういうふうに暴力、DVを目撃している子供は、DVの第二の被害者と言えます。以前にも質問させていただきましたが、DVは子供への虐待というのと表裏一体なんですね。

和歌山市議会 1992-07-01 07月01日-03号

次に、外国人の登用についてアルバイトという形での採用は考えられないかという御質問でございますが、アルバイトにつきましては、日本国内において出入国管理及び難民認定法による活動に制限のない在留資格、あるいは就労が認められている在留資格を有する外国人であれば雇用できるものと考えてございます。 以上でございます。 ○議長(西殿香連君) 垂井消防局長。 

  • 1