45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新宮市議会 2019-09-10 09月10日-02号

それと、先ほども御答弁の中で経験のある方が、こういうのをするということで、いろいろ研修であったりとか、そういうのはされている方もおられると思うんですけれども、やはり、市役所の中ですと異動とかいうこともありまして、ふなれな方が今度かわったりすることもあろうかと思いますけれども、そういった部分で研修であったりとか、紀の国防災人づくり塾とか、県内にもあると思うんですけれども、そういうとこへ行ってする職員の

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

この当該法人が認定する機関での研修の履修に関しては、和歌山県が実施している紀の国防災人づくり塾修了者はこの研修を履修したものとみなされることとなっています。  議員が御質問の中で話されましたとおり、市では平成28年度から田辺市自主防災組織育成事業等補助金の対象として、紀の国防災人づくり塾受講に要する費用を補助しています。

和歌山市議会 2017-06-20 06月20日-05号

自民党安全保障調査会国防部会合同会議を開催し、この会議に、防衛省は、弾道ミサイル防衛についてという説明資料を提出いたしました。 その資料によりますと、北朝鮮や中国などが日本に対して弾道ミサイルを発射してきたとき、日本は2段階弾道ミサイル防衛システムで対応することになっている。第1段階では、ミサイルが大気圏にいる間、海上自衛隊イージス艦が探知、撃墜する。

和歌山市議会 2017-03-10 03月10日-09号

スカッドミサイル、それでノドンミサイル、これは中距離弾道ミサイルでございまして、スカッドが400基、ノドンが300基、これが実戦配備されてるというのが韓国の国防省の見方でございます。ムスダンにおきましては、もうグアムまで届きますよということでございまして、先日は4基のスカッドが一斉に発射されるという状態であります。 

和歌山市議会 2015-11-27 11月27日-02号

私が現在、学ばせていただいております紀の国防災人づくり塾でのグループワークでも、トイレ重要性が話し合われ、その中で仮設トイレをあらかじめ避難所に設置していればよいのではないかという話も出ております。和歌山市内、全ての避難所仮設トイレを設置するため、し尿収集運搬業者と締結していると聞いておりますが、発災直後、災害規模によってはすぐに仮設トイレが届かないことも考えられます。

印南町議会 2015-10-01 03月24日-06号

ただ、国のほう等におきましても、これは、現在、使用して認められているのはほとんどございませんけれども、国防費、防衛費等の中で、そういう戦闘機ですかね、そういうふうのをするときには、この継続費を使うそうでございます。それ以外につきましては、予算の関係上、複数年といってもそんなに3年、4年というて継続費を持つのはふさわしくないということで、余り使用していないというのが現在の状況でございます。 

新宮市議会 2015-09-17 09月17日-05号

だけど、何でもそしたら出せるかといえば、やはり国防外交というのは国の専権であるというふうに思いますし、そういった中で、我々間接民主主義といいますか、国会議員を選んできてますし、こういったのが、なかなか我々市議会としてもいろんな考え、主義主張議員がおる中で一本にまとめていくというのは、なかなか議論のあるところではないかと。

新宮市議会 2014-09-09 09月09日-02号

それと、和歌山県におきましては紀の国防災人づくり塾というのが毎年会場を変えて開催されております。それの講習を受けますと、防災士資格が受けれるということでありまして、それの費用1万円程度かかるんですけども、それについては自主防災補助金の中の制度として設けております。そういうことで、地域防災リーダー、そういうところを育てていきたいということで、自主防災補助金一つ制度があります。 

和歌山市議会 2014-03-05 03月05日-05号

「首相が集団的自衛権行使容認に意欲を見せ、自民党改憲草案では自衛隊を『国防軍』にするとしました。日本は戦争のできる国に一途に向かっています。」、私は、残りわずかな命を秘密法反対にささげます。若い人たちこそ歴史の過ちをもう一度振り返ってみてほしい。そして、立ち上がってほしい。 これは91歳の瀬戸内寂聴さんの言葉です。 集団的自衛権行使は、武力行使そのものです。

田辺市議会 2013-12-20 平成25年12月定例会(第5号12月20日)

各国の自国国民を守る、そういう危険にさらすこと、そういう秘密はないのかということを言われたのですが、今のままでも、国防、外交、いろんなところでそれを取り締まる法律というのはありますね。国家公務員公務員はそういう守秘義務があって、そういうことを漏らしてはならないという形の今でも罰則があります。それで十分、今のままの法律で十分、その辺のところは取り締まれるはずです。  

海南市議会 2013-09-10 09月10日-02号

また、和歌山県が地域防災リーダー育成講座として、地域防災リーダー育成自主防災組織の中心的な担い手育成するため、防災に関する知識技術を学ぶ、紀の国防災人づくり塾を開催しており、本講座に、より多くの本市の皆様が参加するよう、広報かいなんや自主防災組織向け文書を通し、啓発しているところであります。 

海南市議会 2013-09-05 09月05日-01号

自主防災組織において、地域防災リーダー育成等に力を入れていこうとする動きはあるかとの質疑があり、当局から、県の講座で、地域防災リーダーを養成する「紀の国防災人づくり塾」に参加してもらうよう広報している。この講座を受講すると、防災士資格を取得する試験を受ける資格が得られる。市では30人以上の方が防災士資格を取得されていて、地域の中で防災活動に取り組んでいただいているとの答弁がありました。 

印南町議会 2013-03-19 03月22日-08号

また、請願の要旨であるオスプレイ配備撤回および低空飛行訓練中止を求めることに対して政府における外交国防上の理由から当議会がオスプレイ配備について意見をすることは適当な判断ではないとの理由から、委員会としては低空飛行訓練中止を求める請願の趣旨のみを採択する一部採択とした。 以上です。 ○議長 本案について質疑を行います。 ◆議員 「なし。」 ○議長 質疑を終わります。 討論を行います。