742件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

自治体としては、国庫負担の増額を求めると同時に保険料を引き下げる努力をすることが重要で、全国的には市町村独自で収入のないゼロ歳から18歳までの子供の均等割の撤廃や減免制度を取り入れている自治体も出てきています。子育て支援に逆行する人頭税ともいえる均等割の制度を本市においても見直すことを求めます。  

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

特に住宅を社会資本と捉えるのであれば、国庫支出の増額も求めていくべきかと考えます。  さらに、築年数が40年前後の住宅に住んでおられるのは、年齢的に高齢者の方がほとんどです。そうしたことから、関東のほとんどの自治体では、また、関西では大阪、三重などでは、高齢者、障害者、要介護者、またはそれらの方が同居する世帯に補助金の上乗せを行っております。  お伺いします。

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

道路整備費に係る国庫補助金で5,000万円程度を活用するほか、地方債につきましては、緊急防災・減災事業債で20億2,000万円程度、防災対策事業債で49億4,000万円程度、合併特例債で16億9,000万円程度、合計86億8,000万円程度の地方債の活用を見込んでいるところでございます。            

田辺市議会 2018-12-20 平成30年12月定例会(第5号12月20日)

補正に要する財源としましては、国庫支出金、繰越金及び市債をもって充てることにしております。  以上、提案いたしました議案について御説明申し上げましたが、詳細につきましては関係部課長から説明いたさせますので、よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願いいたします。             (市長 真砂充敏君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    続いて、補足説明を求めます。  

高野町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会 (第3号12月14日)

14款国庫支出金1項国庫負担金1目民生費国庫負担金、補正額32万8,000円、補正後の額5,906万7,000円、1節32万8,000円。2目災害復旧費国庫負担金、補正額4,323万6,000円、補正後の額6,691万4,000円、1節4,323万6,000円。  15款県支出金1項県負担金2目民生費県負担金、補正額3万5,000円、補正後の額5,203万6,000円、2節3万5,000円。

高野町議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会 (第1号12月 4日)

歳入で主なものとしましては、寄附金50億の増、国庫支出金4,356万4,000円の増、4,370万の増などによるものであります。また、歳出で主なものとしましては、ふるさと寄附積立金18億2,405万5,000円の増、同じくふるさと納税謝礼品代24億8,700万の増、また台風20号により被災した農林業施設、公共土木施設の災害復旧にかかる費用1億548万9,000円の増などに伴う補正でございます。  

新宮市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−07号

議案第47号は、介護保険料の精算による余剰金の積み立て並びに第1号被保険者保険料還付金及び国庫、県費負担金等の精算による過年度分償還金等を増額するものであります。  議案第49号は、平成29年度決算により生じた繰越金を蜂伏団地共同汚水処理施設基金に積み立てるものであります。  

田辺市議会 2018-09-20 平成30年 9月定例会(第4号 9月20日)

今回の補正に要する財源といたしましては、地方交付税、国庫支出金、繰越金、市債等をもって充てることとし、地方債を補正しております。  議案第34号 平成30年度田辺市水道事業会計補正予算(第3号)につきましては、被災した水道施設の復旧費用を補正するものです。  

高野町議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会 (第3号 9月20日)

14款国庫支出金2項国庫補助金5目商工費国庫補助金、補正額265万4,000円、補正後の額265万4,000円、1節265万4,000円。  15款県支出金2項県補助金1目総務費県補助金、補正額117万1,000円、補正後の額499万円、1節117万1,000円。4目農林業費県補助金、補正額1,200万円、補正後の額4,953万8,000円、1節1,200万円。

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

14款国庫支出金、収入済額1億9,940万5,000円で、15款県支出金、収入済額1億4,130万2,000円です。17款寄附金、こちらについてはふるさと応援寄附金が主なもので、収入済額2億1,990万円です。  収入済額合計は39億2,529万円となっております。  5ページ、町税の収納率をあらわした表でございます。一番下の合計欄をごらんください。

田辺市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会(第3号 9月10日)

こうした社会福祉施設の整備に当たっては、田辺市社会福祉施設等の整備に関する助成要項に基づき、建築費については国庫補助基準に基づく事業主負担額の2分の1を、また整備に伴い福祉医療機構から融資を受けた場合は利子に対する助成を行うことといたしております。           (保健福祉部長 木村晃和君 降壇) ○議長(小川浩樹君)    前田佳世君。             

高野町議会 2018-06-28 平成30年第2回定例会 (第3号 6月28日)

財源内訳としまして、特定財源1,700万円、国庫補助金7,379万円、県補助金2,039万円、町債9,520万円、その他49万円、一般財源4,344万9,000円。  平成30年6月19日提出。  高野町長 平野嘉也でございます。  以上です。よろしくお願いいたします。 ○議長(大西正人) これで報告第1号を終わります。  

田辺市議会 2018-06-25 平成30年 6月定例会(第2号 6月25日)

こうした事業が実施に至った経緯としましては、公共工事の建設残土の情報がある中で、地域の農地所有者の方々が農地の基盤整備を推進するため、他の所有者の皆様と調整して御理解等をいただいた上で、市において国庫補助金等の申請、事業化を行い、他の事業において発生していた建設残土を搬入したものであります。  

田辺市議会 2018-06-14 平成30年 6月定例会(第1号 6月14日)

今回の補正の財源としましては、国庫支出金、市債等を減額する一方、県支出金、諸収入等をもって充てることにしております。  議案第9号 平成30年度田辺市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、市道峰線道路災害復旧に伴う送配水管移設工事及び県補助金返還金を補正するものです。  

高野町議会 2018-05-17 平成30年第1回臨時会 (第1号 5月17日)

14款国庫支出金1項国庫負担金1目民生費国庫負担金、補正額118万7,000円の減、補正後の額5,067万円、1節55万3,000円の減、2節35万2,000円。次のページをお願いします。3節47万8,000円、4節146万4,000円の減。2項国庫補助金1目総務費国庫補助金、補正額89万7,000円の減、補正後の額164万8,000円、1節89万7,000円の減。

海南市議会 2018-05-14 平成30年  5月 臨時会-05月14日−03号

次に、報告第3号の平成29年度一般会計補正予算(第9号)については、事業費の確定に伴い、国庫支出金、市債等の財源調整を行うとともに、繰越明許費について、3件の追加、1件の廃止及び7件の変更を行っております。  次に、報告第4号の平成29年度水道事業会計補正予算(第3号)については、資本的収入において、一般会計の水道事業会計出資金380万円の減額に対応するための減額補正を行っております。  

田辺市議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会(第5号 3月23日)

さらに、本事業と並行して空き店舗の解消を進めていく必要性についてただしたのに対し、「本事業は国庫補助事業を活用したハード事業であるが、市が起業や創業に係る事業に取り組む中で田辺駅前商店街の空き店舗の解消に努めているとともに、田辺駅前商店街と田辺商工会議所が中心になり、にぎわい創出の事業を行う中で、空き店舗を解消する取り組みを行っている」との答弁がありました。