238件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号 6月25日)

ここ数年、日本各地を襲う大雨は頻発・激甚化しており、このまま温暖化による気候変動が進んでしまうと国土交通省の試算では今世紀中に降雨量は約1.1倍から1.3倍に増加、洪水の発生確率が約2倍から4倍に増加することが予測されています。当地においても2010年代に入ってから大雨や台風での水害の多さが際立っており、今後も増加することを考えると本当に待ったなしの状況にあります。  

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

行政局管内におきましては住民バスを運行しておりますが、平成29年8月31日に国土交通省から通知がございました。市町村運営有償運送の登録に関する処理方針によりまして、住民バスにつきましては、これまで路線運行しか許可されませんでしたが、平成29年9月1日以降の登録分からは運送の区域を定めての運行、つまり自宅付近から区域内の目的地を予約に応じて運行する区域運行も可能になりました。  

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

国土交通省、また農林水産省、また文部科学省、各大臣から認定をいただきました高野町歴史的風致維持向上計画が、平成31年1月24日に国交省において認定式を経て認定証をいただきました。これにかかる期間、また後ほども説明が入りますが、31年度から平成40年度の10年間かけて取り組んでいこうかなというふうに思っております。

新宮市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−06号

平成23年の大水害の際、国土交通省、当時の森北局長から川での洪水軽減は、川を深く、川幅を広く、堤防のかさ上げ、そして水が集まるところは水を分散する洪水軽減バイパスをつくることが必要であると。また、ダム台風襲来時はできるだけ多くの空き容量を確保し、時間差放流をする。川とダムとの一体的な洪水対策が必要であると言っておられましたが、まさしくそのとおりであります。  

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

大体1月か2月ぐらいに国土交通省、また農林水産省国交省の中の文化庁等の認定がおり、今後の地域資源の維持、そして活性化に向けての一つの材料となるかというふうにも思っておりますので、今後も地方創生、高野町のまち・ひと・しごと総合戦略を柱にいろんなことを頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いしたいと思います。 ○議長(大西正人) 通告がありましたので、発言を許します。  5番、中迫君。

高野町議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会 (第1号 9月 4日)

今年度中の国の認定を目指し、本日も東京のほうに担当者が国土交通省農林省のほうに赴いて協議を進めておるところでございます。  高野町行政報告会の開催も議会までには終わろうとしておりましたが、いろいろな事情で今現在も行っておるところでございます。今年度で通算75地域を回ることになります。

田辺市議会 2018-06-26 平成30年 6月定例会(第3号 6月26日)

道路監視カメラという、国土交通省基本的に道路を維持管理することが目的とされています。今回、私の言いたいのは、交通犯罪地域での犯罪、それを抑止するための監視カメラであり、犯罪を防ぐ防犯カメラでもあります。  近年、特に違反車両が続出しております。毎日のように事故があり、救急車が走っている状況であります。これを少しでも未然に防ぐことができないだろうか。

新宮市議会 2018-03-22 平成30年  3月 定例会-03月22日−08号

また、紀伊半島水害では、洪水時の熊野川相賀地点におけるピーク時の流量が毎秒2万4,000トンであったと国土交通省から発表されており、新宮川水系河川整備基本方針で示された計画高水流量の1万9,000トンを大きく上回った。  発災後6年半が経過しているが、いまだ具体的な河川整備方針の見直し・検討がなされていない。

高野町議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会 (第1号 3月 2日)

議会中ではございますが、3月14日に国土交通省運輸局の局長が、国土交通省大臣政務官の指示によりまして、私のところに最新の状況を報告しにきてくれる予定となっております。  それと、長期総合計画の件でございます。長期総合計画、本年度の予算にも入れております。29年度から30年度にかけて取り組んでおるところでございまして、第4次総合計画平成31年から40年の計画となっております。

海南市議会 2018-02-27 平成30年  2月 定例会-02月27日−02号

それから、2つ目は、まちづくりと連携し、3つ目は、面的な公共交通ネットワークの再構築が主なポイントであると、国土交通省のホームページでは述べられています。この改正により、地方公共団体が、地域公共交通網形成計画、地域公共交通マスタープランを策定することができることとなりました。  

高野町議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会 (第3号12月 8日)

それの前に、12日の朝には国土交通省大臣政務官、また近畿地方整備局長が高野町に来られるので、主に南海電鉄上古沢の早期復旧の件、また天川高野線の件等を強く要望をさせていただく予定になっております。  また、13日は消防救助工作車の納車式がございますので、案内等行っておると思いますが、どうぞ時間の許す限り出席していただければというふうに思っております。  

海南市議会 2017-12-08 平成29年 11月 定例会-12月08日−05号

そこで、災害復旧費ということで、これ国土交通省農林水産省管轄に分かれた復旧費になっていると思うんですけれども、各省の対象施設補助要件、採択要件、国庫負担率、省によって違ってくると思うのですが、それを教えてください。 ○議長(宮本勝利君) 当局から答弁願います。  川村建設課長建設課長(川村英生君) おはようございます。1番 中西議員からの御質疑にお答えいたします。  

海南市議会 2017-12-07 平成29年 11月 定例会-12月07日−04号

国土交通省土地問題に関する意識調査で、土地は、預貯金や株式に比べて有利な資産だと思うという人は30.1%と、約20年前から半減しています。資産が下がると、お金を払って相続登記する動機がなくなり、放置されやすくなります。放置が何十年も続くと相続人がふえ、相続や売却はますます難しくなります。こうした物件の増加は、防災に支障を来したり、中山間地で鳥獣被害や森林機能の低下を招いたりします。  

海南市議会 2017-12-06 平成29年 11月 定例会-12月06日−03号

現場の状況から判断しますと、沿線の住環境改善や歩行者等の安全確保を前提とした拡幅等の整備というのは、現実的に難しいことから、大型車両については並行する国道42号への円滑な迂回が実現するよう、築地交差点の右折だまりの改良など、国土交通省和歌河川国道事務所に対し要望するとともに、これまで協議を重ねてまいりました。  

高野町議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会 (第2号12月 5日)

要望・陳情としましては、和歌山県大阪府国土交通省、近畿整備局と要望書を持って活動してます。また、地元県議会議員様、それから地元国会議員様へも要望活動をしています。  また、先ほど渋滞対策としましてなんですけども、走行の遅い車や、先ほどおっしゃったように大型バスで数珠つなぎ現象を緩和するため、高野町が要望し、和歌山県では譲りゾーン、待避所をつくっています。

新宮市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会-09月28日−06号

よって新宮市議会は、ダム建設以降長期にわたる濁水問題と「紀伊半島水害」以降、更に悪化した現状の抜本的解決を求め、昨年秋から今春まで行われた、風屋ダム表面取水設備改造工事に伴う、高濃度の濁水排出を再び引き起こさせないためにも、下記の事項について、ダム管理者である電源開発株式会社に強く要請するとともに、監督官庁である国土交通省に対しても強い指導を求める。