735件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-07-05 令和元年第2回定例会(第5号 7月 5日)

議員の皆様の参加をよろしくお願いします。  これから暑さも厳しくなってまいりますが、議員並びに当局各位には、なお一層御自愛を賜り、市政発展と市民福祉の向上のために御活躍いただきますようお祈り申し上げます。  最後になりましたが、報道関係各位の御協力にお礼を申し上げまして、閉会の御挨拶といたします。ありがとうございました。  

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

市民にとっては、巨大地震災害は心配事の一つであり、危機意識は持っているが、地域での自主防災活動への参加と行動が伴わないという現状のように思います。自然災害はいつか発生するものでとめることはできないが、減災対策はそれぞれの立場で可能であります。  そこで、大事になってくる一つが隣近所の助け合い、共助の精神が大切になってくるわけです。しかし、今地域のつながりはどうでしょうか。

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

地域参加型の地域づくり、活性化は、住民相互の意識が高まり、連携、世代間の交流が進む。そして、地元への愛着が深まるいい機会だと考えます。  そのために、行政がどのように地域の課題を捉え、かかわり、支援をしていくのか、ということについて、お伺いしたいと、まず思います。  一つずつ、もう全部項目、先に上げた方がいいですか。 ○議長(大西正人) それはもう、質問者の自由でどうぞ。

田辺市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第1号 6月14日)

私は、梅の日当日に首相官邸を訪問し、安倍首相に直接お会いして、令和と梅のつながりや6月6日の梅の日などの話題に触れるとともに、梅干しや梅酒を贈呈したほか、東京大田市場で恒例となった和歌山の梅フェアにも出席し、早朝から多くの地元関係者や市議の皆様方にも御参加をいただく中で、梅料理や梅干しの試食、梅ジュースの試飲などを行い、メディアや市場関係者の皆様に紀州の梅をPRしてまいりました。

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

私、昨日でしたか、住民の方よりこの読売新聞をいただきまして、ちょっと読ませていただきますけれども、ふるさと納税の新制度が6月に始まるのに際し、総務省静岡県小山町大阪府佐野市、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町の参加を認めない方針を固めたことが8日わかった。昨年11月以降、基準に反する過度な返礼品を贈り、多額の寄附を集めたのが理由。来月1日以降は寄附しても制度に基づく税優遇が受けられない。

田辺市議会 2019-03-25 平成31年 3月定例会(第5号 3月25日)

キャンペーンの参加人数は1,000人を見込んでおり、街なかポケットパークの活用を通じて、にぎわいの創出と市街地での消費につなげていきたい」との答弁がありました。さらに委員から、より広い視点で本市の魅力を引き出し観光客だけでなく市民にも喜んでいただける取り組みとなるよう求めました。  以上、委員長報告といたします。  平成31年3月25日、産業建設委員会委員長、二葉昌彦。             

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

超短時間労働とは、15分ほどの短い時間帯からでも就労することで報酬や社会参加の機会を獲得できる働き方のことです。ワーカーシェアリングとは超短時間労働者が複数の組織で就労する働き方のことで、この共同研究事業は、企業ではソフトバンクと、そして自治体では今申し上げた川崎市が2016年2月からと、それから2016年11月からは神戸市が行っており、注目されているところです。  

高野町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会 (第2号 3月11日)

以前の町政懇談会の席で質問が出たときは、一旦部屋を町に返上してから抽せんに参加してほしいとの回答であったと聞いております。部屋の権利を持ったまま抽せんに参加するのは可能なことなのか、回答願います。 ○議長(大西正人) 小西建設課長。 ○建設課長(小西敏嗣) 失礼します。  5番議員さんの質問について説明させていただきます。  

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

31日の御幣納め、また除夜の鐘、諸堂参拝や修正会等に参加する参拝者を中心に御利用いただきました。来館者に対しては甘酒の無料接待も行いまして、その2日で約500から600名の方が来館して、高野町のことの情報を入手してゆっくりされていかれたというようなことでございます。  また、積極的に海外に対してインバウンドのPR等も行っております。

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

また、介護・予防・医療生活支援・住まいの五つのサービスを総合的に提供するため、地域包括支援センターによる相談支援体制の充実、認知症施策の推進、住民と連携した生活支援サービスの体制整備に取り組む一方、健康で生きがいを持って地域社会参加できるよう、シルバー人材センターの運営や老人クラブの活動を支援してまいります。  

田辺市議会 2018-12-20 平成30年12月定例会(第5号12月20日)

私は、昨年11月30日に開催されました第9回東部ブロック、12月14日に開催されました第10回三栖谷ブロック参加しました。開会の説明の後、市長から約1時間の説明がなされ、質疑応答の時間が設けられましたが、市庁舎の東山移転についての質問等はなく、参加された方々の思いはそれぞれにあるものの、おおむね了承されているのかなと感じました。  

田辺市議会 2018-12-10 平成30年12月定例会(第3号12月10日)

そして、さらにそのためには、行政情報共有するとともに、市民が積極的に参加できる機会や場づくりを促進し、市民の創意工夫をまちづくりに生かすことが大切ですとも書かれています。  そこでお伺いいたします。協働のまちづくりはなぜ必要で、そのことによってどのような効果があるのでしょうか。御答弁お願いいたします。             

高野町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会 (第2号12月10日)

あのときには町内にも各戸配布ですかね、こういうのがありますよということで、地域の皆さんも来てくださいねというようなことで御案内をさせてもらって、本当はもっと来ていただきたかったんですけども、実際はなかなか平日の昼間であったというちょっと時間的なこともだめやったのか、たくさんの人の参加には至らなかったんですけども、ああいうことも地震防災に対しての一個の取り組みという中でさせていただきました。  

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

高齢者だけの取り組みではなく、子供子育て世代の親、高齢者など老若男女集える取り組みにしてはどうかということで、私はほとんど毎日会津小学校で行われているラジオ体操参加しています。参加者の多くは60代、70代、80代が中心ですが、最近ずっと数人の幼稚園児や小学生の低学年の子供さんが参加してくれています。

高野町議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会 (第1号12月 4日)

多くの来賓の御参加、御出席を賜り、また、約70名の功労者の皆様を表彰する、感謝をあらわす場をつくることができました。次の100年ですね、しっかり100周年をできる場として、今回は先人に対する感謝、そして次の100年に向ける決意をあらわせる場であったのではないのかなというふうに考えております。