172件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2024-09-18 09月18日-04号

全国児童相談所における児童虐待相談対応件数は、統計をとり始めた平成2年から連続で増加し、総数のうち約1万件は学校からの相談によるもので、学校関係者虐待の発見、対応に重要な役割を果たしています。 今年度、市教委が開催した虐待の内容を含む研修には多くの教師が参加され、また十分な研修を受講されていると教師の感想からもうかがい知れます。

和歌山市議会 2023-12-05 12月05日-03号

特別法の失効前に、地域のコミュニティセンター的な扱いをするようにとの通達をどう理解してきたのでしょうか。要綱の地域住民という意味を殊さら狭めて限定し、運用することを目的にした、そういうものではないはずです。市のやり方は、その趣旨に反するものです。 全国隣保館連絡協議会という組織があります。この全隣協が出した隣保館基本認識--隣保館対象地域は特定の地域に限定されないのが原則。

海南市議会 2020-12-04 12月04日-03号

だから、今回の発表は、海南医療センターにとっては本当にありがたいカードを出してくれたん違うんかな。これによって経営をもっとしっかりしたものにしなければいけないん違うんかと、するべきだと思うんです。和歌山医療圏の中で3つも入っているんです。国保野上厚生総合病院海南医療センター済生会和歌山病院、この3つが入っているんです。 

和歌山市議会 2020-09-20 09月20日-06号

成年後見制度についての中核機関設置、運営については、権利擁護支援の観点から、地域連携ネットワークの構築こそ包括的な取り組みの重要な手段として、もその肝いりとして今後取り組んでくることでしょう。 現在、和歌山県のほうでは、成年後見支援センター和歌山社会福祉協議会の中に設置されていますが、本市では、成年後見支援センター等設置されていません。県との連携も個人的には伺ったことがございません。 

田辺市議会 2020-09-14 令和 2年第6回定例会(第3号 9月14日)

1人当たり面積基準についてですが、それは、表2の下に説明を示してあるとおり、1.65平方メートルはが決めた基準値です。しかしこれは、保育所の乳幼児を想定したものです。ですので、全国学童保育連絡協議会は、これでは小学生には狭過ぎるということで、1.98平方メートルを推奨しています。

田辺市議会 2020-09-11 令和 2年第6回定例会(第2号 9月11日)

次に、田辺PCRセンター設置をということで、医療機関介護施設福祉施設保育所幼稚園学校など全体を対象に定期的に検査を実施すること、施設集団感染の防止を徹底するために定期的にPCR等検査が必要ではないかと考えますが、そして、もこの立場に立っているというふうに認識しています。田辺市としてどのように取り組むのか答弁を求めます。             

田辺市議会 2020-06-29 令和 2年第4回定例会(第4号 6月29日)

カラーのほうは市の計画の中からさせてもらった折れ線グラフ、それから、数字のは私がホームページのほうから数字を拾い出したものですが、警察庁発表発表数字が違うのは、警察庁については自殺した場所でカウントする。それから外国人を含みます。は、自殺した人の居住地でカウントするということで数字が違います。

海南市議会 2020-06-19 06月19日-03号

議長川崎一樹君) 6番 岡 義明君 ◆6番(岡義明君) のつくったギャンブル等依存症対策基本法というのがあって、この中で、各県がどういう状況に置かれているかというのが書かれているんですが、依存症専門医療機関和歌山県には1件もないんです。そして、依存症相談員は、これで見る限り和歌山県はゼロなんです。相談するところがないんです。医療機関もない、相談するところもない。何にもないんよ。

和歌山市議会 2020-03-05 03月05日-06号

2001年の法終結の前後から、私はスムーズに一般行政へ移行するための通達からはあったはずだし、そういうことを早くできるようにするべきだと言ってきました。しかし、そのための手続がされてこなかったということですよね。でも、条例をちゃんと読めば、目的に合致すれば誰でも使えると。さっき局長が自ら言われましたけれども、その趣旨に照らせば誰でも使えるという、そういうものであるのが当然なんですよ。 

和歌山市議会 2020-03-04 03月04日-05号

介護保険制度において、本来、同居家族の有無のみを判断基準として、一律に介護保険給付を支給できるかどうかを判断してはいけないということは、から何度も通知されているはずです。 先日、平成30年4月に和歌山市が作成したケアマネジメント支援マニュアルといったものを見つけました。そのマニュアルには、どんな思いで作成したかがまず書かれてありました。

新宮市議会 2019-12-12 12月12日-04号

私は思うには、子供たち成長というのは、やっぱり学校に行っているか、行っていないかにかかわらず、6歳になれば6歳児、5歳までは5歳児と、5歳児から6歳児になる段階で、いわゆる年齢によって成長がそれぞれ、それがこちらももともと福祉行政、あるいは幼稚園教育文科省というような縦割りの弊害が非常に言われており、保育幼児教育と、じゃ何が違うんだということというのは非常に言われていたわけですよね。

田辺市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第4号12月11日)

一方、からは、いざというときにきちんと使えるように日ごろからAEDを点検しましょうという注意喚起がなされています。AED設置場所においては点検責任者を配置し、日常点検消耗品電極パッド及びバッテリーの交換時期の管理が求められていますが、そこで小項目1のAEDの適切な管理等実施状況についてお聞かせください。 ○議長安達克典君)    保健福祉部長虎伏 務君。           

和歌山市議会 2019-12-04 12月04日-02号

来年度から後期高齢者対象に国が全国自治体で新たに導入するフレイル健診は、フレイルの人を把握するため、が作成する15項目質問票を使用し行うもので、市区町村の健診のほかにかかりつけの医療機関でも受けられるようになります。 このように、今、注目されているフレイル対策について、和歌山市としての取り組みはありますか。 以上をお聞きしまして、第1問といたします。

田辺市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第4号 9月18日)

それと、今言われたように、からも指針一つセクハラ指針が出ていますが、これについてもそうした性的マイノリティを理由にいろいろな言動で差別を受けたり、ハラスメントを受けないように留意すること。こういうのも書かれていますから、こういうのも恐らく御存じだと思いますが、積極的に取り組んでいっていただきたいと思います。