91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

海南市議会 2020-06-20 06月20日-04号

特定屋外タンク貯蔵所は、屋外タンク貯蔵所で、その貯蔵し、または取り扱う危険最大数量が1,000キロリットル以上のものをいいます。また、現在、市内石油コンビナート事業所において13施設該当するタンクがございます。 このタンクにおきまして、変更申請する場合に、手数料金額設置手数料金額の2分の1と定められておりますので、そういった工事をするときに該当いたします。

高野町議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会 (第3号 9月19日)

建てかえの件もあったのでと思ったんですが、危険取扱法政令でひっかかるということで、今回、地下タンクのほうを改修工事としてかからせていただくことになりました。  続きまして、4款衛生費1目保健衛生総務費職員給料並びに職員手当についてですが、これに関しましては、職員の内部の異動に関しての増になります。  以上です。 ○2番(松谷順功) 異動は何名。

田辺市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第1号 9月 4日)

一部改正については、子ども・子育て支援法の一部改正により、特定教育保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準が改正されたことに伴い所要の改正を行うもので、議案第7号 田辺土地改良施設条例の一部改正については、新たに上芳養日向地区農業用貯水池及び農業用用水施設設置するため改正するもので、議案第8号 田辺手数料条例の一部改正については、地方公共団体手数料標準に関する政令の一部改正に伴い、危険貯蔵所

田辺市議会 2018-02-28 平成30年 3月定例会(第2号 2月28日)

本件につきましては、地方公共団体手数料標準に関する政令の一部改正に伴い、消防法に基づく危険屋外タンク貯蔵所設置許可等に係る審査検査手数料液化石油ガス保安法に基づく充填設備変更許可に係る審査手数料及び砂利採取法に基づく砂利採取計画認可等に係る審査手数料改正を行うものです。  続きまして、当初予算補足説明をさせていただきます。予算書の161ページをお願いいたします。  

和歌山市議会 2017-09-13 09月13日-02号

また、危険等予防対策として、「市(消防局)は、危険施設における保安管理の徹底を図るため、施設関係者、防火(防災管理者危険取扱者等に対し講習会研修会等保安教育を実施するとともに、災害時に備えた訓練の実施等を盛り込んだ消防計画地震防災計画等)及び予防規程南海トラフ地震防災規程等)を定めるよう指導する。」

海南市議会 2017-09-13 09月13日-03号

まず、1点目の出火原因及び本市域内の類似施設についてですが、出火原因危険高圧ガスを使用して潤滑油を製造する装置、いわゆる高危混在施設の配管の腐食により水素ガス等が漏えいし、静電気により着火したものでございます。 また、本市域内の類似施設でございますが、和歌山石油精製海南工場に同様の高危混在施設が4施設ございます。 

田辺市議会 2017-06-23 平成29年 6月定例会(第2号 6月23日)

紀州以外の備長炭木炭は、国際連合危険輸送勧告において、危険として分類されており、航空機内への持ち込みが認められておりません。  一方、紀州備長炭につきましては、燃焼速度試験及び自然発火性試験を行った結果、危険に該当しないことが証明されたため、和歌山木炭協同組合が発行する紀州備長炭証明シールを商品に貼ることで、国内便への持ち込みについては認められております。

和歌山市議会 2017-03-03 03月03日-04号

和歌山石油コンビナート等防災計画によれば、東燃ゼネラル石油株式会社和歌山工場は、石油コンビナート等災害防止法の規定に基づく特別防災区域に指定され、区域内で主に石油精製を行う特定事業所であり、高圧ガス施設危険施設が混在し、災害の発生及び拡大の防止に関し万全の措置を講じる必要がある事業所であります。ひとたび火災が発生すれば、大規模災害に発展する施設を保有する事業所であります。 

田辺市議会 2016-12-12 平成28年12月定例会(第3号12月12日)

それから、イベント上空での飛行、あと危険輸送物件投下。この物件投下には農薬の散布なども含まれております。それぞれが禁止行為となっております。  それから、裏面をごらんいただきまして、これは国土地理院の地図から出させていただいておりますが、この田辺市周辺での禁止区域国交相許可を得なければならない区域というのが白浜空港が近くにございます。

和歌山市議会 2015-08-31 08月31日-03号

これは、消防団員等公務災害補償等共済基金からの助成金を受け、消防団員公務災害防止するため、安全装備品として耐切創性手袋購入するための経費でありますが、委員から、今回、耐切創性手袋購入数が226人分であるのに対し、本市の消防団員数が1,692名を数える現状から、できる限り補助金助成事業等を活用しつつ、消防団員全員当該手袋が行き渡るよう、今後も購入を進めていくとのことだが、消防団員危険

海南市議会 2014-06-17 06月17日-02号

まず、海南下津沿岸部にある各事業所危険施設石油貯蔵量についてでございますが、平成26年6月1日現在、関西電力株式会社海南発電所、新日鐵住金株式会社和歌山製鐡所海南和歌山石油精製株式会社海南工場、同大崎貯油基地セイカ株式会社コスモ石油ルブリカンツ株式会社下津工場及び東燃ゼネラル石油株式会社和歌山工場の7事業所に合計223万5,825キロリットル貯蔵してございます。 

高野町議会 2014-06-11 平成26年第2回定例会(第2号 6月11日)

(2) 対象火気器具等の使用及び危険の取り扱いの把握に関すること。  (3) 対象火気器具等を使用し、又は危険を取り扱う露店、屋台その他これらに類するもの(第45条において「露店等」という。)及び客席の火災予防上安全な配置に関すること。  (4) 対象火気器具等に対する消化準備に関すること。  (5) 火災が発生した場合における消火活動通報連絡及び避難誘導に関すること。  

海南市議会 2014-03-06 03月06日-04号

改正内容でございますが、危険製造所貯蔵所及び取扱所設置許可及び特定屋外タンク貯蔵所完成検査検査保安に関する審査業務手数料の額を国の政令に定めるとおり引き上げようとするものでございます。 なお、附則についてでございますが、平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。 何とぞ御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(山部弘君) 説明が終わりました。