44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

しかし、南海トラフ地震の規模の災害である場合、今までの条件で大丈夫なのか、ライフライン機能が断絶してしまい、通信機能、電気、自家発電するための燃料、水、給水設備がとまり、医薬品も流通しなくなれば、適切な医療行為ができなくなる等、多くの課題が発生します。  災害拠点病院は、広域の中心となる病院で、もし、不適切なところがあれば、病院の強化を急がなければなりません。

田辺市議会 2018-12-07 平成30年12月定例会(第2号12月 7日)

大規模災害が発生すれば、医療現場は、医療を求める方々が大幅に増加し、停電断水医薬品及び衛生材料供給停止等により過酷な状況になります。  厚生労働省では、こうした教訓を踏まえ、災害現場における医師と各行政機関消防警察自衛隊が連携した医療行為の必要性を強く認識し、発災後直ちに現地へ駆けつけ、医療活動を行う災害派遣医療チームDMATを発足させました。  

海南市議会 2018-03-02 平成30年  2月 定例会-03月02日−05号

内容といたしましては、特定健診、特定保健指導の受診率の向上やジェネリック医薬品の推進などでございます。  6点目の子ども医療費助成に係る減額調整措置の見直しに伴う影響額については、本市の場合、平成28年度をもとに試算しますと約270万円となってございます。  以上でございます。 ○副議長(中家悦生君) 再度の御質疑ございませんか。  

高野町議会 2017-03-21 平成29年第1回定例会(第7号 3月21日)

医療廃棄物の処理委託料ということでございますが、これは感染症と非感染症、瓶等の廃棄物ということで、医薬品の指定されているものの処分について、注射針も含めてやっております。  それと、これと同時に消防のほうからも出るいろんな医療廃棄物という部分も一緒にここで業者に委託して引き上げてもらっているということです。  以上です。 ○議長(所 順子) 中前君。

海南市議会 2016-12-22 平成28年 12月 定例会-12月22日−06号

次に、議案第71号 海南市条例等の一部を改正する条例について、委員から、スイッチOTC医薬品の購入費用の一定額を所得控除する特例が創設されたことについて、該当する医薬品の周知などについて、どのような方法を考えているのかとの質疑があり、当局から、平成29年1月から購入する一定の医薬品が対象となるが、平成29年中に健康診断や予防接種等を受けることが控除の条件となる。

海南市議会 2016-12-01 平成28年 12月 定例会-12月01日−01号

次に、議案第71号については、地方税法の改正に伴い市民税に係る延滞金の計算期間の見直し、特定一般用医薬品等の購入に対する市民税の医療費控除の特例の創設、その他、所要の改正を行うとともに、特例適用利子等に係る市民税の課税の特例を定めるため、また、議案第72号については、特例適用利子等に係る国民健康保険税の課税の特例を定めるため、それぞれ条例の改正をお願いするものであります。  

海南市議会 2015-03-10 平成27年  2月 定例会-03月10日−07号

続きまして、2点目の収入と支出のバランスの中で費用をどうやって抑えていくんかという御質疑かと思いますが、今、力を入れている費用削減の対策としては、ジェネリック医薬品の導入に重点的に取り組んでいるところです。  平成25年度については、大体55%ぐらいジェネリック医薬品であったんですけども、平成26年度、今の途中の段階では大体60%ぐらいまで上がってきております。  

印南町議会 2014-12-18 平成26年 12月 定例会-12月18日−04号

次に、第14条でございまして、衛生管理等といたしまして、第1項から第3項では利用乳幼児の使用する設備食器等の衛生的な管理の実施について、第2項では感染症食中毒防止対策について、第3項では必要な医薬品の常備について、第4項及び第5項では居宅訪問型保育事業における職員健康管理や設備や備品の衛生管理の徹底、これについて規定しているものでございます。  次のページでございます。  

海南市議会 2014-03-06 平成26年  2月 定例会-03月06日−04号

そのハードルをクリアするために、今現在も入院患者に対する医薬品の投与については、できるだけジェネリック薬品に切りかえていくということを進めているところでございます。  以上でございます。 ○議長(山部弘君) 再度の御質疑ございませんか。  他に御質疑ございませんか。    (「なし」と呼ぶ者あり)  質疑なしと認めます。  

高野町議会 2013-12-18 平成25年第4回定例会(第3号12月18日)

だから、こういった先ほど言うた、賞味期限とか有効期間のないものであれば、また医薬品なんかでも有効期間があります。そういったものがあるものについては、管理体制をもっと災害に対するそういう不備については、十分総務課を中心としてこれから、今後そういうことのないように管理体制を整えてほしいなとこういうように思うわけでございます。  次に、桜の木の話に戻ります。

田辺市議会 2013-06-17 平成25年 6月定例会(第1号 6月17日)

翻って、政府においては、安倍政権の経済政策アベノミクスの第1の矢の金融政策、第2の矢の弾力的な財政政策に続き、第3の矢である成長戦略が14日に閣議決定され、設備投資減税など企業活動の活性化を促す支援策の検討や国家戦略特区の創設、一般医薬品インターネット販売を安全性配慮の上、解禁するなど、大胆に規制を緩和するプランが打ち出され、さらには今後5年間を緊急構造改革期間と位置づけ、民間投資拡大や過剰規制改革

印南町議会 2013-05-22 平成25年  5月 臨時会-05月22日−01号

それからジェネリック医薬品のいわゆる差額通知、去年実施してございますが、それに対する事務補助的なもので6万3,000円がこの主な内容でございます。  それから、特定健診についてでございますが、すみません、健診率とか人数のほうでよろしいですか。ことしにつきましては、現在ちょうど900名が特定健診の受診者でございます。パーセント的には34.9%になる見込みでございます。