386件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田辺市議会 2019-06-27 令和元年第2回定例会(第4号 6月27日)

田辺市の協議会は、児童福祉関係、保健医療関係、教育関係、警察司法関係、人権擁護関係等の各関係機関で構成されており、紀南児童相談所、児童養護施設医師会、保健所、小中高校校長会、警察家庭裁判所人権擁護連盟など26の団体機関等から参画いただいております。この協議会は、代表会議、実務者会議、個別ケース検討会議の3層構造となっております。  

田辺市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号 6月26日)

保健福祉部長 虎伏 務君 登壇) ○保健福祉部長(虎伏 務君)    病児・病後児保育事業につきましては、医療体制の確保が必要であることから医師看護師が必要になると考えております。  また、病児・病後児保育事業を単体で実施することは、経営面で現実的ではなく、やはり医院への併設という手法にならざるを得ないのが実情です。  

高野町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会 (第3号 6月26日)

知らないからこれはどうなってるの、これは悪じゃないの、病院のときのコンサルは5,000万円要った、そしてそのおかげで医師不足になってるじゃないの。医師は十分足りてます。私頑張って医師の補充をしています。  そういったことまで十分調べてしていただかないと、議論がやはりできないんですよ。だから予算委員会もないうちのこの議会は、ここで一発ガチンコでやるから、こういう低レベルな議論になるんですよ。  

高野町議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会 (第2号 6月24日)

もし、何か災害が起こったときには、医師確保も必要でございます。お医者さんを3,000万円で3人お雇いして、1年に1億、10年たっても10億でございますよ。医者の確保も必要、そしてこの庁舎です。庁舎もすごく古いと、今日は町長、答弁の中でおっしゃってましたですよ。

高野町議会 2019-05-10 令和元年第2回臨時会 (第1号 5月10日)

8番議員質問の、まずは応援医師賃金の減額ということですが、これは30年度分の木金土、連休となる前日の夜勤、当直と土日祝祭日の日直の全部計上、その分の応援医師賃金ということで計上いたしておりました。その中で当診療所の勤務医がいろいろ論文等の都合等、本人の都合で年間で40日以上、その応援医師に代わって当直をした回数がございます。それに加えて、地域医療振興協会から月に4コマ応援いただいております。

高野町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会 (第5号 3月20日)

これは応援医師救急宿直当直等の応援医師賃金、または委託料に対する国民健康保険の調整交付金の分であります。ですので、国民健康保険のほうから福祉保健課のほうに入りまして、そこから繰出金ということで診療所のほうに入金されることになっております。よろしくお願いします。 ○議長(大西正人) 苗代福祉保健課長。 ○福祉保健課長(苗代千春) 失礼いたします。  

高野町議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 (第3号 3月12日)

遠隔地、へき地に位置する高野山総合診療所及び富貴診療所において勤務し、時には放射線技師、検査技師、薬剤師等の役割も担わなければならない医師に対して支給する特殊勤務手当の上限額を近年の医師不足に鑑みて増額するためでございます。  次のページをお願いいたします。  高野町職員特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例。  

田辺市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第4号 3月12日)

こうした結果に至った理由といたしましては、まず1点目として、田辺市では、病気休暇等の申請で提出された医師診断書から対象者であると判断しておりましたが、厚生労働省プライバシーに配慮した障害者の把握確認ガイドラインでは、対象者の判断は手帳によることとなっており、この再点検の結果、手帳所持していないケースがあったこと。  

田辺市議会 2019-03-11 平成31年 3月定例会(第3号 3月11日)

また、健康診断実施後の措置として、医師からの意見聴取であったり、必要であれば、面接指導等を行い2次検診の推奨等を行っています。  公務員と一般の労働安全衛生という違いはちょっとわからないのですが、民間企業との違いはあると思いますが、市としての対応をお答えください。             (12番 尾花 功君 降壇) ○議長小川浩樹君)    総務部長、松川靖弘君。            

高野町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 (第1号 3月 5日)

遠隔地、また僻地に位置する高野山総合診療所及び富貴診療所において勤務し、時には放射線技師、検査技師、薬剤師の役割も担わなければならない医師に対して支給する特殊勤務手当の上限額を、近年の医師不足に鑑みて増額するための一部改正でございます。  高野町災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、災害援護資金の貸し付けに係る保証人の規定を新たに定めるための一部改正でございます。  

田辺市議会 2019-02-27 平成31年 3月定例会(第1号 2月27日)

117ページから120ページの保健衛生総務費14億3,258万円につきましては、職員の人件費のほか、ひきこもり相談窓口担当の嘱託員賃金報償費につきましては、乳幼児健診や5歳児発達相談事業等の母子保健事業に係る医師及び講師謝礼等を計上しております。  委託料では、医療機関、助産所等へ委託する妊産婦の健康診査委託料や産後ケア事業委託料、妊産婦・新生児訪問指導委託料等を計上しております。  

高野町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会 (第3号12月14日)

こちらにつきましては、17条関係につきましては、職員医師の宿日直手当の改定ということになります。職員の宿日直手当4,200円を4,400円に改定するというものです。医師の宿日直手当2万円を2万1,000円に改定するということになっております。  それから、19条関係についてでございます。勤勉手当の改定ということになります。

高野町議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会 (第2号 9月11日)

会場まで行かず、終業後、当診療所医師参加できるものでございます。  遠隔外来については、現在のところ画像だけの判断で全てがカバーできないという点もあり、また遠隔外来については予約も必要であるため、和歌山県医科大学附属病院の直接外来受診の予約で現在のところは対応しております。  遠隔外来についてはおおむねこのとおりでございます。 ○議長(大西正人) 6番、中前君。

海南市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会-06月12日−02号

加害者にその費用を請求するには、被害者から市に対する届け出が必要となっておりますので、納税通知書や保険証の発送の際、この啓発用チラシを同封するとともに、市報やホームページへの周知、市役所本庁や下津行政局、各支所、出張所へのチラシの配布やポスターの掲示を初め、医療機関についても海南医師会を通してポスターを張っていただけるよう依頼するなど、周知啓発に努めているところでございます。  

高野町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会 (第5号 3月23日)

それから、今、医師住宅というか、看護師寮とか、いろいろあいてるところを使ったらどうかということをお聞きしまして、その辺のことはまた今後検討させていただいたらと思います。ただでということじゃなくて、今医師住宅看護師住宅も家賃は払ってもらってますので、ただではございません。 ○1番(所 順子) でもお金入るじゃないですか。出るんじゃないから。 ○総務課長(下 勝己) そうです。

高野町議会 2018-03-22 平成30年第1回定例会 (第4号 3月22日)

7ページ目の常勤医師給与のとこなんですけれども、今現在、常勤の医師の方は何名おられるのかということと、もう一点は現院長の定年なんですけれども、定年になられるのはいつかという2点だけ教えていただきたいと思います。 ○議長(所 順子) 中上診療所事務長。 ○診療所事務長(中上浩貴) 失礼いたします。3番議員質問の常勤医師の数でございます。  現在は、院長含め2名の常勤医師でやっております。  

海南市議会 2018-03-15 平成30年  2月 定例会-03月15日−06号

まず、議案第1号 海南市職員定数条例の一部を改正する条例について、委員から、平成30年度の黒字化を目指す中で、職員数を24人もふやすことによって、経営に影響は出ないかとの質疑があり、当局から、今回の職員定数の変更については、救急や急性期機能を今後拡充するためのものであるが、平成30年度に職員数を24人ふやすというものではなく、医師を年間1人ずつ増員できればということで、院内では協議している。

田辺市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会(第3号 3月 9日)

そうしたことを背景に、昨年4月に田辺圏域・在宅医療介護連携支援センターを設立し、田辺市医師会を初めとする医療福祉団体及び関係者の御協力をいただきながら、切れ目のない医療介護の提供体制の整備を初め、ICTも含めた情報連携の検討などに取り組んでおり、今後におきましても、誰もが健康で安心して暮らせるよう、田辺医療圏域内の市町とともに、医療介護の連携に一層努めてまいります。