389件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

和歌山市議会 2023-12-05 12月05日-03号

健康局では、保健対策課家族の方や地域包括支援センター、障害者委託相談支援事業所地域若者サポートステーション医療機関福祉事務所などさまざまな関係機関から寄せられた情報をもとに、相談訪問支援を本人や家族のニーズに合わせて行っています。 また、NPO法人エルシティオにひきこもりサポート事業を委託し、ひきこもりの方の居場所の提供社会参加支援を行っています。 以上でございます。

和歌山市議会 2021-09-17 09月17日-03号

身体障害者福祉法における身体障害認定基準聴覚障害には該当しない方については、補装具等給付対象となりませんが、高齢の方が閉じこもりや生活する上で困っていることがあれば地域包括支援センター相談に、保健対策課では、精神障害のある人の支援として、家庭訪問精神保健福祉の啓発、普及活動を行っており、また、心の健康に関するあらゆる相談に応じています。 

印南町議会 2020-12-14 09月19日-03号

4目.地域包括支援センター費は1,836万2,010円の支出で、前年比244万5,558円の増でございます。 3枚おめくりいただきまして、114、115ページ。8目.後期高齢者医療費は1億4,604万4,297円の支出で、前年比308万9,743円の減でございますが、これは後期高齢者医療会計への繰出金減額によるものでございます。 1枚おめくりいただきまして、116、117ページ。

和歌山市議会 2020-12-06 12月06日-04号

その上に立ちまして、私の提案でありますが、和歌山市内15の地域包括支援センターとも連携を図りながら、まずは市内モデル地区を選定し、その地区自治会館や公民館を仮称「健康長寿ホットステーション」と位置づけ、プロの指導者、例えば理学療法士さんであるとか健康運動指導士、または公認スポーツトレーナー等々の方を定期的に巡回配置し、地域の皆様に健康長寿のための情報提供各種健康相談等も加えて、現在、進めている事業

印南町議会 2020-08-07 12月18日-03号

4目.地域包括支援センター費では42万7,000円の増額人件費調整でございます。6目.隣保館事業費2万5,000円の増額、同じく人件費調整でございます。7目.国民年金事務費32万1,000円の増額人件費調整でございます。8目.後期高齢者医療では44万2,000円の減額でございます。主なものは、28節の後期高齢者医療会計繰出金(保険基盤安定)の部分でございます。

印南町議会 2020-03-31 06月20日-03号

4目.地域包括支援センター費、ケアプラン作成委託料で56万5,000円の減額。次の5目.保健福祉医療費244万2,000円の減額。20節の各医療費実績見込みによるものでございます。6目の隣保館事業費、7目の国民年金事務費につきましては財源内訳のみの変更でございます。 次に、2項.1目.児童福祉総務費在宅育児支援助成費で123万円の減額でございます。 

新宮市議会 2020-03-10 03月10日-04号

健康福祉部次長健康長寿課長北畑直子君)  地域包括支援センター社会福祉協議会で開設についての協議や近隣の視察、市内のサロンの様子など見学に行ってございます。 また、今年1月に民間のケアマネジャーの御協力で、認知症の方を介護されている方108件にアンケートを実施し、59件回答がございました。その回答を参考に、本市に合ったカフェの設置に向けて進めてまいりたいと思います。

新宮市議会 2020-03-05 03月05日-03号

地域包括支援センター運営費は、地域包括支援センターに係る費用で、地域支援交付金対象外経費として計上しておりましたが、交付金対象経費として取り扱われることとなったことから、4款地域支援事業費組み込み整理を行ったものです。 386、387ページをお願いします。 2款保険給付費ですが、要介護認定者に対しての保険給付の総額に35億2,206万3,000円を計上しております。 

新宮市議会 2020-03-04 03月04日-02号

1款4項2目地域包括支援センター運営費の513万6,000円の減額は、介護予防サービス計画委託料が当初の見込みより減額となったものです。 介護14ページをお願いいたします。 3款1項1目介護給付費準備基金積立金の32万5,000円の増額は、今回の補正により介護給付費地域支援事業財源である介護保険料余剰金が出るため、基金へ積み立てるものです。 介護16ページをお願いいたします。 

和歌山市議会 2020-03-04 03月04日-05号

まず、地域包括支援センターの在り方についてです。 現在、和歌山市には15か所の地域包括支援センターがあり、市が社会福祉法人医療法人に委託し、運営をしています。高齢者の暮らしを地域でサポートするための拠点となる場所ということで、そこで働く職員は様々な地域課題への対応が義務づけられ、業務の負担が年々増しているという話を聞いています。 

印南町議会 2020-03-04 03月19日-04号

4目の地域包括支援センター費では2,320万4,000円の計上でございます。主なものは職員人件費と、1枚おめくりいただきまして、13節のケアプラン作成委託料及び介護予防ケアマネジメント委託が主な予算計上でございます。5目.保健福祉医療費では5,951万2,000円の計上。この目につきましては、重身医療費乳幼児医療費子ども医療費等が主な事業費でございます。

新宮市議会 2020-03-03 03月03日-01号

特に子育て高齢者支援対策としましては、子育て世代包括支援センター高齢者相談センターを核に諸課題の解決に向けた取組を行ってまいります。 次に、「政策目標④安定した雇用を生み出すまちづくり」につきましては、地域資源を活用した新たな雇用の場を創出し、若者にも魅力のある良質な雇用の場を提供できるよう努めてまいります。

和歌山市議会 2020-02-28 02月28日-03号

本市においても、就学援助のさらなる充実を図る中、次代を担う子供たちの健やかな成長を支えるため、市内4か所の保健センターに設置した子育て世代包括支援センターにおける妊娠期から出産、子育て期までの様々な相談への対応など、切れ目のない支援を通じて子育て安心感を高めることで、仕事と家庭の両立がかなう社会を目指します。 年々増加する児童虐待への対策を強力に推進します。